back to top

「白の下着は透けない」って本当? 下着屋さんが言わずにはいられなかったこと

本当に透ける下着の色とは、どのような色なのか。下着屋さんが実際に検証しました。

Urbancow / Getty Images

生まれつき茶髪の女子高生が、黒染めするよう学校から強要された問題で、大きな注目を集めた「ブラック校則」。

他にも「教科書やノートは毎日持ち帰らなければならない」「生理中でも水泳の授業に参加させられる」など、学校現場における行きすぎたルールや指導が、各地から問題提起されています。

そんな中、「校則で下着の色は白と決められている学校がある」という報道を見たある“下着屋さん”が、「下着屋として言わずにはいられなかった」と投稿したツイートが話題を呼んでいます。

「下着が透けないように」と言うけれど…

校則で下着の色が白と決められているという記事をよく見かけます。理由で多く見るのが「透けないように」。下着屋として言わずにいられないので簡単な検証をしました。肌よりも薄い淡い色はとっても透けます。透けないようにが目的の校則であれば是非キャミなどインナーの着用をお勧めします🙇‍♀️ https://t.co/kBEzSmg5D6

投稿したのは、女性向けランジェリーショップ「BODY FOCUS inner collection」(@body_focus)で、マネージャー兼SNS担当を務めている山田さん。

校則で下着の色を白と指定する理由の一つとして、「透けないようにするため」が多く挙げられていることを知り、実際はどのような色が透けやすいのか、検証して伝えたいと考えました。

方法はごくシンプルなもの。肌の色に近い背景の上に、白、ピンク、水色、ベージュ、赤、紺の布地を並べ、その上から制服のブラウスをイメージした白い布を重ねました。

画像を見ると、白やピンク、水色など、肌よりも薄く淡い色の方が、背景からはっきりと浮き上がり、透けて見えやすいことがわかります。

BODY FOCUS

「元々、透ける色、透けない色というのは、インナー業界では共通認識としてあったのですが、意外と知られていないんだなと改めて思いました。なるべくぱっと見てわかりやすいようにと思い、検証してみました」

BuzzFeed Newsの取材にそう語る山田さんは、こうした校則があることに、まず驚いたと言います。

「私が見た記事には、インナーも禁止されているとか、下着を取り上げられてノーブラで過ごした子がいるとも書いてあり、何のための校則なのかな?と疑問に感じました」

「間違った情報で女の子が困るのは嫌」

Tagstock1 / Getty Images

その上で、山田さんが「下着屋」としてまず感じたことは、「『白い下着は透けない』という間違った情報が広まることで、女の子たちが困るのは嫌だな」ということでした。

「実際に店頭で、親御さんからこうした相談を受けることもあります。校則を破るようにとは提案できないので、キャミソールなどのインナーの着用をおすすめしています」

教育関係者や識者でつくる「ブラック校則をなくそう!プロジェクト」が今年2月に実施した全国調査によると、10代の回答者の6人に1人が、中学時代に「校則で下着の色が決められていた」と回答しました。

11万回以上リツイートされ、大きな反響を呼んだ山田さんのツイート。

山田さん自身、今回のツイートをきっかけに「知らず知らずのうちに下着を作る側にも買う側にも、『学生は白の下着』というイメージができあがっていることに気付かされた」と話します。

「もちろん白の下着が好きで着る子もいるでしょうし、そもそも下着の色を学校が指定すること自体、必要だとは思えません」

「でも『下着屋』である私たちは、いつでも女の子たちの味方であり続けたいなと思いました」

Saori Ibukiに連絡する メールアドレス:saori.ibuki@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.