「有名人なら、女はやらせてくれるんだ」発言のトランプ氏 映像で謝罪

    ヒラリー・クリントン氏への攻撃も示唆

    by ,

    「有名人なら、女はやらせてくれるんだ」「プッシー(女性器を指す俗語)をつかんでね。何だってできる」

    Robert F. Bukaty / AP

    ひわいな言葉で女性をさげすむのは米大統領選の共和党候補ドナルド・トランプ氏。10月7日、ワシントンポスト紙がこうした会話を収めた2005年のビデオを報じ、同氏は翌日、異例の謝罪に追い込まれた。

    「私は完璧な人間だと言ったことはありません。実際の自分とは違う人間を装ったこともありません」という言葉で始まる謝罪メッセージ。

    「後悔している言動があります。今日公開された10年以上前のビデオにあった言葉はそのうちの一つです。私を知っている人なら、この言葉は本当の私を表していないとわかるはずです。確かにそれを言いました。私は間違っていました。謝罪します」

    どんな発言をしていたのか。

    問題発言

    「口説こうとして失敗したんだ。認めるよ。ファックしようとしたんだ。既婚女性だった」

    この発言は2005年、芸能ニュース番組「アクセス・ハリウッド」の司会者とのバスの車内での会話で飛び出した。

    この司会者とはビリー・ブッシュ氏。ブッシュ前大統領のいとこだ。一方、アクセス・ハリウッドなどはこの女性が、テレビ司会者のナンシー・オデール氏だと報じている。

    2:12〜 トランプ氏の発言(英語)

    Watch: Access Hollywood addresses Billy Bush, Trump's comments on women https://t.co/7sZfsNwR6G

    話は、家具を一緒に買いに連れ出したことに及ぶ。

    「ビッチのように迫ったんだけど、やれなかった」

    「彼女は結婚しちゃったんだ。で、突然、 デッカい偽乳とかつけ出して。雰囲気が全く変わったんだ」

    ビリー・ブッシュ氏が爆笑する声が流れる。

    The Washington Post / Via washingtonpost.com

    ひわいな会話のあとにバスを降りるトランプ氏=2005年

    トランプはこう続ける。

    「ほら、私は美しい人に自然に惹かれるんだ。ちょっとキスし始めるんだよ。磁石のよう。ちょっとキス。待ってなんかいない。有名人なら、女はやらせてくれるんだ」

    「プッシーをつかんでね。何だってできる」

    Washington Post / Via washingtonpost.com

    この会話は2005年9月に録音された。トランプ氏はその年の1月、3人目の妻メラニアさんと結婚している。

    謝罪

    トランプ氏は10月7日午後「ロッカー室でのようなたわいもない会話で、何年も前のプライベートな会話です」とする声明を出していた。

    「ビル・クリントン氏はゴルフ・コースでもっとひどいことを言ったこともあった。比べ物にもならないぐらいひどい」とクリントン陣営を攻撃したうえで、「気分を害した人には謝罪します」とした。

    トランプ氏は女性蔑視の発言を繰り返してきた。昨年、討論会の司会をした女性に腹を立てて、「目から血が出ている。彼女から血が出ている、どこからだかね」と発言し、物議を醸した。

    身内が批判

    だが、今回のトランプ氏の発言への批判はひときわ大きかった。身内の共和党内からも非難の声が高まった。

    ポール・ライアン下院議長は7日午後、「今日聞いたことにはうんざりさせられた」という声明を発表。

    Chip Somodevilla / Getty Images

    翌8日にトランプ氏と初めて一緒に選挙集会を開くはずだったが、「トランプ氏はこない」とした。

    「女性は擁護され、尊敬されるべきで、物のように扱われるべきではありません。トランプ氏が真面目にこの状況と取り組むことを望みます」

    トランプ陣営によると、代わりに副大統領候補が出席し、トランプ氏は9日の討論会で、クリントン氏と論戦する準備をするという。

    現職が支持撤回

    CNNによると米連邦議会下院のジェーソン・チェイフェッツ議員は7日夜、トランプ氏への支持を撤回すると表明した。現職で共和党の連邦議会議員がトランプ氏支持を取り下げるのは初めてという。

    同議員は「想像も出来ない最も嫌悪すべきかつ不快感を催しさせる言動」で「道義的に大統領候補としてもはや承認出来ない」と話した。

    ブッシュ前大統領の弟で、トランプ氏と大統領候補の座を争ったジェブ・ブッシュ氏はこんなツイート。

    「掛け替えのない2人の孫娘の祖父として、ドナルド・トランプ氏が女性を蔑視するふらちな言葉は、どんなに謝っても許されるものではない」

    As the grandfather of two precious girls, I find that no apology can excuse away Donald Trump's reprehensible comments degrading women.

    このジェブ・ブッシュ氏は、トランプ氏のひわいな会話の相手だった司会者のビリー・ブッシュ氏のいとこでもある。

    ビリー・ブッシュ氏はBuzzFeed Newsの取材に対し、会話の相手となったことを謝罪した。

    「明らかに、当惑し、恥ずかしく思っています」「言い訳ではありませんが、これは11年前に起きたことです。私は若く、未熟で、愚かにも乗っかってしまいました。誠に申し訳ございません」

    共和党のジェフ・フレイク上院議員はこう吐き捨てた。「アメリカにふさわしいのは、ドナルド・トランプ氏よりもはるかによい人間だ」

    America deserves far better than @realDonaldTrump

    決戦は討論会

    動画で、ひわいなで女性をさげすむ発言を謝罪したトランプ氏。だが、トランプ節は健在だった。

    動画の後半では「正直になりましょう」と切り出し、このビデオは「今日我々が直面している重要な問題から目をそらせようとする以外の何物でもありません」と付け加えた。

    そして攻撃に転じた。

    民主党大統領候補のヒラリー・クリントン氏の夫ビル・クリントン元大統領は女性スキャンダルを起こしてきている。

    「ビル・クリントンは実際に女性を乱暴しています。ヒラリーはその犠牲者を脅し、攻撃し、辱め、恫喝しました」

    「このことについて今後、詳細に話します」として、9日夜(日本時間10日午前)のヒラリー・クリントン氏のとの討論会で、さらなる攻撃をすることを示唆した。

    バズフィード・ジャパン アダプテーション・リポーター

    Contact Saki Mizoroki at saki.mizoroki@buzzfeed.com.

    Jim Dalrymple is a reporter for BuzzFeed News and is based in Los Angeles.

    Contact Jim Dalrymple II at jim.dalrymple@buzzfeed.com.

    Got a confidential tip? Submit it here