新iPhoneで動画を撮るなら、買うべきはこれ

    9月20日に発売されたiPhone 11 Pro MaxとOsmo Mobile 3で撮影に出かけてみたら、その快適さにびっくりしました。

    ※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がBuzzFeedに還元されることがあります。

    超広角レンズもついたiPhone 11 Pro。9月20日の発売日には各Apple Storeで行列ができたようですが、みなさんはもう手に入れましたか? ぼくも発売日に手に入れて楽しいiPhoneライフを送っています。

    バッテリーの持ちやディスプレイの美しさなど注目する点はいくつかありますが、やはり気になるのがカメラ。いくつか撮ってみましたが、やはり広角の良さは秀でていますね。

    Ryo Yamaguchi

    たまたま足を運んだ青山ファーマーズマーケットのあたり。

    で、話題になっていたジンバル「Osmo Mobile 3」を入手したので、合わせて紹介していこうと思います。iPhone自体もすごく良いのですが、Osmo Mobile 3の機能性もこれまたすっごく良かったです。

    こんな風にぐにゃぐにゃ動く「ジンバル」

    Ryo Yamaguchi

    「ジンバル」という言葉に馴染みのない方もいらっしゃるかと思いますが、ざっくりいうと「揺れを減らしてスムーズな撮影を可能にする、スマホグッズ」といったものです。

    上の画像のように、いくら腕が動いてもブレない。これによってよりキレイな撮影ができるんですね。

    で、このOsmo Mobile 3のどこが良いかというと……

    折りたたみ可能でコンパクトに!

    Ryo Yamaguchi

    この手のジンバルといえば撮影には便利だけど、折りたたみ不可でサイズが大きく、バッグに入れるにはちょっと……といったものばかりでした。それがこのOsmo Moblie 3で解決。

    折りたたみができるようになったことで、小さいバッグでもすっぽり入るサイズ感になりました。また、重さも80gほど軽くなって405g。iPhone Pro Maxを2つぶん、それよりちょっと軽いくらいですね。

    片手で操作ラクラク!

    Ryo Yamaguchi

    このように縦も横も、片手ひとつ、ボタンひとつで操作可能です。それ以外にも録画開始、角度の調整、ズームイン / ズームアウトの操作も。

    対象を認識して追尾もできちゃう!

    Ryo Yamaguchi

    公式アプリを利用して撮影する際に、対象を追尾させることもできます。スマホ画面をなぞるだけでオッケー。

    バッグに入れて、撮影に出かけてみました。

    「Osmo Mobile 3」を手に入れたのでふらふらして撮ってみた。折りたたみ式ジンバルなので、バッグに入れて気になったときに取り出すだけ。気軽に撮れるのいいな。

    Ryo Yamaguchi

    コンパクトに折りたたんで持ち運びできるので、気になった場面でさっと撮影することができました。軽いのでそこまでつらくないですしね。これはいいな〜〜〜。

    iPhone 11 Pro Maxの写真の良さはプロも驚くクオリティですが、これなら動画もいい感じで撮れちゃいそうですね。4Kにも対応してるし。

    スマホでクオリティの高い動画を撮りたいなら、この「Osmo Mobile 3」を検討してみてはいかがでしょうか。

    ※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がBuzzFeedに還元されることがあります。