back to top

【参院選】「改憲勢力が3分の2以上になりそう」どういう意味?

「全然知らなかった。そんな大事なことは新聞が大見出しで書かなきゃだめでしょ」

7月10日に迫る参議院選挙の投開票日。憲法を改正を目指す議員たち「改憲勢力」が、その手続きを始める議席の3分の2以上になりそうだ、と報道各社が伝えた。

共同通信「3分の2に届く見通しが強まった」

産経「3分の2を確保する勢い」

日経「3分の2に迫る情勢」

朝日「3分の2に迫る勢い」

読売「3分の2をうかがう情勢」

電話世論調査と取材の結果として、見方を示した。

憲法改正に必要な議席の数のこと。

改正するには、衆議院と参議院それぞれの総議員の3分の2以上が賛成し、国民投票で過半数が賛成しないといけない。

自民と公明はすでに衆議院で3分の2以上の議席を持っているので、国民投票にかける前提条件が整うというわけ。

安倍政権下での憲法改正に前向きなのは、自民党、公明党、おおさか維新の会、日本のこころを大切にする党の4党。

広告

安倍晋三首相は、憲法改正を「私の在任中に成し遂げたいと考えている」(3月2日の参院予算委員会)と明言。6月19日の党首討論では「我々は憲法改正草案を示してますから。何にも隠していませんよ」と胸を張った。

草案には何が書いてあるのか。

他国から武力攻撃を受けたり、大災害が起きたりしたら、首相は緊急事態を宣言。すると、政府が国会での議論なしに自由に政令(法律)をつくることができる。国民は政府の指示に従わなければならない。

99条 緊急事態の宣言が発せられたときは、法律の定めるところにより、内閣は法律と同一の効力を有する政令を制定することができる(後略)

3項 緊急事態の宣言が発せられた場合には、何人も、法律の定めるところにより、当該宣言に係る事態において国民の生命、身体及び財産を守るために行われる措置に関して発せられる国その他公の機関の指示に従わなければならない。(後略)

「戦力を持たない」と決めた9条2項を削って、国防軍を持つとも書いてある。

9条 我が国の平和と独立並びに国及び国民の安全を確保するため、内閣総理大臣を最高指揮官とする国防軍を保持する。

重視するのは、個人から家族へ移る。

24条 家族は、社会の自然かつ基礎的な単位として、尊重される。家族は、互いに助け合わなければならない。

この「3分の2」の意味と、今回の選挙の意義は、十分に人々に伝わっているのだろうか。高知新聞が高知市内で100人に聞いたところ、83人が知らないと回答した。Abema TVも同じ調査を都内でしたところ、100人中91人が知らなかった。

高知新聞に対して、街の人はこう、話したという。

えっ憲法改正のことって?そんな大事なことは新聞が大見出しで書かなきゃだめでしょ。全然知らなかった。

参議院選挙の投票日は7月10日。高知新聞はこんな感想を書いている。

関心の薄さを象徴するかのような争点、憲法。
「見事に隠れている―」。各所を歩いた記者たちの感想だ。


広告

更新

朝日新聞とAbema TVの結果を追加しました。

友だち追加数


バズフィード・ジャパン アダプテーション・リポーター

Saki Mizorokiに連絡する メールアドレス:saki.mizoroki@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.

Sponsored