back to top

アカデミー賞、白人独占のジョークに観客の反応は…

会場の様子に、Twitterから総ツッコミ。

レオナルド・ディカプリオが主演男優賞を獲得してわく2016年のアカデミー賞。#OscarsSoWhite(白人によるアカデミー賞独占)を問題視する動きも注目された。授賞式はどうだったのか。

今年のアカデミー賞は、演技部門にノミネートされた20人がすべて白人だったことが問題視された。しかも2年連続とあって、授賞式をボイコットする芸能人が続出。映画監督スパイク・リー、俳優で歌手のジェイダ・ピンケット=スミス、その夫で俳優のウィル・スミスがそうだ。

司会者のクリス・ロックは式が始まると、すぐにこの話題を持ち出した。

今年の映画の一覧が紹介された後、「15人は黒人がいたよ。アカデミー賞は『白人が選ぶ賞』として知られてるけれど、彼らが司会者を選んでいたら、おれはこの仕事でここにいることはできなかった。(白人の)ニール・パトリック・ハリスが話してたさ」と皮肉って、会場の笑いを誘った。

「やめることも考えたさ。すごく真剣に考えた」とロック。「でも、オレがやめたって、授賞式は開かれる。(黒人の俳優でコメディアンの)ケヴィン・ハートにまた仕事を奪われるわけにはいかないんでね」と話すと、会場は笑いと拍手に包まれた。

11分間の独白で、ロックは米アカデミー賞を主催する映画芸術科学アカデミーを辛辣に批判した。

わたしはいまアカデミー賞授賞式にいます。またの名を「白人が選ぶ賞(White people's choice awards)」と呼ばれています。

毎年、アカデミー賞に黒人がいるべきだと思うなら、黒人部門をつくればいい。「ベスト黒人の友人」部門ってさ。もう男女を分けてるじゃないか。演技で男女を分ける理由はないだろ。陸上競技じゃあるまいし。

今年亡くなった人を振り返る特集では、映画館に行く途中に警察に撃たれて殺された黒人たちが登場するよ。

話は1950〜60年代に。

「黒人のノミネーションがなかったはずだ。黒人は抗議運動はしなかった。なぜかって?抗議運動を展開しなければならないマジなことがあったからだ」とアメリカの歴史を指摘すると、またも会場がわく。

「レイプされ、リンチされてて、ベスト撮影賞を誰がとるか、なんてことどうでもよかった。祖母が木から首を吊るされてるときに、ベスト外国ドキュメンタリー短編賞を気にするなんて、とても難しいだろ」とふっかけると、会場は大爆笑した。

「我々はチャンスが必要なんだ」と話し、会場から拍手が送られた。

独白をロックはこう締めくくった。

多様性が必要だって? 多様性ならあるさ。エミリー・ブラント、もっと白いシャーリーズ・セロンを温かく迎えましょう。

映画芸術科学アカデミーは1月22日、2020年までに白人以外や女性のメンバーを倍増すると発表している。

CORRECTION

文中で「アカデミー賞は『白人が選ぶ賞』として知られてるけれど」という文が脱落していたため、補いました。

バズフィード・ジャパン アダプテーション・リポーター

Saki Mizorokiに連絡する メールアドレス:saki.mizoroki@buzzfeed.com.

Kate Aurthur is the chief Los Angeles correspondent for BuzzFeed News. Aurthur covers the television and film industries.

Kate Aurthurに連絡する メールアドレス:kate.aurthur@buzzfeed.com.

Alanna Bennett is an entertainment reporter for BuzzFeed News and is based in New York.

Alanna Bennettに連絡する メールアドレス:alanna.bennett@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.