• mediaandjournalism badge

川崎殺傷「容疑者宅にテレビやゲーム機」報道に「ウチにもある」と批判殺到

フジテレビ系と日本テレビ系で相次いだ報道。炎上はなぜ起きたのか

川崎市登戸の路上で児童ら19人が相次いで殺傷された事件をめぐり、メディアの報道姿勢に批判が殺到している。

フジテレビ系のFNN PRIMEは5月30日午後5時10分に「部屋にテレビとゲーム機 岩崎容疑者の自宅」と題した記事を配信。

《警察は29日、岩崎隆一容疑者(51)の自宅に捜索に入ったが、部屋は整然と整理されていて、テレビのほか、ポータブルのゲーム機やテレビにつないで遊ぶゲーム機などもあったことが新たにわかった》と報じた。

部屋にテレビとゲーム機 岩崎容疑者の自宅 https://t.co/aNelJEIcwm #FNN

また日本テレビ系の日テレNEWS24も、午後5時49分配信の「川崎死傷 男の自宅からテレビやゲーム機」というニュースで、以下のように報じている。

《警察が29日、岩崎容疑者の自宅を家宅捜索したところ、部屋からテレビやゲーム機が見つかったという》

川崎死傷 男の自宅からテレビやゲーム機 https://t.co/MCuNsuSpDU #日テレNEWS24 #ntv

これらの報道に対し、Twitter上では「テレビやゲーム機があるのは普通」「うちにだってある」「つまりテレビが危険ってことですね」と疑問の声が相次いだ。

《うちにだってあるわテレビやゲーム機》

だからそういう報道やめろって言ってるんだよ テレビやゲーム機があったからなんなのさ。なんで暗に、アニメやゲームに関わった人間は殺人をするみたいに言うんじゃ。 うちにだってあるわテレビやゲーム機。

「まさか犯人の家には冷蔵庫もあったのでは?」「冷蔵庫と電子レンジがあることも判明した。寝るときは枕を使っていたようだ、とかも全部報道すればいい」と、ありふれた家電などを引き合いに出した皮肉も拡散。

30日夜には「テレビとゲーム機」という言葉が、Twitterのトレンドに入った。

《白米を食べていた恐れもある》

テレビとゲーム機を所持していたと聞いて震えてる… まさか犯人の家には冷蔵庫もあったのでは?電子レンジとかポットも… それに白米を食べていた恐れもあるし、ましてやパンを食べて生活していた可能性もあるし、新聞なんてものを読んでいた暁には大問題だ。規制も視野に入れなければならないと思う。

《「冷蔵庫と電子レンジがあることも判明した。寝るときは枕を使っていたようだ」とかも全部報道すればいい》

だから何だよ(笑)。いっそのこと「岩崎氏の自宅に冷蔵庫と電子レンジがあることも判明した。寝るときは枕を使っていたようだ。」とかも全部報道すればいいよ。 部屋にテレビとゲーム機 岩崎容疑者の自宅 - FNNプライムオンライン https://t.co/WA4UcQXR8A #FNN

宮崎勤事件とオタクバッシング

こうした報道はいまに始まったものではない。

1988〜89年に起きた東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件では、宮崎勤元死刑囚の部屋に残された雑誌の山や、うず高く積まれたビデオテープなどが報じられ、オタクへのバッシングが巻き起こった。

その後も凶悪犯罪や大きな事件が起きるたび、メディアは容疑者宅から押収されたマンガやゲームなどを報道。「犯行への影響」を印象づけるような報じ方も少なくなかった。

時事通信

連続幼女誘拐殺人事件の宮崎勤被告に対する初公判を傍聴しようと、東京地裁で長蛇の列をつくる人たち

変わったオタクへの意識

しかし、宮崎事件後の30年で、アニメやマンガ、ゲームは当たり前のものとなった。

楽天が今年4月、フリマアプリ「ラクマ」利用者の女子高校生1230人を対象の実施したアンケートでは、「自分は〇〇オタクだと言えるものがありますか?」という質問に、女子高生の83.5%が「ある」と回答した。

ラクマ

「オタクにどんな印象を持っていますか?」という問いにも、

「尊敬できる」(13.5%)

「好きなこと、夢中になれるものがあるのは良いことだ」(67.9%)

計81.4%が肯定的な回答を寄せている。

ラクマ

アプリ利用者へのアンケートだから、サンプルには偏りがある。30年前と比べて「オタク」の定義が変わってきている面もあるだろう。

それでも、オタク趣味が決して「特殊」なものでなくなりつつあるのは確かだ。

にもかかわらず、従来通りの押収品報道が「伝統芸能」のように続けられている。

今回の炎上によって、メディアと実社会との認識の落差が、はからずも浮き彫りになったかたちだ。

続報圧力と内向きの競争

FNN PRIMEの画面から

フジテレビ系のFNN PRIMEの報道

もうひとつ、今回の報道の背景として考えられるのが、メディア内の「続報圧力」と、報道各社の「内向きのスクープ合戦」だ。

社会的な影響の大きな事件であればあるほど、現場の記者は絶え間なく「続報」を出すことが強く求められる。

新聞であれば夕刊、朝刊。テレビであれば朝昼夕や夜のニュース番組へ。新たなネタを仕入れるべく、記者は捜査関係者に夜討ち朝駆けし、情報収集に奔走する。

視聴者不在の思考停止

日テレNEWS24の画面から

日本テレビ系の日テレNEWS24の報道

筆者もかつて、新聞社で事件記者をしていた時期がある。取材競争の厳しさと、続報を求める圧力の強さは身をもって体験した。

競争が健全に働けば、そこから価値あるスクープが生まれることもある。

一方で「逮捕へ」を他社よりも半日早く書くとか、「現場で白い車が目撃された」とか、読者不在の「抜き」「抜かれ」レースに追われ、取材現場が思考停止に陥ってしまうこともある。

続報を出すことが自己目的化すると、「その情報は社会にとってどんな意義があるのか」という、報道機関にとって一番大切な視点が抜け落ちてしまう。

今回の「テレビやゲーム機があった」というニュースには、どんな意味があったのだろう。

むやみに続報を出し続けるよりも、「一回休み」の後により深い詳報を世に問う方が、よほど意義があるのではないか。

Contact Ryosuke Kamba at ryosuke.kamba@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here