Updated on 2019年10月2日. Posted on 2019年10月2日

    関西電力役員が小判を受領「ウチの“山吹色のお菓子”を使っていれば…」

    小判を模した「山吹色のお菓子」を販売する、有限会社「セントラル・スコープ」代表の野原実さんを直撃した。

    関西電力の役員らが、高浜原発のある福井・高浜町の元助役から金品を受領していた問題。現金や商品券以外に、小判や金の延べ棒まで贈られていたことが明らかになった。

    小判と言えば、時代劇で悪代官が袖の下として受け取る「山吹色のお菓子」。

    BuzzFeedは、今回の一件でにわかに注目を集める「山吹色のお菓子」を模した贈答品を販売する、有限会社「セントラル・スコープ」(埼玉県朝霞市)代表の野原実さんを直撃した。

    セントラル・スコープ

    これが本当の「山吹色のお菓子」だ!

    YouTuber効果で注文殺到

    「山吹色のお菓子」と言えば、時代劇などで「ワイロ」を意味する隠語。野原さんは時代劇を見ている時に「誰も売っていないなら、自分たちで売ってみようか」と商品化を思い立った。

    2007年ごろに販売を始め、ジョーク商品として徐々に浸透。企業や個人、変わったところでは銀座のホステスからも引き合いがある。

    上司に渡したところ「おもしろいヤツ」と見込まれ、宴会係を任命された会社員もいるという。

    「知る人ぞ知るお菓子でしたが、去年YouTuberのヒカルさんに取り上げられた時には注文が殺到しました」

    YouTubeでこの動画を見る

    ヒカル(Hikaru) / Via youtu.be

    総額〇〇円の小判?店長にガチで山吹色のお菓子渡してみた結果ww

    ゴマスリ用の腹黒いお菓子

    冗談のようなお菓子だが、コンセプトは細部に至るまでこだわり抜かれている。

    高級感あふれる箱のなかには、9つの小判。樹脂製の小判風ケースを開けると、焼き菓子のダックワーズが姿を現す。クリームに使われているのは黒ゴマだ。

    セントラル・スコープ

    公式サイトには、こんな風にうたわれている。

    《勘の良いお客様ならもう言わずもがな…ゴマスリ用の腹黒いお菓子でございます。『山吹色のお菓子』の意味通り、袖の下としてお客様のお役にたてれば幸甚に存じます》

    値段は税抜き3千円と決して安くはないが、これさえあれば「お主も悪よのう」と悪代官ごっこを堪能できる。

    関電社長「お菓子かと思ったら…」

    時事通信

    金品受領問題で記者会見する関西電力の岩根茂樹社長

    各社の報道によると、関電の役員らが受領した金品の総額はおよそ3億2000万円分。

    10月2日の記者会見では、岩根茂樹社長の口から「お菓子なのかと思っていたら下に金貨が入っていて驚いた」という言葉も飛び出した。

    野原さんは「ウチのお菓子を使っていたら、笑って許してもらえたのに…。『山吹色のお菓子』は“実弾”ではないので、受け取っても怒られませんよ!」と話している。

    セントラル・スコープ

    BuzzFeed Daily

    Keep up with the latest daily buzz with the BuzzFeed Daily newsletter!

    Newsletter signup form