back to top

ナチスへの暴力は許されるのか? 極右活動家を殴る動画が物議

トランプ大統領が就任した日の出来事だった。

updated

ナチス思想を唱導する人間なら殴ってもいいのか——。そんな問いを突きつける動画が1月21日にアップされ、物議を醸している。

映像が撮影されたのは、1月20日(現地時間)のワシントンDC。トランプ大統領が就任した日だ。

街頭でインタビューに答える男性。そこへ黒っぽい服を着た男が殴りかかった。男性はよろめき、男はそのまま逃げ去った

極右の指導者を殴打

殴られた男性はリチャード・スペンサー氏。極右運動「オルト・ライト」を率いる中心人物で、白人は「太陽の子」で有色人種より優れ、アメリカは白人のものだと主張する。「平和な民族浄化」を訴える。

広告

スペンサー氏は昨年11月、ナチス式敬礼を模してトランプ大統領を礼賛した。「ハイル・トランプ!」と叫ぶ様子が報道されて、注目を浴びた。

「オルト」は「オルタナティブ(Alternative)」の略。「オルト・ライト」は「代替する、別の」「右翼、右派」といった意味になる。もともと「新保守主義に反対する右翼」を指したことに由来する。スペンサー氏が造語した。(詳しい記事はこちら

渦巻く賛否

ナチス思想を唱導する人間なら殴ってもいいのか。だめなのか。賛否を巡って、Twitter上で様々な意見が交わされている。

「『殴れ』というのは、反ナチスの基本。問題なし」

"Punch them" is, like, Nazi 101, I don't see the problem here

映画「インディ・ジョーンズ」シリーズの主人公インディアナ・ジョーンズは「最後の聖戦」でナチスと戦う。

「ナチスを殴るのが悪いと言うのは誰だ? ナチスを殴るのは最もアメリ〜カ的なこと。キャプテン・アメリカもやっている!」

Who said punching Nazis is wrong? Punching Nazis is the most 'Murican thing one can do. Captain America does it!

キャプテン・アメリカは、1941年に誕生したアメコミのヒーロー。ナチスドイツと戦った。

広告

「これがナチのすることだ。殴打で十分かが問われるべきだ」

@YourAnonCentral This is what a Nazi does. The question should be whether a punch is sufficient.

「言論に対する暴力を是認するのは、恐ろしいまでに非アメリカ的だ」

Then try and convict him for hate speech or incitement to violence- but endorsing violence against speech is terrif… https://t.co/IZ9P8v20ay

撮影の背景

論争の元となるビデオは、オーストラリアの公共放送ABCが撮影した。トランプ大統領に対する抗議デモを取材中だった。

BuzzFeed Newsは、取材したゾエ・ダニエル記者に話を聞いた。

同記者によると、撮影前、スペンサー氏は同じ男にすでに殴られていた。それを見たダニエル記者がスペンサー氏に話かけ、現場に来た理由などをインタビューしていたという。

その最中に再び殴られたのが冒頭の映像だった。ダニエル記者はスペンサー氏が大丈夫か確認し、二人は話を再開した。だが、身の危険があってはいけないと取材を切り上げたという。

インタビューした理由をこう話している。

「情報を伝達する人間としての私たちの仕事は、人々と話し、その見方を理解しようとすることです。だからこそ、ありとあらゆる違った視座を持つ人たちと会話をするのです」

【関連記事はこちら】

バズフィード・ジャパン アダプテーション・リポーター

Saki Mizorokiに連絡する メールアドレス:saki.mizoroki@buzzfeed.com.

Mark Di Stefano is a Media and Politics Reporter for BuzzFeed News and is based in London.

Mark Di Stefanoに連絡する メールアドレス:mark.distefano@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.

Sponsored