71歳のおばあちゃんサポーターと「勝利の着物」が結んだ“小さな絆”

    「『サポーター』って、ただ自国の選手を応援するだけじゃないんよな」

    サッカー日本代表がW杯ロシア大会でコロンビアを2-1で破り、白星発進を決めた6月19日。

    試合後、スタジアムの外では、ある日本人サポーターが身につけていた一着の着物が「小さな絆」を育んでいました。

    そのサポーターとは、佐野公美子さん、71歳。

    Kazuki Okamoto / Via Twitter: @photofoot23

    佐野さんは今回、東日本大震災で被災した福島県南相馬市の中学生をW杯に招待する「トモロシプロジェクト」に感銘を受け、自腹で同行者として参加。

    地元・愛媛のチームを応援するサッカーファンとはいえ、現地で日本代表を応援するW杯は今大会が初めて。

    「世界の晴れの舞台」のために持参したのが、鮮やかな和柄が目を引く一着の着物でした。

    Kazuki Okamoto / Via Twitter: @photofoot23

    特別な日のためにと購入したものの、派手な柄のため、日本ではなかなか着られずにいたこの着物。

    最後まで迷いつつも、「日本を勝利に導いてくれる着物かもしれない」という願いを込めて袖を通したところ、日本は見事勝利を収めました。

    試合後、佐野さんがスタジアムを出ると、そこには日本語で「おめでとう」と言う練習をしていたコロンビアサポーターたちの姿が。

    Kazuki Okamoto / Via Twitter: @photofoot23

    試合に負けたにもかかわらず、笑顔で声をかけてくれる。

    そんな姿に胸を打たれた佐野さんは、その気持ちを恩返ししたいと思い、次戦でのコロンビアの活躍を願って、日本を導いてくれた「勝利の着物」をコロンビア人女性にプレゼントしました。

    その瞬間を写真に収めたカメラマンの岡元紀樹さん(@photofoot23)はBuzzFeed Newsの取材に、笑顔で肩を組む二人の姿をファインダー越しに見て「とても感慨深かかった」と話します。

    Kazuki Okamoto / Via Twitter: @photofoot23

    岡元さんが写真をTwitterに投稿すると、たくさんの人から反響がありました。

    「サッカーの力を思い知って、めっちゃ感動した…」

    サッカーのちからを思い知って、めちゃ感動した、、、ほんとサッカー、スポーツすごい。71歳 https://t.co/uv2tWcv8LG

    「サッカーを通してコロンビアと絆が芽生えてる」

    サッカーを通してコロンビアと絆が芽生えてますね。美しい光景だな^ ^ https://t.co/3sA0gHUy5Z

    「『サポーター』ってただ自国の選手を応援するだけじゃないんよな」

    「サポーター」ってただ自国選手を応援するだけじゃないんよな。勿論そういう人もおっていいんだけど、同じサッカーを通して勝敗込みで楽しめるからこそスポーツ文化から文字通りサポートされてきているわけだし。 https://t.co/uEuutCUNTI

    「サッカーが好き、自分の国を応援したい、相手を敬い、相手がいるからこそ試合ができる。そんな思いに国境はないよね」

    サッカーが好き 自分の国を応援したい 相手を敬い、相手がいるからこそ試合ができる そんな思いに国境はないよね 負けてもおめでとうと言える人 素敵だと思う いい話を聞かせてもらいました ありがとうございます https://t.co/0MdfTEJJfr

    71歳のサッカーファンと、一着の着物が結んだ小さな絆。岡元さんはBuzzFeed Newsの取材にこう話しました。

    「佐野さんが着物を渡したときのコロンビアサポーターの女性の笑顔がすごく印象的で。佐野さんを見て『自分もこうやって歳をとっていきたい』って率直に感じました」

    Kazuki Okamoto / Via Twitter: @photofoot23