Posted on 2016年7月9日

    EU離脱を決めてからのイギリスがスゴすぎ 大混乱を3分で説明します

    他山の石にしましょうか

    by , ,

    イギリスで国民投票があったのは6月23日。EU離脱派が勝った。差はわずかだった。

    BuzzFeed

    直前までEU残留派が勝つと予想されていたので、イギリスだけじゃなくって、世界中が驚いた。

    イギリスのお金ポンドの価値が急下落。崖みたい?

    あああああ・・・・・

    Russell Boyce / Reuters

    離脱に票を投じた男性すら驚いた。「僕の一票が影響してしまうなんて思わなかったんです。残留するもんだって思ってたから」「ああ、本当に心配です」

    "Shocked but not surprised." Voters in Manchester react to #Brexit #EUref #VictoriaLIVE https://t.co/esPS7CNiZV

    このTVインタビューはイギリスで大炎上。「一票は大事ですね!」

    そしていま、イギリスの政治状況はこんな感じ・・・

    まずデビット・キャメロン首相が6月24日、辞任を表明。

    Adrian Dennis / AFP / Getty Images

    簡単にいうと、キャメロン首相は保守党内の反EU派を抑えるために国民投票というギャンブルに出た。残留派が勝てば「ほれみたことか、残留じゃい!」って言えたから。だけど、失敗しちゃった。

    ここはロンドンのダウニング街10番地。イギリスの首相官邸。たたずむ猫についてのツイートが人気に。 「まじか。次の首相は猫になってしまった」

    EU離脱を主導した政治家は喜んでるはず。たしかに、英国独立党のナイジェル・ファラージ党首は勝利直後に大喜び。

    Geoff Caddick / AFP / Getty Images

    だけど様子がおかしい。翌朝のテレビ番組で「公約は守れますか?」と聞かれると、「いいえ、できません」。

    WATCH: @Nigel_Farage tells @susannareid100 it was a 'mistake' for Leave to claim there'd be £350M a week for NHS https://t.co/JNkl5k8IlK

    キャスター「EUに週3億5千万ポンドを拠出しなくてよくなりますか?代わりに国民医療サービスに使えるようになりますか?それを保証できますか?」

    ファラージ党首「できません。そんな主張をしたことはありません。離脱キャンペーンが犯した間違いの一つです」

    公約をバスに書いてませんでしたっけ?

    Christopher Furlong / Getty Images

    「我々はEUに週3億5千万ポインドを送っている。代わりに我々の健康医療サービス(NHS)に充てましょう」

    そして7月4日、「英国をEUから離脱させるのが政治家としての目的だった。自分の役割は果たした」と党首を辞任

    Jack Taylor / Getty Images

    あるジャーナリストが、離脱派の議員の発言としてツイートした。「離脱陣営は勝った後のプランなんてなかった。首相官邸がプランを持ってるべきだった」

    Conservative Leave MP, Boris backer: "there is no plan. Leave campaign don't have a post Brexit plan, Number 10 should have had one"

    じゃあ、キャメロン首相の後、誰が首相になるのか?

    保守党の党首選が始まった。

    有力視されていたのは、離脱派を主導したボリス・ジョンソン元ロンドン市長。

    Justin Tallis / AFP / Getty Images

    同じく離脱派を主導したマイケル・ゴーヴ司法相がジョンソンを応援するとみられていた。

    Christopher Furlong / Getty Images

    でも、ゴーヴ司法相には腹案があった・・・

    オレが出馬したるで!

    Niklas Halle'n / AFP / Getty Images

    ジョンソンの能力不足に「数日前に気がついた」そう。「しぶしぶながら、こういう結論にいたった。ボリスはリーダーシップをとることはできないし、この先のタスクに向けたチームを築くことはできない」

    ボリス・ジョンソンは6月30日、党首選に出ないと表明した。

    Leon Neal / AFP / Getty Images

    これはシェークスピア悲劇か?

