10代の思わぬ妊娠や避妊に関する相談が増加?「新型コロナで病院に行くのもためらう」

    NPO法人ピルコンの相談窓口には、10代から寄せられた妊娠不安や性感染症による相談が増えているという。

    新型コロナウイルスの影響で、各地で外出自粛要請や休校が続くなか、避妊や妊娠に関する相談窓口に寄せられる10代からの相談件数が増えている。

    休校の影響、不安の中で

    Masafumi_nakanishi / Getty Images / Via 写真はイメージです

    若年層に向けて性教育に関する知識を発信している「NPO法人ピルコン」では、メール相談LINEのチャットボットで性や健康に関する相談を受け付けている。相談者のおよそ8〜9割が10代、20代の若者だ。

    新型コロナウイルスの感染が拡大し、全国で休校措置などが始まった3月には月間計115件、4月は約100件の相談が寄せられた。今年2月の64件から倍近く増えているという。

    チャットボットへの相談数も、2月の5000件弱から、3月は7000件超へ増加している。

    ピルコン

    ピルコンのLINEチャットボット「ピルコンにんしんカモ相談」

    相談内容は避妊や意図しない妊娠への不安に関するものが最も多く、「生理が遅れている」、「膣外射精に妊娠の可能性はあるか」、「コンドームを使ってほしかったけど、着けずにしてしまった…」など様々なケースがあった。

    ピルコン理事長の染矢明日香さんは「特に3月は休校の影響ですることがなくなり、若者たちの中でも新型コロナウイルスや先行きの見えない自粛生活への不安な気持ちが高まっていたと思います」とBuzzFeed Newsの取材に語る。

    「そのような状況のなか、人と繋がったり、一時的に不安を解消したりするために性行為をするケースもあったのではないでしょうか」

    その他には、性感染症やマスターベーションなどに関する問い合わせも寄せられているという。

    「病院に行くのをためらう」

    Golibo / Getty Images / Via 写真はイメージです

    実際に寄せられた相談の中には、新型コロナウイルスの影響で体調管理が難しくなっていると訴える声や、不安があっても医療機関を受診することをためらう声などもあった。

    生理が予定日から5日を過ぎてもこないため、不安です。1週間ほど前から、下腹部の痛みや眠気、軽い吐き気があります。

    生理の遅れはコロナウイルスの自粛などの影響でストレスが溜まっているからなのかもしれません。夜更かしや、食事をまともに取っておらず、生活リズムが崩れていたりします。妊娠検査薬を使ってみた方がいいのでしょうか。

    最近自暴自棄になっていたため、アプリで出会った複数人と性行為をしてしまいました。避妊と生理管理のためピルを飲んでいますが、コンドームをつけないこともあり、性感染症になっていないか不安です。コロナもある為、病院に行くのもためらってしまい、誰にも相談できず困っています。

    (※相談内容はピルコンで一部組み合わせ・編集をしています)

    「今後予想されることとしては、中高生のカップル同士の性行為による妊娠というよりは、同棲中のカップルの思いがけない妊娠や、同居する親族からの暴力・虐待や居心地の悪さから逃れるため、SNSやアプリなどを活用したその場限りの関係、金銭目的の性行為が増えることではないか」と染矢さんはいう。

    「すでに相談の中には、生活不安の中でその場限りの関係を持ったという声も散見されました。今後さらに経済不安が高まっていく中で、金銭を通した性行為が、若い世代においても増えてきてもおかしくないんじゃないかと思います」

    オンライン診療も

    📢連休中にアフターピル💊が必要になったら⁉️ 明日からの4連休ですが、多くの医療機関は休診となります。そのため緊急避妊の休日診療やオンライン診療に対応する全国の医療機関をリスト化しました! https://t.co/9tJPRIT65C 少しでも必要な人に届きますように! #コロナ #オンライン診療 #ピルコン

    性行為から72時間以内に服薬すれば、高い確率で妊娠を防ぐことができる緊急避妊薬(アフターピル)に関しては、厚労省が処方している全国の医療機関を掲載したページをサイト内に公開している。

    ピルコンでも、オンライン診療が可能な医療機関を独自に調査し、まとめた。

    染矢さんは「そもそも日本では、ピルなど女性主体で避妊できる避妊具へアクセスするハードルが高く、今後、緊急事態宣言が長引くことで、『受診控え』に繋がったり、緊急避妊が必要だけど、受診先が見つからかったりするなど、思わぬ妊娠のリスクが上がることを懸念しています」と語る。

    「性に関する知識があまりなく、妊娠の不安を感じている10代、20代には、生理が遅れた時は妊娠検査薬で検査ができること、避妊に失敗した時は3日以内に緊急避妊薬を飲めば、高い確率で妊娠を防げること、オンライン診療という手段もあることなどについても知ってもらえたらと思います」


    ご意見を募集しています

    📣BuzzFeed Newsでは、LINE公式アカウント「バズおぴ」(@buzzopi)で、読者の皆さんのご意見を募集しています。

    日々の暮らしで気になる問題やテーマについて、皆さんの声をもとに記者がニュースを発信します。

    情報や質問も気軽にお寄せください🙌様々なご意見、お待ちしています。

    友だち追加

    UPDATE

    表現を一部修正しました。

    Contact Saori Ibuki at saori.ibuki@buzzfeed.com.

    Got a confidential tip? Submit it here