back to top

Google Homeは未来の生活のハブとなる新商品?

みんなの宿題もやってくれるよ

Googleが5月18日(現地時間)に発表した「Google Home」。簡単にいうと、声で動くリモコン。こんなかたち。

音楽も電気も

例えば、音楽を聴きたいとき。「朝の選曲を流して」と話しかけると演奏が始まる。「全部の部屋に流して」といえば、眠っている子供の部屋にも。まだ寝ているようだったら、さらに電気をつけることも。

いわば家中のコントローラー。人工知能で自動的にエアコンを調節するデバイス「Nest」のサーモスタットや火災報知機とも連動する。

渋滞情報もレストラン予約も

Googleマップと連動し、いつもの空港までの交通渋滞の状況を教えてくれる。より早いルートがあれば探して、スマホに送る。

飛行機の遅延情報を知らせてくれたり、合わせてレストランの予約時間を変えたり。変更内容をメッセージにして友人に送ることも。

広告

宿題までやってくれる?!

「リンゴはスペイン語でなんていうの?」。子どもの宿題の答えも教える。「銀河系にある星の数は?」「銀河系から一番近い恒星系をテレビに映して」

「Google Homeを通じて、知りたいことはなんでもGoogleに聞けます」。製品管理担当のマリオ・ケイロス氏は舞台上で話した。

「他社の製品では扱うことが難しい」質問を理解し、答える能力が備わっているという。

「アボカドに含まれている脂質の量、(バスケ選手の)ドレイモンド・グリーンの背番号、出身大学を聞いてみてもいい。もっと複雑な質問もいける。例えば、ナスダックが開設されときのアメリカの人口とか。すぐにGoogleが答えますよ」

Google Homeは年内後半にアメリカで発売予定。価格は未定だ。

あの商品にそっくり?

Googleの未来を感じさせる新商品。だが、会場にいた記者の多くが既視感を覚えた。アメリカで発売されているAmazonのechoだ。Google Home同様に、声に反応して、音楽を流したり、Amazonで買い物できる。

エベレストの高さも答えてくれるし、朝のニュースダイジェストを読み上げてもくれる。

広告

echoの紹介動画はGoogle Homeとなんだか似ている?

YouTubeでこの動画を見る

youtube.com


バズフィード・ジャパン アダプテーション・リポーター

Saki Mizorokiに連絡する メールアドレス:saki.mizoroki@buzzfeed.com.

Caroline O'Donovan is a senior technology reporter for BuzzFeed News and is based in San Francisco.

Caroline O'Donovanに連絡する メールアドレス:caroline.odonovan@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.