    不出馬がどれだけ驚きのニュースだったかは、この男性が教えてくれる。

    ここで1987年に戻ろう。オックスフォード大の裕福な男子学生が入る社交クラブ「ブリンドン・クラブ」の写真。後列左から2番目がキャメロン首相。前列の右端に座っているのがボリス・ジョンソンだ。

    Power passes from the man third from left to the man fourth from right. What sort of working-class revolt is that?

    離脱派の勝利は「エリート層に対する庶民の反乱」っていう人もいるけれど、2人とも完璧なエリート。(花より男子か?)

    そして今、党首選でリードしているのが、テリーザ・メイ内相。ちなみに、メイ内相は残留を支持した。

    Chris Radburn / PA Images

    ドロンジョ様ではありません。

    そしてゴーヴ司法相は負けた。

    Jack Taylor / Getty Images

    7月7日の第2回投票でメイ内相が199票、アンドレア・レッドソム・エネルギー閣外相が84票を獲得して、約15万人の保守党員による決選投票に進むことが決まった。ゴーヴ司法相は46票しか集められなかった。

    なんだか、わけがわからなく、なってきました・・・

    FOX

    では、与党の保守党がゴタゴタしていたら、野党が大喜びするはず?

    BBC / Via giphy.com

    ハズレ

    こちら、野党・労働党のジェレミー・コービン党首

    Jeff J Mitchell / Getty Images

    労働党の中でも左寄り。草の根の支持を受け、予想を覆してリーダーにまで押し上げられた。特に若者の人気が高い。

    Jonathan Brady / PA WIRE

    アメリカで旋風を起こした社会主義者バーニー・サンダース上院議員の英国版ってとこ。あごヒゲがあるのと、根菜が大好きなのは、サンダースと違う。

    でも、労働党の主流派は、コービンが党首では選挙に勝てないと思っている。

    Daniel Leal-olivas / PA WIRE

    さらに、コービンはひそかに離脱派が勝つことを望んでいたんじゃないかとさえ思っている。

    国民投票の直後の週末には、コービンのシャドウ・キャビネット(影の内閣)のメンバーは次々に辞任してしまった。

    BuzzFeed

    ビンゴゲームではありません。

    党首を辞任するかとみられたコービン。だが、代わりのメンバーを指名し続け、突き進む。

    Disney

    100年の歴史がある労働党は分裂するかもしれない......。

    肝心のEU離脱手続きはどうなったのか?

    Christopher Furlong / Getty Images

    EUのルール「リスボン条約」50条に基づき、EU理事会に離脱を正式通告するはずなのだが......

    キャメロン首相は在任中は第50条の手続きを始めないと明言。次の首相に任せるそう。

    Pool / Getty Images

    英紙サンによると、キャメロン首相はこう言ったそう。「なんで、誰かのためにクソみたいに大変なことをしなければならないんだ? 御膳立てして渡せとでもいうのか?」

    ドイツやフランスの首脳たちが「さっさと出てけ」と言っても、強制することはできない。

    Thibault Camus / AFP / Getty Images

    だから、離脱の手続きは、次の首相が決まるまでは始まらないし、決まっても始まらない可能性もある。なので、今はこんな感じ。

    【まとめ】 イギリスは国民投票でEU離脱を選んだ。経済の見通しは不透明。首相は辞任。与党は権力闘争。野党も戦闘状態。脱EUのプランがどこにあるのかわからない。

    HBO / Via dorkly.com
    友だち追加数

    Facebookページでも記事をお届け。

    バズフィード・ジャパン アダプテーション・リポーター

    Contact Saki Mizoroki at saki.mizoroki@buzzfeed.com.

    Luke Bailey is a senior editor for BuzzFeed UK and is based in London.

    Contact Luke Bailey at luke.bailey@buzzfeed.com.

    Tom Phillips is the UK editorial director for BuzzFeed and is based in London.

    Contact Tom Phillips at tom.phillips@buzzfeed.com.

    Got a confidential tip? Submit it here