back to top

ほっぺを触るのはOK、NG? 渋谷のハロウィンで聞いてみた

人によって、相手との関係によって、「NG」の基準は違うんです。

毎年ゆかいな仮装をした人たちで賑わう、渋谷のハロウィン。

色んなところで「セクハラ」が問題視されてるけど、実際みんなはどこからが「セクハラ」だと思ってるの…?

頭をポンポンしたり、肩や腰に手を回したり…。会社やバイト先の上司にされたらOKか、NGか、あるいは場合によるかを、ハロウィン前の土曜日(10月28日)に渋谷に集まった6組に聞いてみました。


NG派「なんか馴れ馴れしい感じがあるし、気持ち悪い!」「あんまり親しくない人はイヤですね」

OK派「頭は特にイヤじゃないです」「普通のスキンシップだから大丈夫」「髪を触られたらイヤやけど、ポンポンくらいならまあいいかな」

?派「人によるかな…。普段から親しみを持って接している上司や同僚ならスキンシップの一つだと思うけど、あんまり関係性が密じゃない人はイヤだなと思う時もあると思います」

「頭をポンポンする」は、三つに意見が分かれる結果になりました。普通のスキンシップと受け取る人もいれば、親しい相手じゃないと気持ち悪さを感じる人もいるようです。

広告

OK派「イヤじゃない」「ぜんぜん気にしない」「逆に苗字で呼ばれる方が遠い感じがしてイヤですね」

?派「普段からフレンドリーな関係の人はいいけど、いきなり会った上司とかに言われたら、お互いよく知らない同士なのにどうなのかなと思います」

「ちゃん付けで呼ばれる」は、「これも人によります!」と答えたビクトリア朝風の女性をのぞいて、5組がOKの答えになりました。やっぱり大切なのは、相手との関係のようです。

NG派「ちょっと行き過ぎ!」「素肌に触って欲しくなくない?」「わかる」「ほっぺってなるとプライベートなところに入ってくると思うから違う」「ファンデーション崩れるからやめて欲しい(笑)」

ほっぺを触るは、全員NGでした。中には、実際に「触られたことある〜〜!」と叫ぶ人もいました。頭は大丈夫でも顔や素肌となると抵抗を感じる人が多いようです。

広告

NG派「もうね、下心しか見えない!」「なんか…エロくない?(笑)」「ぞわぞわする!」「体に直接触るのはよっぽど親しい人じゃないと抵抗があります」

?派「肩までなら大丈夫なんですけど、腰は密着しそうなんでNGかな」「人によるよね。普通にノリいい感じで、清潔感がある人なら大丈夫」

肩や腰に手を回すも、人によって答えが割れました。フェスで腰を触られたり、後ろからものすごい密着されたことがあるという人もいれば、「本当は下心なんかないかもしれないんですけどね…」と躊躇しながら答える人もいました。

NG派「何されるかわからない!」「二人きりだと何かあっても逃げられなかったり、周りに人がいないかもしれないから…」

OK派「うれしいです!どんどん誘ってほしい!」

?派「ある程度仲良い人だったらあり」「会社では言いにくいことを話すこともあるし。でも一方的にイヤなことを言ってくる人はちょっとNGかな」「断りきれない時もあるし…美味しいもの食べられたらいっかみたいな」

二人きりでの食事や「サシ飲み」についても、色んな受け止め方がありました。何があるかわからないと不安を感じる人、断りきれないし…という人、どんどん行きたいです!という人と意見が割れました。


結論「その行為を受ける人や、相手との関係性によって、何が『セクハラ』かはぜんぜん違う」

5つの項目について聞いてみた結果、全員の答えが「NG」で一致したのは「ほっぺを触る」だけでした。

何をセクハラと感じるかは人それぞれ。さりげない行為に思えても、相手はイヤだなあ〜と感じているかもしれません。普段から相手とどんな関係を築けているか、考えてみるのが大切です。


BuzzFeed Japanはこれまでも、性暴力に関する国内外の記事を多く発信してきました。Twitterのハッシュタグで「#metoo(私も)」と名乗りをあげる当事者の動きに賛同します。性暴力に関する記事を「#metoo」のバッジをつけて発信し、必要な情報を提供し、ともに考え、つながりをサポートします。

新規記事・過去記事はこちらにまとめています。

ご意見、情報提供はこちらまで。 japan-metoo@buzzfeed.com