彼女は髪を1週間洗わずに過ごしてみた 挑戦の中で気付いたこととは…?

    シャンプーなしの1週間は、私に大きな変化をもたらしました。

    私たちがお勧めする商品を気に入ってくれますように。BuzzFeedはこのページにお勧めリンクを貼っており、お勧め商品を購入した場合、BuzzFeedが利益を得る場合があります。また、価格と残数は記事公開時点での情報です。ご参考まで。

    私はサラ。髪の毛を洗うのが大嫌いです。

    Jive Records

    「コントロールできないの」

    髪の毛なんて全く洗わないのが理想ですが、それはできないので、2、3日に1度髪を洗うというところで落ち着いています。たいていは3日に1回です。でも、思ったんです。「1週間に1回にしたらどうだろう」って。髪の毛はめちゃくちゃ油っぽくベタベタになっちゃう? それとも、そうなったらいいなって思うのだけれど、髪がもっと健康的に丈夫になる? シャンプーの回数をもっと減らすことを正当化できないかな?

    それから、使ってみて本当に相性が悪いと思ったドライシャンプーも、もっと必要になったときには使えるアイテムかもしれない、という期待もありました。一つ言い添えると、私は髪の毛のスタイリングというものを一切しません。だから、今回は完全に手を抜くってことはせず、これを期に私の見かけをちょっと変える実験もしてみることにしました。

    シャンプーゼロ週間チャレンジに入る前、本音を言えば「そんなこと簡単」って思っていました。髪の毛に関しては、私は本当にこだわりがなくて、このチャレンジをやることで、もっと関心がなくなると思っていたんです。でも、本当にもう、こんなひどいことになっちゃうなんて思ってもみなかった! 頭の中も、頭の外も、たーいへんなことになったんです。

    1日目:ヘアサロン「Bumble and Bumble」で髪の毛を染めたおかげで、強気でスタート。

    Devon Abelman / BuzzFeed, Sarah Han / BuzzFeed

    髪の毛は、ピンクに染めてトリートメントをしてもらった後で、まだとっても柔らかい状態。何時間か寝返りを打ちながら寝たけれど、髪の毛は洗いたてのようです。起きた後、とかす必要もないくらい。無敵! 友達が髪の毛から意識をそらすようにとおもしろいメイクをしてくれました。このテクニックはまた後で使うかも。覚えておこうっと。

    2日目:ビートルズのLet it beじゃないけど、髪の毛は「なるがままに」。

    Devon Abelman / BuzzFeed

    はい、髪の毛じゃなくてこのキュートな子犬に注目して。(この子犬、私がこんなに愛おしんでいるってのにうれしくないみたいだけど)

    シャンプーゼロ週間のチャレンジは、私の頭で始まっています。3日に1回のシャンプー頻度が普通なのだから2日目なんて慣れたものだと思ったけれど、シャンプーを「禁止されている」ということで、今までの1000倍、髪の毛に意識を向けることになりました。だって、もし髪の毛がひどい状態になっても、直せないんです。後で友達に私の気持ちを聞いてもらいました。友達は何も言わなかったけど、たぶん心の中では批判していたと思います。

    3日目:あまり気分が良くなかったから在宅勤務にすることに。誰とも会わず、髪の毛を見られずに1日を過ごすことに成功。

    Sarah Han / BuzzFeed

    .…と思いきや、1ヶ月も前に、予約が取りにくいレストランに予約をしていたことを思い出しました。これはパスできない……夜までに気分が良くなっていることを願います。

    髪は部分的に少し油っぽくなってきました。でも、ドライシャンプーを使うのはもうちょっと我慢することに決めました。だって、まだ3日目なんです。3日目まで洗わないっていうのは、経験済みです。だからもう一回やることはできるはずです。

    準備をする時間になって、鏡の前で数分考えて、不本意ながらBeachwaverのヘアアイロンを取り出して、髪がもっとマトモに見えるように整えてみました。私はほとんどヘアアイロンを使うことはありません。なぜって、髪を巻くのがめちゃくちゃ下手だから。でも、髪がこんな状態なら、失うものは何もありません。それに、どこかで「汚い髪はスタイリングしやすい」と聞いたことがありました。それを信じるしかないという状態です。

    4日目:当然のように髪がオイリーになる。他に言うことはない。

    Sarah Han / BuzzFeed

    髪を洗わず、髪がベタベタになり、ゴワゴワになる一方といった状況。一時間ごとにどんどんひどくなるように感じます。写真を見て何も変わりはないよというかもしれないですが、あなたに私の髪の感じの何がわかるっていうの(怒)?

    ポニーテール命です。髪の毛を触ったりもてあそんだりするのを避けています。だって、触れば触るほど油っぽくなっていくんです。でも、この悲しい頭髪状況を紹介するために、写真では髪の毛を下ろしてみました。

    5日目:効果にめちゃくちゃ疑いがあるけれど、ドライシャンプーを使う時が来た。

    Christina Lan / BuzzFeed, Inga Lam / BuzzFeed

    声を大にして言わせてください。私はドライシャンプーが大嫌いです。ドライシャンプーは、本来やるべき「髪の油っぽさをなくす」という仕事をすることは絶対にありません。単に、シャンプー成分が髪に残って重たくなり、髪はもつれてとかせなくなります。99%の場合、普通のお湯で洗うタイプのシャンプーを使う方が良いんです。でも今回のチャレンジのためには、もう一度ドライシャンプーを使うしかないとわかっています(助けて〜!)

