go to content

Apple発表会、事前の報道通りの展開 4インチiPhoneは31日に発売へ

9.7インチの新iPadProも発表。AppleWatchは値下げ

Appleは3月21日午前10時(現地時間、日本時間22日午前2時)、米カリフォルニアの本社で新商品の発表会を開いた。新型iPhoneは既報のとおり4インチの小型「iPhoneSE」。その他の発表はApplewatchの値下げなどで、サプライズはなかった。

iPhoneSEのサイズはiPhone5と同じ。1グラム重い113グラムだった。一方、性能は6Sと同じA9チップを搭載。4Kビデオ撮影、12メガピクセルカメラ、True Toneフラッシュなどの機能がつく。

24日から注文を受け、31日に発売する。色はシルバー、ゴールド、スペースグレイ、ローズゴールド。16GBが5万2800円、64GBが6万4800円(いずれも税別)だ。

Appleは過去1年で、4インチのiPhoneが3千万台売れたことを明らかにした。グレッグ・ジョズウィアック氏は「小さい電話を好む人たちがおり、4インチを続けて欲しいという要望があった」と話した。

小型のiPad Proも発表。9.7インチディスプレーで、437グラムからと軽量だ。色はiPhoneSEと同じ4色そろえ、32GBが6万6800円、128GBが8万4800円から。

いまのiPadProと同様に、キーボード「Smart Keyboard」やタッチペン「Apple Pencil」とつないで使える。フィリップ・シラー上級副社長は、これまで9.7インチのiPadは2億台売れたことを明らかに。iPadProの購入者はウィンドウズのパソコンからの乗り換えが多かったと話し、新iPadProで「ウィンドウズに完全に取って代われる」と胸をはった。

AppleWatchは値下げが発表された。Watch SPORTタイプは、38ミリケースが3万6800円、42ミリが4万2800円となる。いずれも6千円の値下げだ。新しいバンドも登場。ステンレススチールメッシュを織り込んだ「ミラネーゼループ」、ナイロン製の「ウーブンナイロン」などが追加された。

AppleWatchは発表会で、商品として、一番最初に紹介された。クックCEOは、AppleWatchは市場に受け入れられているとしたが、iPhoneやiPadとは違い、これまで販売した個数に言及しなかった。

クックCEOは冒頭、4月1日にAppleが40周年を迎えると紹介し、10億台のAppleデバイスが使われていると胸をはった。また発表会の最後には、同所での発表会はおそらく最後となると話し、2017年に移る新社屋のイメージ図で発表会を締めくくった。


バズフィード・ジャパン アダプテーション・リポーター

Saki Mizorokiに連絡する メールアドレス:saki.mizoroki@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.