back to top

トルコのテロ事件は注目されない それでも、軽い命なんてない

「テロリズムと宗教、国籍、肌の色は関係ない」

トルコのアタチュルク国際空港で6月28日夜(現地時間)に起きたテロ事件。市民と警察官が計36人が死亡し、負傷者は140人以上にのぼると報道されている

昨年11月のフランス・パリと今年3月のベルギー・ブリュッセルの連続テロ事件では、多くのメディアが報道を続け、視聴者や読者を震撼させた。

昨夜のトルコのテロ事件はどうだろうか。こんなツイートがある。

「トルコのイスタンブールでの攻撃を聞いて、悲しみに打ちひしがれました。このイラストはとても悲しい。けれど、真実です」

I'm so heartbroken to hear about the attack in Istanbul, Turkey. This image is so sad, but so true.

フランスやベルギーの半旗の周りには、人々が輪をつくる。トルコとパキスタンの国旗の周りには、それがない。

こんなイラストも再びシェアされている。これは3月にトルコでのテロ事件を受けて、多くシェアされたイラストだ。

Unfortunately this picture doesn't require a caption....but list of dates keep on growing #PrayForTurkey 🙏🏽

もともとは、こんな仏紙ルモンドのイラストだった。

軽い命なんてない。

#PrayForTurkey というハッシュタグで、トルコの人たちとの連帯を示す動きは広がっている。

「私の心の中にはイスタンブールがいます」

「テロリズムと宗教、国籍、肌の色は関係ない」

Terrorism has no religion, no nationality and no colour #PrayForTurkey


バズフィード・ジャパン アダプテーション・リポーター

Saki Mizorokiに連絡する メールアドレス:saki.mizoroki@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.