back to top

「旦那を捨てたいんですけど…」 横浜市のごみ分別ボットの答えが的確すぎる

ごみの出し方を聞いたはずなのに、気づいたら生きる希望が湧いてきます。

捨てたいごみの名前を入力すると、どう分別したらいいか教えてくれる横浜市の「ごみ分別案内ボット」。その答えが「的確すぎてビックリ」とTwitterで話題です。

横浜市清掃局にゴミの出し方聞いてみたら的確な答えが来てビックリ!

色々と考えさせられる答えが楽しいこちらのボットは、横浜市資源循環局とNTTドコモが開発したチャットボット「イーオのごみ分別案内」。

ごみの分別むずかしい!細かい決まりがややこしい!というお悩みをAI技術(人工知能)で解決しようと、市が今年3月から実験的に導入。ボットに捨てたいごみの名前を送ると、分別の種類や捨て方をあっという間に教えてくれます。

広告

ボット、改めイーオ君は、市のごみ分別検索システムに蓄積されたデータをベースにしており、なんと2万語以上に対応しているそう。早速、色々と聞いてみました。

広告
広告

横浜市資源循環局・3R推進課の担当者によると、こうした愛とユーモアにあふれた「ネタ回答」は、少しでも若い人に興味を持ってもらいたいと全て市の職員で考案。

ボットを公開した今年3月からの4カ月間で、約5万6千回もの質問があったそう。

同課ではこのチャットボットの他にも、ごみの種類を簡単に調べられるスマホ向けアプリや、ごみ分別をゲーム感覚で学べる「分別ゲーム」のアプリなども開発。

どうしてそこまで工夫を凝らすのか。担当者は「分別はめんどくさい」という考え方を少しでも変えたいと言います。

「横浜市は海外出身の方や学生が流入し、人口が増加傾向にある自治体です。初めて一人暮らしを始めた若い方も多いため、分別方法を知らなかったり、自分の実家とは違う方法で困ったりすることがよくあります」

「そんなとき、『分別の仕方わからないから燃えるごみでいいや!』と考えてしまうのではなく、パッと調べることができる簡単なツールとして、ボットを役立ててほしいと考えています」


Sponsored