偉大な父の跡を継ぐのは、彼女だった。コービー・ブライアントと次女が墜落死、生前に語ったこと

    ブライアントさんは生前、自らがバスケットボール界に残した功績を引き継いでいくのは、娘のジアーナさんだと語っていた。

    NBA史上、最も偉大な選手の一人として数々の記録を打ち立てた元ロサンゼルス・レイカーズのスーパースター、コービー・ブライアントさん(41)が1月26日、ヘリコプターの墜落事故で亡くなった。CNNなど報道各社が報じた。

    AP通信によると、ヘリコプターに乗っていた9人全員が死亡したという。同乗していたブライアントさんの次女ジアーナさん(13)も命を落とした。

    ブライアントさん親子は、ロサンゼルス郊外にあるブライアントさんが開校した若年アスリート用のトレーニング施設「マンバ・スポーツ・アカデミー」に向かう途中だったとみられる。

    事故の原因はまだ明らかになっていない。

    「功績を継ぐのは娘」

    その卓越した得点能力から、世界で最も危険な毒蛇「ブラック・マンバ」の愛称で呼ばれていたブライアントさん。

    ジアーナさんは父の愛称を冠した女子バスケットボールチーム「レディ・マンバ」に所属。父から指導を受けていた。

    ブライアントさんは生前、自らがバスケットボール界に残した功績を引き継いでいくのは、娘のジアーナさんだと語り、2人で試合観戦をする姿が頻繁に伝えられていた。

    2018年にはブライアントさんが自身のInstagramにジアーナさんがプレーする動画を投稿し、ディフェンスをかわして鮮やかに得点する様が全米で注目を集めた。

    また、ブライアントさんが選手時代に得意とした、後ろに飛びながらシュートする「フェイダウェイ」を決める動画も注目を集めた。

    ブライアントさんはこれらの動画に、自身の愛称を女性形にもじったハッシュタグ「#mambacita」をつけ、娘の活躍を応援していた。他にも彼のInstagramは娘や家族との写真であふれている。

    「私がいるから大丈夫」

    2018年に出演したトークショーでも、「ジアーナさんは将来WNBA(女子プロバスケットボールリーグ)でプレーすると思いますか?」という質問に、「絶対すると思う」と誇らしげに答えている。

    4人の娘の父であるブライアントさんに対して、ファンから「バスケットボール界に残した功績を引き継ぐためには、男の子を産まないと」とよく言われたと言い、笑いながらこう続けた。

    「ジアーナは『はあ?私がいるから大丈夫でしょ」と言うので、私も『そうだな、お前にはできる。お前がいるから大丈夫だ』と返すんです」

    Kobe talking about his daughter Gianna carrying on his legacy. Heartbreaking to watch this

    試合観戦をするブライアントさん親子のインタビューでは、ブライアントさんは引退してからは「娘の目を通してバスケの試合を観ることができるようになり、幸せだ」と語っている。

    Kobe talking about how passionate his daughter Gianna was for the game of basketball. 💔

    ジアーナさんは元々サッカーをやっていたが、彼女がバスケをやりたいと言い、指導できることが嬉しいとも語った。

    「気づいたら、バスケが彼女の真の情熱になっていたんだ。本当に素晴らしいことだよ」

    記者がジアーナさんに「お父さんと試合したら勝てると思いますか?」と聞くと、彼女は自信満々にこう答えた。

    「もちろん」

    ご意見を募集しています

    📣BuzzFeed Newsでは、LINE公式アカウント「バズおぴ」(@buzzopi)で、読者の皆さんのご意見を募集しています。

    日々の暮らしで気になる問題やテーマについて、皆さんの声をもとに記者がニュースを発信します。

    情報や質問も気軽にお寄せください🙌様々なご意見、お待ちしています。

    友だち追加