手には実弾入りの散弾銃。その生徒を、アメフトコーチは抱きしめた

    「ここに俺がいるのは君を救うためだ。君の人生はかけがえのないものなんだぞ」。コーチは生徒の耳元で語りかけた。怪我人は出ていない。

    オレゴン州パークローズ高校の監視カメラに収められた動画が、10月18日に公開された。

    Multnomah County District Attorney / Via youtube.com

    5月に起きた事件の映像だ。実弾入りのショットガンを手にした18歳の生徒を、アメフト部監督が抱きしめた。そして、銃を手から優しく取り上げた。

    マルトノマー郡地方検察局が動画を公開し、ポートランドのKOIN 6ニュースがそれを放送した。

    高校のアメリカン・フットボールチームのコーチ、キアノン・ロウ氏が、生徒のエンジェル・グラナドス=ディアスからショットガンを取り上げ、体を引いて銃に手が届かないようにしている様子が見える。

    Multnomah County District Attorney's office

    監視カメラの映像

    高校の警備員も兼務するロウ氏は、動画公開されてから記者会見で語った

    生徒の身柄を確保するため教室に向かったところ、ほんの数歩離れた場所にグラナドス=ディアスが銃を抱えて立っているのに気がついたという。

    「顔色と目の様子を確かめ、銃を見ると本物でした。後は本能のままに行動していました」とロウ氏は語った。

    「とっさに銃を両手でつかみました」

    ロウ氏は自身のツイッターでも、当時の様子を振り返った。

    When I signed up to be a Security Guard, Football and Track & Field Coach for Parkrose High School, I did so to guide and coach young people whose shoes I had once been in. I had no idea, that I would one day have to put my life on the line like I did yesterday for my students.

    「パークローズ高校のアメフト・陸上コーチと警備員に申し込んだのは、自分も似たような境遇にあった子どもたちを導いて教えたかったから。昨日(事件当日)のようなことを生徒にするなんて、想像もしていなかった」

    動画では、ロウ氏がグラナドス=ディアスを片手で押さえながら話しかけている。

    別の教師がすぐさまロウ氏の手から銃を受け取り、廊下の隅まで移動する。それからロウ氏が振り返って生徒を抱きしめると、生徒は泣き出した。

    「正直言うと、彼(ディアス)を救いたいという気持ちに突き動かされたのです」とロウ氏は語った。

    「彼は明らかに精神的に参っていました。自分が助けようとしていることを本人に伝えたかったのです」

    「ここに俺がいるのは君を救うためだ。君の人生はかけがえのないものなんだぞ」と生徒の耳元で話しかけたそうだ。

    かつてオレゴン大学でアメフトチームの主将でワイド・レシーバーだったロウ氏。単に学内での銃乱射事件発生を果敢に防いだだけでなく、問題を抱える生徒の心を救おうとした彼の行動が、多くの人の感動を呼んだ。

    動画はツイッターでも拡散されている。

    Holy shit ... Disarmed with a hug ... Nicely done, coach !!! "Surveillance video shows the dramatic moment when Parkrose High School football coach Keanon Lowe disarming a student carrying a loaded shotgun on campus."

    「ハグで銃を離させるなんて…よくやった、コーチ!」

    Such a heroic man! @KeanonLowe, let's flood him with love! https://t.co/nAtffYTupi

    「なんて勇敢な人なんだろう!」

    グラナドス=ディアスは公共の建物内での銃器所持容疑、校内での銃発射未遂、過失傷害未遂、公共スペースでの実弾入り重火器の所持容疑で逮捕された。

    警察によると銃は1発分装弾してあったという。

    10月10日にグラナドス=ディアスは起訴内容について罪を認め、3年の保護観察処分を言い渡された。検察側との司法取引により、グラナドス=ディアスは精神科と薬物乱用の治療を受けることとなる。

    保護観察期間中は、学校敷地内への立ち入りが禁止される。

    この記事は英語から翻訳・編集しました。