back to top

【参院選】保育園問題の裏側 何が起きている?どうしたら解決する?

ワーキングマザーや保育士に聞きました。

7月10日に投開票される参院選。焦点の一つに保育園問題が上がっている。現場で何が起きているのか? 保育士経験者や働くママたちの話から見えることは。

全国で保育園に入れない児童は7.2万人にのぼる。

局所的に不足は深刻だ。例えば、川崎市中原区の武蔵小杉。区役所によると、タワーマンションが次々と建って、子育て世代が激増。翌年度の申し込みが始まる秋には、窓口が1時間待ちになることもあるという。

ただ、どこもかしこも不足しているわけではない。東京都練馬区の担当者は「1歳児は非常に入りにくいが、3〜5歳児はそれほどの問題は生じていない」。都内でも、地域や年齢によってバラツキがある。

保育士も足りない。原因の一つと指摘されるのが給料の安さ。国の調査では、保育士の平均年収は約320万円。弁護士ドットコムなどが退職した保育士213人に聞いた調査では、退職理由のトップが給与への不満だった。

200人ぐらい園児がいるマンモス保育園なんですけど、保育士は年に10人以上やめていますよ。1年続かない。派遣が多くて、仕事がきついとやめちゃう。でも、園の人は県外に求人だしてもこないから、派遣で埋めるしかないと言います。(40代、2児の母)

国によると、現役の保育士は41万人。資格を持ちながら保育士として働かない人は70万人以上いる。

保育士が退職する原因は給料だけではない。通称モンペ(モンスターペアレンツ)問題もある。苦情を執拗にぶつける保護者のことだ。

役員会でモンペの投書を目の当たりにした保護者。

「この先生のここがいけない」って、保育士の個人攻撃するのよね。モンペは決まった人。あと、園の体制へのクレームじゃなくって、「うちの子をもっとみてください」「オムツが濡れたまま帰ってきたんですが、どういうことですか。我慢していた息子を思うと胸が痛みます」っていうエモーショナルな手紙なんだよね。(50代、1児の母)

別の女性はモンペ問題が「年々ひどくなっていると思う」と漏らす。

第1、2子でトータル10年以上みているけど、あきらかに1年目とクレームの度合いが違う。少子化のせいなのかな、子どもの言い分を100%真に受ける親がいる。私は半分半分って思うのよね。9年前は「みんなで保育する雰囲気」があったけど、いまは「あの先生はちゃんとみてくれているんだろうか」という目でみる親が多い。(40代、2児の母)

保育園に預けられたら、ハッピーなのか。そうでもない。女性たちが嘆くのが高い保育料。自治体や所得で違うが、例えば、最高で川崎市は8万2800円東京都江東区は7万7700円

2人でフルタイムで働いていると、上限の保育料に近くなると思うよ。我が家も上限だったし。年齢によって変わって、3歳児未満だと月7万円ぐらい、3〜4歳児だと3万円台。むしろ、パートタイムだとまず認可保育園には入れなかった。

基本みんな、給料が保育料に流れていく。その覚悟よ。でも、そこにいれて置かないと、実績がつくれないから、保育園に入れる優先度が下がっちゃって、後で保育園に入れなくなるのよ。(50代、1児の母)

高いからといって保育園に預けないでいると悲劇が待っている。通称ポイント制で、預けていた実績がないとポイントがもらえないのだ。

私立の認可保育園に次女を生後半年で預けました。月8万円近くかかった。プラス上の子の学童保育も月約5万円。「なんのために働いているのか」ってなる。働き続けるしかない人もいる。きつくて、何度も心が折れそうになる。それでも、日本ってキャリアが1回ストップすると、正社員に戻るハードルは高いから働く。一度辞めると復帰しようとしても、今度は保育園に入れなくなる。(40代、2児の母)

BuzzFeed Japanには、3月まで3年間保育士をしていたバズライター千野慧子(25)がいる。

保育士の仕事をこう振り返る。

保育士の心が折れちゃうポイントは、低い給料、取りにくい休暇、園によってはモンスター問題。バリバリ働くお母さんたちに圧倒されると、アップアップになる若い保育士もいると思います。

周りの人から、低く見られることがあるとも感じていました。「何のためにいるんだろう、どこで私たちが認められるんだろう」って。

でも、報われるのが卒園式。子どもが卒園証書を受け取る姿や、保護者からの感謝のメッセージに号泣します。「このために頑張ってきたんだ」って。

私は嫌でやめたんじゃない。保育士ってネガティブなことばかり言われるけど、そうじゃない。どんどん成長する子どもたち。「あーうー」って言ってた子が「せんせい」って呼んでくれたり、歩けるようになって抱っこを求めてきたり。今でもお母さんたちは「記事読んだよ」ってLINEくれたり、鉄棒で前回りする子どもの動画を送ってくれたりします。

今、BuzzFeedに移ってよかったことの一つは、働くお母さんたちの気持ちがわかったこと。正直、「なんで子どもと一緒にいる時間を削るんだろう」って思うこともあったけど、今はキャリアは大事だし、働き続けたい気持ちになって。

実は、結婚したばかりで、子どもはほしい。でも、まだBuzzFeed Japanはできたばっかりだし、経験を積みたい。働くことには責任があるし、お母さんたちはいろんなことに悩んでいたんだなと感じています。

保育園や保育士の不足の問題を専門家はどう見ているのか。認定NPO法人フローレンスの駒崎弘樹代表理事に聞いた。

ーーなぜ保育園が不足、偏在しているのでしょうか?

