• buzzopi badge
  • medicaljp badge
Updated on 2020年4月10日. Posted on 2020年4月7日

新型コロナと戦う看護師たち。顔に刻まれたマスクの痕が物語る現実とは

顔に刻まれたマスクの痕やあざ。医療現場で闘う各地の看護師や医師たちが、勤務を終えて疲弊した自分たちの姿をSNSに投稿し、過酷な現実を伝えている。

世界中で猛威を振るっている新型コロナウイルス。治療の最前線で闘う各地の看護師や医師たちが、勤務を終えて疲弊した自分たちの姿をSNSに投稿し、医療現場の過酷な現実を伝えている。

重責と孤独、不安を肩に乗せて

Martina Benedetti / Via facebook.com

マルティナ・ベネデッティさんは、イタリア・トスカーナ州にある病院の集中治療室(ICU)で働く27歳の看護師。現在は新型コロナウイルスに感染した患者の中でも、人工呼吸器を必要とする重症患者の治療に当たっている。

ベネデッティさんは先月11日、勤務後の自分の姿を撮影した写真をFacebookに投稿した。髪は乱れ、顔には疲労が浮かび、医療用マスクを着けていた痕がくっきりと残っている。

写真に添えた文章には、自らウイルスに感染する恐怖や孤独と闘いながら、患者の命を守るために、職場で働き続ける思いが綴られている。

さあ、深呼吸をして。

自分の内にあるはずの力を探して、鏡を覗き込んでみると、誰のともわからない、防護具の痕がついた疲れた顔がこちらを見つめ返してくる。

勤務時間が終わると、あなたはその顔で帰路につく。重責を両肩に乗せたまま。

体の弱い家族や友人、恋人、幼い子どもたちからあなたを遠ざけた『ウイルス』と、直接(防護服を身につけた状態で)対峙した不安を抱えたまま。

人生の大切なピースを失った感覚を胸に抱えながら、この危機の中で自分に課せられた使命で身動きが取れないまま。

また明日の朝になれば、目覚まし時計が鳴り、現場に戻る時間だと知らされることを知りながら。

「いま恐れているのは自分も感染してしまうこと」

AFP=時事

イタリアでは、2月下旬から感染者数が爆発的に増加した。イタリア国立衛生研究所の発表によると、4月5日までに12万人を超える感染者が確認され、1万4千人以上が死亡したとされる。感染した人のうち、約1万2千人は医療機関で働く人だったという。

ベネデッティさんはBuzzFeed Newsの取材にこう語る。

「新型コロナウイルスがもたらした非常事態は、コロナに感染した患者の生命だけではなく、医療機関での治療を必要としている全ての人の命を危険にさらしています」

「この危機の中で、医療機関は大変な重圧の中に置かれています。私たち医療関係者がいくら献身的に働き、持ちうる全ての器具を使ったとしても、この事態をコントロールすることはもはや不可能だったと思います」

「いま私が恐れているのは、自分も感染してしまうのではないかということ。そしてコロナ以前の人生を取り戻すことができないかもしれないということです」

「今後は普段の暮らしでももっと予防策が必要になり、事態が追いついても警戒し続けなければいけなくなります。家族とも離れて暮らしているので、終わりのない危険を前にとても不安を感じています」

世界中で135万人が感染

ジョンズ・ホプキンス大学の調査によると、世界中の感染者数は135万人近くにのぼり、約7万5千人が命を落とした(4月7日現在)。日本でも7日には緊急事態宣言が発出される見込みで、感染爆発を防ぐ瀬戸際にいるとされている。

ブラジルの女性看護師がInstagramに投稿した写真にも、マスクやゴーグルによってできたあざが写っている。

Amanda Ramalho / Via instagram.com

アメリカの女性看護師は写真とともに、こう呼びかけた。

「どうか家にいて、手をよく洗い、医療者たちが仕事をするために必要なものを買い占めるのはやめてください」

「治療をするための道具がなくなったら、私たちも感染してしまいます。…その時は誰が私たち、そして私たちの愛する人を守ってくれるのでしょうか?」

Megan Patterson / Via instagram.com

「私はヒーローではない」

イタリアのエミリア・ロマーニャ州で勤務するニコラ・スガルビー医師も、約13時間に及ぶシフトを終え、ゴーグルやマスクであざができた写真をFacebookに投稿した。

スガルビー医師はCNNの取材に写真を撮った理由を「一つは妻にもうすぐ帰ることを知らせるため。二つ目はいま1歳の娘が大きくなった時にこの瞬間について話すため」だと語っている。

写真に添えた文章には「私はヒーローではないし、ヒーローのような気分にもなっていない。私はただ自分の仕事が大好きで、素晴らしい同僚たちと一緒に最前線で働けることを誇りに思っている、普通の人間です」と綴った。

「だから何時間働こうとも、腰が痛くなろうとも、疲れがたまろうとも気になりません。全ていつか過ぎ去るからです。みなさんの努力と犠牲によって、全ていつか過ぎ去るからです」

「私たちが団結していれば、この危機は去る。だから諦めないで。絶対に」


医療者からのメッセージや、医療者に届けたいメッセージを募集しています

📣新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、その最前線となっている医療現場。

医療者からのメッセージや、医療者に届けたいメッセージを募集しています。現場の実情や多くの人に知ってほしいこと、医療者へ贈るエールなど…

BuzzFeed Newsでは、LINE公式アカウント「バズおぴ」(@buzzopi)で、読者の方々の声を募集しています。様々なご意見、お待ちしています。

友だち追加

Contact Saori Ibuki at saori.ibuki@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here