• tokyo2020 badge
  • lgbtjpnews badge

IOC「性的指向などに基づく差別は禁止」と改めて強調。オリンピック開催までに日本はどう変わるのか

6月の「プライド月間」に合わせて、国際オリンピック委員会(IOC)が6月2日、性的指向などに基づく差別は許されないと、改めて強調する声明を発表。一方、日本では自民党の国会議員の差別発言などに対する抗議活動が続いている。

世界各地でLGBTQの権利向上に向けた活動が行われる6月の「プライド月間」に合わせて、国際オリンピック委員会(IOC)が6月2日、性的指向などに基づく差別は許されないと、改めて強調する声明を発表した

オリンピック憲章であらゆる差別を禁止

International Olympic Comittee

IOCは声明の中で、「IOCのすべての活動において、包括性、多様性、平等は必要不可欠な要素であり、差別の禁止はその基盤となる柱」だと強調。

オリンピック憲章に「すべての人がいかなる差別も受けることなく、スポーツをする機会を与えられなければならない」と書かれていることや、2014年の改定で、人種や宗教と並んで、性的指向に基づく差別を禁止する条文が加えられたことを改めて示した。

IOCと開催都市が結ぶ契約の中でも、このオリンピック憲章を遵守することが明記されている。声明では、性的指向に基づく差別などを禁止するIOCの動きは、「東京2020大会でも体現されるだろう」とつづっている。

Saori Ibuki / BuzzFeed

2020年10月に開かれた「プライドハウス東京」オープニングセレモニーの様子

具体的な取り組みとして、東京オリンピック・パラリンピック組織委員会が「多様性と調和」を大会のビジョンに掲げていることや、五輪を機に東京を訪れるLGBTQのアスリートや観光客を支援する「プライドハウス東京」の設立などを挙げた。

また、性的指向に限らず、性自認に基づく差別の禁止や、公平性・安全性の担保に向けた環境整備にも取り組んでいるといい、人権の観点からアスリートの経験に重きをおいて検討を続けるとした。

「このタイミングなら変われると思ったのに…」

Saori Ibuki / BuzzFeed

一方、国内では、自民党の国会議員による性的マイノリティへの差別的な発言や、「LGBT理解増進法案」の今国会での成立が厳しい情勢となったことを受け、抗議が続いている

IOCの声明で触れられていた「プライドハウス東京」代表の松中権さんも、5月30日に自民党前で行われた抗議活動に参加。

今回の国会議員の発言を受けて、「初めて『なんでこんな国に生まれたんだろう』と感じた」と悲痛な声をあげた。

Saori Ibuki / BuzzFeed

5月30日に自民党まで行われた抗議デモでスピーチをする「プライドハウス東京」代表の松中権さん

「オリンピック憲章には、あらゆる差別の禁止が掲げられています。だからこそ、五輪が開催されるこのタイミングなら、社会が変われるんじゃないかと思って、これまで活動を続けてきました」

「差別を禁止すると約束したはずなのに、どうしてその約束を破るのでしょうか? 約束を守る、これほどシンプルなことがどうしてできないのでしょうか?」(松中さん)

議員らの発言に抗議し、LGBTQに対する差別を禁止した法律を求める署名には、9万4千筆を超える賛同が寄せられた。

呼びかけ人のひとりの松岡宗嗣さん(一般社団法人fair理事長)「きちんと発言の責任を取り、当事者とちゃんと会って話をし、差別をなくす法律を作ってほしい」と語った。


ご意見を募集しています

📣BuzzFeed Newsでは、LINE公式アカウント「バズおぴ」(@buzzopi)で、読者の皆さんのご意見を募集しています。

日々の暮らしで気になる問題やテーマについて、皆さんの声をもとに記者がニュースを発信します。

情報や質問も気軽にお寄せください🙌LINEの友達登録でBuzzFeed News編集部と直接やりとりもできます。様々なご意見、お待ちしています。

友だち追加

Contact Saori Ibuki at saori.ibuki@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here