back to top

バターが今年も不足! 毎年、「緊急輸入」しないといけない政治的な理由は

2月には「足りている」と言っていた農水省ですが...

国がバターを3年連続で緊急輸入することを決めた。前年度にあたる今年2月、農水省はBuzzFeedの取材に「バターは足りています」と断言していた。たった4ヶ月で、なにが起きたの?

「1人1個」とバターの販売を制限するスーパーも多かった2月。BuzzFeedの取材に農林水産省の担当者は「足りている」と話した。スーパーに聞くと「まとめ買いを防ぎたいから」だった。

ところが、国は5月31日、3年連続でバターを緊急輸入すると発表した。その量は6千トン。もともと今年度は7千トン輸入するはずだったので、倍近くになる。

たった4ヶ月で「足りている」から緊急輸入に舵を切った理由は?BuzzFeed Newsは農水省に、改めて取材した。

緊急輸入って?

そもそも、1993年に合意した貿易の決まり(ガットのウルグアイ・ラウンド交渉)で、日本は毎年一定量のバターを輸入すること義務付けられている。

その枠組みでの輸入が今年度はこの7千トン。で、足りなそうな場合、年3回、追加で輸入するかを判断している。それが今回は6千トン。

義務の枠外の輸入なので、メディアは「緊急輸入」「追加輸入」と報道した。緊急輸入は3年連続になる。

なんで?

業界団体「Jミルク」は、秋ぐらいに4千トンぐらい足りなくなりそうだと予想した。

農水省は、猛暑で牛乳の売れ行きがよくなったり、牛の乳の出が悪くなったりすることにも備えて、6千トンの輸入を決めたという。

いまは「足りている」

ただ、足元では「足りていますよ。店頭に並んでいて、安売りしているという話も聞きます」と農水省の担当者。じゃあ、なんで今後不足しそうなんでしょう?

バターは、ケーキの消費が増える冬場に向けて需要が増えるから。でも、それは毎年のことでは? なんで、緊急輸入?

根本的な原因は

もっと根本的な原因があった。生乳の不足だ。

酪農家はここ10年で4割も減った。生乳の生産も減少傾向にある。なのに、乳製品を輸入しようとすると、高い関税がかかる。

450グラム400円ほどのバターなら960円ぐらいになっちゃう!

関税によって、農水省は「国内の酪農業界を保護できる」と主張しているが、実際のところ、酪農家は減っている。じゃあ、この制度は必要なんでしょうか?

独特な流通のしくみ

実は、生乳の流通はちょっと変わっている。「指定団体」と呼ばれる全国10農協が、地域ごとに生産量や用途を決めている。

酪農家から生乳を集めたり、乳業メーカーと価格交渉したり。95%が農協経由で流通し、ほぼ独占している。

酪農家は農協に出荷しないと補助金が受け取れない。(バター向けの生乳の場合、1キログラムあたり12.69円)

この制度ができたのは、なんと半世紀前!日経新聞は「前近代的」と批判する。

この3月末には政府の規制改革会議も、指定団体制度を廃止したほうがいいと勧める案を出した。酪農家がそれぞれ自由に商売し、競争すれば良い、という考えだ。

参院選の足音

でも、5月に提言をまとめた際には、「廃止」の文言はなく、結論を秋まで先送りにした。

日経新聞は「7月の参院選への悪影響を懸念した自民党の農林議員らが猛反発」したと指摘している。

つまり、選挙に勝ちたい議員たちが、応援してくれる農協が嫌がりそうな改革を拒否した、ということ。

酪農家を守り、日本国内で食糧をまかなう「自給率」を上げる政策。だが、実際には酪農家は減り、生乳の生産量は減り、バターは高く、不足する。

というわけで、このままいけば、来年の今頃には、「4年連続の緊急輸入!」というニュースが流れるかもしれない。

友だち追加数


バズフィード・ジャパン アダプテーション・リポーター

Saki Mizorokiに連絡する メールアドレス:saki.mizoroki@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.