back to top

シリア人写真家が世界に向けた最後の手紙「希望はまだあります」

妻が他界した4日後、彼は息を引き取った。生後2週間の娘を残して。

9月2日、アハマドさんが世界に向けて書いたメッセージがFacebookに載った。

私の名前はシャメル・アル・アハマドです。35歳、結婚して、子どもが2人います。

私の人生はある時、一変しました。シリア政権の治安部隊がバイダ村とバニヤース市で人々を侮辱し、頭を踏みつけて進む動画を見たときです。

2012年7月、自由シリア軍が私の街、アレッポに展開しました。私は政権軍に逮捕されるんじゃないか、拘束されるんじゃないか、と頭がいっぱいになりました。

政権の支配外となり、私は身元を隠さなくてよくなりました。拘束の危険はなくなりました。

しかし街は政権が全政敵を攻撃する場所に成り果てました。迫撃砲、戦闘機、樽爆弾、スカッドミサイルまで。

こうした殺戮兵器をカメラに収めました。これらの写真が起きていることを伝えれば、国際社会が行動を起こしてくれる、少なくとも市民を助けてくれる、そう思いました。

しかし、最近、希望はないと悟りました。

過激派組織イスラム国(ISIS)が祖国の一部を支配下に置きました。我々の自由を求める戦いに終わりはないだろうと覚悟しました。アサド政権だけが唯一の問題ではないのです。

私は「ライフ・メーカー」という集まりに加わりました。社会発展に取り組み、人々に新しい現実に慣れてもらうんです。戦争という現実に。

落胆し、落ち込むこともあります。希望を失うこともあります。友人や革命の兄弟たちは私の希望や力の源です。彼らと過ごすことで、絶望から這い上がろうとしています。

数ヶ月前、ある人から一緒にボートでヨーロッパに逃げないかと持ちかけられました。何回も話し合い、申し出を受けようとも思いました。でも最後に、ノーと言ったのです。

シリアは私の祖国です。私の大義です。

でも、このような極限状態において、2人の我が子を危険にさらすことは、絶対にできません。子どもは私の全てです。

ある友人は2015年後半、ドイツに逃げました。幸せそうに見えます。毎週スカイプで話し、私も後に続くべきだと言われ続けました。私は断り続けたのです。

こんなに逃れるべき理由があって、しかもそれは日々高まっているけれど、私は祖国を離れては生きられない人間なんです。アレッポは私の一部です。離れるわけにはいきません。アレッポがこんな戦慄に直面していることが悲しい。

でも私はまだここで自由の息をすることができます。

友人たちを失いました。いまも失い続けています。悲しい。特に親しい友人たち、革命の兄弟たち。多くの人たちは希望を失い、前に進むことができなくなっています。彼らを責めるわけにはいきません。でも、彼らが周りにいてくれなくなったことが、ただ悲しい。

逃げることを決断し、亡命を求める人たちに反対するわけではありません。だって、そうせざるを得なかったんですから。

私は、ただ、働くことも、目的もなく、そこで生活を楽しむという考えができないのです。祖国のために働くという目的なく。彼らが受け入れ先のコミュニティーの重荷になってほしくありません。

最後に。シリアに留まることはもはや容易いことではありません。この入り組んだ物語がどう終わるのか、誰も知らないからです。しかし、戦いを続ける希望はまだあります。

だが、この記事が載った9月2日。彼は空爆で負った傷が原因で、息を引き取った。まだ35歳だった。

4日前には妻を失っていた。アサド政権とロシア軍による空爆が原因だったという。

2歳と5歳の子どもが残された。

そして、妻は妊娠9ヶ月だった。亡くなる数日前、緊急救命室で女の子を出産していた。だが、この子にもう両親はいない。

facebook.com

アハマドさんが亡くなった日。アレッポの街は彼の死を悼む人たちで溢れた。

Aleppo protestors mourn AMC photographer Shamel Ahmad. He leaves behind 2wk old daughter Tala. v @SheroAlo1.

アハマドさんは、反体制派団体アレッポ・メディア・センター(AMC)を創立した一人だった。救急車内で男の子が埃と血にまみれて呆然とする動画は8月、世界中に衝撃を与えた。配信したのがAMCだった。

Facebook: video.php

「この入り組んだ物語がどう終わるのか、誰も知らない」。アハマドさんの言う通りかも知れない。でも、彼はこうも書き残している。「希望はまだあります」

شهيد .. شامل الأحمد لحق بزوجته التي سبقته قبل أربعة أيام. أي عشق هذا العشق الذي جمع بينهما في الحياة والموت.

バズフィード・ジャパン アダプテーション・スタッフ

Saki Mizorokiに連絡する メールアドレス:saki.mizoroki@buzzfeed.com.

Rachael Krishna is a reporter for BuzzFeed News and is based in London.

Rachael Krishnaに連絡する メールアドレス:rachael.krishna@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.