胎児と手を繋いでみたい。人気エッセイスト・犬山紙子さん、お腹に描かれた絵がリアル

日に日に大きくなるお腹、何か作品を残したいと思い……。

「スッキリ!!」などでコメンテーターを務めるエッセイスト・犬山紙子さんが1月6日、女児を出産。実は出産前、そのふくらむお腹にはこんな絵が描かれていました。

まるで、そこに胎児がいるかのよう。

Photograph by YOU ISHII, Illustration by Hikaru Cho

日に日に大きくなるお腹を見て、「このどこかマヌケでハンプティダンプティみたいな姿は、ゆくゆく愛おしいものとして思い出すのだろうなと思い、何か作品に残したい」と考えたそうです。

描いたのは、リアル過ぎるボディペイントで有名なチョーヒカルさん。

絵描いてたら絵の具余ったので顔割ってあそびました

顔がひび割れたり、手の甲に口ができたりといった作品を公開し、インターネットでたびたび話題になった人です。HPにはリアルな作品がずらり

そんな彼女に描いてもらえたら最高じゃないかと、犬山さんはコンタクトしたました。「ボディペイントをやる人間として、妊婦さんのお腹というのは憧れのキャンバス」と、チョーヒカルさんは快諾。

「いつかいつか、と思いながら機会に恵まれない中、今回著作でも存じ上げていた犬山さんからお声がけいただき、光栄でした」

Photograph by YOU ISHII, Illustration by Hikaru Cho

胎児と手を繋いでみたいという夢がかなった犬山さんは、チョーヒカルさんのことをドラえもんのような人だといいます。

そして撮影を終えた一週間後、予定日より早く出産。ホームページでは赤ちゃんの写真もちょっとだけ公開しました。犬山さんは、その手をにぎってこうつぶやいたそうです。

「でも、お前が胎児の時にも手をつないだことがあるんだよ」