    ドライシャンプーを使うなら、キャプテンブランケンシップのマーメイドドライシャンプーを試してみたかったんです。なぜって、このブランドのターゲット限定セーラースキンケアラインは使ってみたら大好きだったから。同じブランドのものを使ったらいいかなと思っていました。そこで、粉末状のその商品を頭にふりかけてみました。油っぽさは少し減りましたが、正直言って、期待ほどではなかったです。

    あまり効果がなかったから、その後でドライバーデトックスのスプレータイプのドライコンディショナーを髪の毛の中と下の部分にスプレーしてみました。髪の毛の状態は、かなり良くなったので満足しています。 私にはスプレーの方がパウダーよりも良いみたい。

    6日目:タオルをリングに投げ込んで降参したくなりました。いや、リングに投げ込むよりも、頭をタオルでこすりたくなりました。まるで、シャワー後みたいにね。

    Sarah Han / BuzzFeed

    髪を洗わない期間の個人記録を2日更新しましたが、めちゃくちゃ惨めな気分です。髪に何か商品をつけたいとは思わないけれど、ちょっぴりワイドライシャンプーフォームをもつれた髪につけてみました。でも、何か変わったと思いますか? GIFの私の表情がそれを物語ってるでしょう。(答えは、NO。変わってなんかいません。これについては、話したくありません)

    でも、おかしなことが起こりました。同僚で友達のある人が私の髪がきれいだというんです。よかった! いったい何が起きているって言うんでしょう? もし今週私が学んだことがあるとすれば、それは、私の髪の毛のことなんて、私の他は誰も気にしていないと言うことです。

    社会とマスメディアが私たちに反射的に自分をみすぼらしく思わせるようにプログラミングしているのでしょうか? その話題は別の機会に。(まあ、短く言えば、「その通り」ですね)

    7日目:待ちに待った週末!モジャモジャヘア、最後の日!

    Sarah Han / BuzzFeed

    目を覚ますとすぐに、自分の髪の毛の重さを感じました。 枕を汚さないために、ゆるくまとめたお団子ヘアで寝ていたのが良かったのか、気分は良いです。

    髪をシャンプーしたくて仕方がありません。何時間もの間、カウントダウンしたくらいです。髪を洗うことほど気分が良くなったり見た目が良くなったりするものはありません。もう、これ以上、ドライシャンプーなどのたぐいを髪の毛にくっつけ続けるなんてまっぴらです。

    うんざりではありますが、少なくとも今日は一日、アパートに引きこもっていられます。本当に、一週間やり遂げられてよかったです。何はともあれ、今回は髪を洗うことを心から楽しみます。 シャワーキャップ? なにそれおいしいの? そんなものは必要ありません。

    そして髪を洗うときがきた! 天使の歌声が聞こえる〜

    Sarah Han / BuzzFeed

    見て、この笑顔を! 髪を洗ってさっぱりして、空気のように軽い髪になったら、自然と笑顔になっちゃう!

    この汚い一週間で私が何を学んだか。まとめました。

    Sarah Han / BuzzFeed

    1)まず第一に、これはトータルで考えればそこまで難しい挑戦ではありません。それはわかっています。こんなことよりも大きな、自分でコントロールできない問題というのは数多くあります。

    2)それでも、このチャレンジは楽しいものではありませんでした。私のように、こだわりがなくちょっと怠け者でだらしないと自認している人間にとっても、です。

    3) ドライシャンプーはやっぱり最悪でした。好きになれるものは見つかりませんでした。もし、何かお勧めがあればコメント欄で教えてください。(特にアジア系の髪にも合うものだとうれしいです)

    4) とはいえ、ドライシャンプーは嫌な匂いを隠すのにはまあまあ役に立ちます。いつものパフュームを体につけるのも役に立ちます。

    5)本当に誰も、私が髪を洗っていないことに気づきませんでした。もしくは、私の周りの人たちは、気づいていても何も言ってこないような、良い人たちなのでしょう。

    6)洗っていない髪でいると、自分がいつもに増してきちんとしていないように感じて不快でした。この週、私は気づけば、きちんとしているように見えるように、髪に注目が集まらないようにと、いつもよりも濃いメイクをしていました。

    7) 良かったことは1週間、私の髪色は一切変わらなかったということ! でも正直、髪色をキープしたいからといって、こんなに長い時間髪を洗わないなんてナンセンスです。とはいえ、一週間のチャレンジが終わって熱いお湯を髪の毛にかけたときには、いつもよりも気になりませんでした。当然です。私、一週間、頑張ったんですから!

    一番長い間、髪の毛を洗わなかったのは何日ですか? このチャレンジを見て、どう思いましたか? コメント欄で教えてください!

    Warner Bros.

    この記事は英語から翻訳されました。翻訳:フェリックス清香 / 編集:BuzzFeed Japan