都市部と地方部で違うんですが、県庁所在地レベルの都市では保育園が足りていません。根本的な理由は、子育てや保育園にかける予算がとても少ないってことなんですね。子どもや子育てに関係する支出「家族関係支出」を対GDP比で比べると、イギリスが3.78%、フランスは2.85%。日本はその半分以下の1.36%。それでフランス並みの出生率を達成するのは無理に決まっています。予算が必要だけれども、我が国の政府はその配分をこれまでしてこなかったから、足りなくなるのは当たり前なんです。

ーー保育士も足りていないのでしょうか?

都市部で保育園を増やすボトルネックになっているのが、保育士不足です。根本的な原因は、仕事の大変さの割に処遇が低いということ。平均賃金が月22万円ぐらいなんで、全産業平均からすると8万5千円ぐらい低い。保育士資格を持っていても保育園で働いていない人たちが戻ってきてくれれば、不足は解消します。

ーーなぜ、給料が上がらないのでしょうか?

保育園への補助金を上げればいいんですよね。給与の増額とひも付ければ、給料は上がるので、簡単な話です。

ーーなんでできないんですか?

やる気がないから。財源の問題とも言い訳しますが、たかだか数千億円のオーダーのことなんです。日本の予算97兆円あるうち年金や医療費がそれぞれ11兆円ぐらいなので、数千億は出せない金額ではないはずです。

ーー働く女性から、3歳児までは一緒にいるべきだという「3歳児神話が重い」と聞きました。「育児放棄」「子どもがかわいそう」と言われ、働くことに罪悪感を覚える人もいます。専業主婦が「金稼がなくていい私のほうが偉い」と見下す「昭和妻」現象を嘆く人もいました。

経済構造の問題かなと思います。高度経済成長時代は「死ぬほど働く正社員の夫」と「銃後の家を守る妻」のカップルが最も効率的だったんですね。国もそれを後押しした。それによって、戦後の焼け野原から、一時は世界第2位の経済大国にまで成長したんですよね。第2次産業で、働いている時間が長いほど、たくさん生産できて、たくさん売れるという経済モデルでは、長時間労働できる社員が合理的なんですよね。家庭もそうした企業社会を支えるために最適化していった。働く母親は社会的に奨励されていなかった。そうした経済の原則から、文化もつくられていった。

母親のみが子育ての責任を負うモデルは戦後つくられたものなんですよね。たかだか、数十年の歴史にすぎない。専業主婦が最も多かったのは1970年代。そこから減っていって、いまは共働きの方が多くなっています。

日本史全体としては非常に短いものを、「伝統」「あるべき姿」みたいに言うことはナンセンス。古くから農業国家であった日本は妻も当然野良仕事をしていた。祖父母や親戚も含む家族全体で働き、子育てするという社会だった。真の伝統的、保守的な子育ては、共同養育なんですね。

第2次から第3次産業にシフトして、女性も働くのが当然。かつ日本は少子高齢化で労働人口が減り続ける。優秀な労働者が一人でも増えなくてはいけない。なのに日本はOECD先進国のなかで最も女性が働いていない国です。

女性が働くためには、男性が家事育児に参画する「共育て」が必ずセットになります。そのためには男性の働き方を変えるのが重要です。

ーー保育園問題に関心がある人は、参院選をどう判断して投票したらいいですか?

公約の比較はメディアを見ていただければ、いいかなと思うんですけども。保育士の給与については、基本的には、自民党は1人あたり6千円アップ、ベテランの人たちは最大4万円アップしますよと約束しています。民進党を中心とした野党は5万円アップしますよと言っています。比べていただけるといいかなと思う。


参院選の争点は、子育て支援だけではありません。これからの日本のために、どう予算を配分していくべきか。選挙はその方向性を有権者が決める場でもあります。以下に、保育園をめぐる各党の公約をまとめました。

保育園をめぐる各党の公約集

自民「保育の受け皿を50万人分増やす」
民進・社民「保育士の月給を5万円引き上げ」
公明「保育の受け皿を拡大」
共産「30万人分の認可保育所を緊急に増設。保育士の給与を5年で10万円引き上げ」
おおさか維新「分権化の徹底と規制緩和で待機児童問題を解決」
生活の党「保育士育成を充実」
日本のこころ「保育士への支援拡大」

友だち追加数


バズフィード・ジャパン アダプテーション・リポーター

Saki Mizorokiに連絡する メールアドレス:saki.mizoroki@buzzfeed.com.

Akiko Chinoに連絡する メールアドレス:Akiko.CHINO@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.