back to top

We’ve updated our privacy notice and cookie policy. Learn more about cookies, including how to disable them, and find out how we collect your personal data and what we use it for.

「私にもおめでとうと言いたい」 46歳の“新成人”が初めての成人式で語ったこと

“新成人”として初めて出席した成人式。同じように悩みながら進む人に贈った言葉とは。

「今日私は、私にも『おめでとう』と言いたいと思います」

小野春さん、46歳。30代で自分がバイセクシュアルだと気付き、同性のパートナーとお互いの連れ子3人を育てるお母さん。多様な家族のあり方を支援する団体「にじいろかぞく」の代表も務める。

彼女は1月13日、様々なセクシュアリティの人やその友人、家族が集う「LGBT成人式」で、約200人の“新成人”を代表する1人として式辞を述べた。

人間はいくつになっても決意ができる

2011年度にNPO法人ReBitが始めたLGBT成人式では、セクシュアリティや年齢を問わず、「ありのままの自分を誇り、『成りたい人』への一歩を踏み出す」すべての“新成人”の決意を祝福する。

「私は(20歳の)倍ほどの年齢ですが、人間はいくつになっても決意ができるぞということで、今日は新たな決意を皆さんと共にしようと思っています」

笑顔でそう切り出した小野さんは、30歳を過ぎるまで自分のセクシュアリティを自覚しておらず、男性と結婚し、子どもを出産。

その後離婚し、現在のパートナーと出会ってバイセクシュアルだと気づいた時は、「足元が崩れ落ちるような気がしました」と話す。

「自分を受け入れることはとても難しく、受け入れられるまでに何年もの時間がかかってしまいました。その一方で、ようやく自分が何者かわかって、安堵したことを覚えています」

生きていられる今が奇跡なら

小野さんに転機が訪れたのは2年前の冬。乳がんが見つかったのだ。

仕事を休職し、抗がん剤治療と片胸を全摘出する手術を受けた。薬の副作用で涙腺はふさがり、味覚を失った。髪の毛は全て抜けて坊主頭になり、階段が上れないほど体力が落ちた。

長年見て見ぬ振りをしていた自分のセクシュアリティと向き合い、また一から積み上げてきた人生。それが再び「バタンと崩れてしまった」ような感覚だった。

だが、その経験がなければ、“成人式”で決意を語ることもなかったかもしれない。

「私は病気をするまで、人生はずっと続くものだと思っていたし、死ぬということは遥か遠くにあると思っておりました。けれど、あの日から人生には限りがあるということを学びました」

「生きていられる今が奇跡なら、失敗することなど大したことではありません。試してみたら良いのです。失敗したらやり直せる。それが生きていることだと思いました」

広告

「競技場に立つ人」

小野さんは式辞で、自分と同じようにセクシュアリティに悩み、「成りたい人」の姿を模索する“新成人”たちにある言葉を贈った。セオドア・ルーズベルト米大統領のスピーチ「競技場に立つ人」だ。

ただ批判するだけの人に価値はない。強い人のつまずきを指摘し、やり手ならもっと上手くできたはずだと、ただあげつらう人だけには。

賞賛されるべきは、実際に競技場に立つ人だ。埃と汗と血にまみれながらも、勇敢に戦う人だ。

ある時は間違いを犯し、あと一歩のところで届かない。そんなことが何度あるかもしれない。

何をするにも間違いや欠点は付きまとう。それでもなお、ことを成し遂げようと、もがき苦しみ、情熱を燃やし、力を尽くし、大義のために身を粉にして、励む人こそ偉大なのだ。

順風満帆ならば、最後に勝利が輝くだろう。最悪の場合、失敗に終わるかもしれない。だがそんな人たちは少なくとも、果敢なる挑戦をしたのである。

小野さんは3カ月前に職場に復帰した。経過観察中のいまも再発の恐怖と戦いながら、これからどう暮らしを組み立てていくか、試行錯誤の真っ只中にいる。勇気を奮い起こす時に胸に刻むのが、この言葉だという。

自分が20歳の時は、地元に友達がいないからと出席しなかった成人式。来年には、パートナーと暮らし始めた頃はまだ保育園に通っていた子どもが、成人を迎える。小野さんは言う。

「勝者になることでも、成功することでもなく、そのフィールドに立って挑戦し続けることが大切なんだなって。だから、尻込みしやすい私ですが、競技場の人でいられるように、ささやかであっても、挑戦を続けていきたいと思います」

BuzzFeed JapanNews