back to top

【西日本豪雨】思い出の写真が水びたしになったら… 写真家が洗浄マニュアル公開中

「多くのものを失ってしまったからこそ、写真だけでも取り戻したいと思う人が多くいる」

西日本を襲った記録的な豪雨。自宅が被害に遭い、思い出の写真が水びたしになってしまった人もいるだろう。

濡れ、汚れてしまった写真はどう修復すべきか。写真家の高橋宗正さんがネット上で公開している、写真の洗浄マニュアルが参考になる。

BuzzFeed Newsは、高橋さんの許可を得てマニュアルを転載する。

『津波、写真、それから』(赤々舎)より
『津波、写真、それから』(赤々舎)より
『津波、写真、それから』(赤々舎)より
『津波、写真、それから』(赤々舎)より
『津波、写真、それから』(赤々舎)より

せめて、写真だけでも

高橋さんは東日本大震災の際、汚れてしまった写真をきれいに洗い、複写して持ち主に返すボランティアに取り組んだ。

活動を通じて、「多くのものを失ってしまったからこそ、写真だけでも取り戻したいと思う人が多くいることを知った」という。

泥だらけになった写真でも、うまく洗えば綺麗になる。そのことを伝えたくて、2014年に刊行した書籍『津波、写真、それから ーLOST & FOUND PROJECT』に洗浄マニュアルを収録した。

より多くの人に役立ててもらおうと、昨年9月にはマニュアル部分をネットで無償公開。今回の西日本豪雨を受け、7月9日にTwitterでも拡散した。

「写真を洗うやり方を公開しておけば、誰かがいつか使うようになるかもしれない。今回の水害でも必要になるかもと思い、情報をネットに投稿しました」

【よかったらどうぞ】 東日本大震災のときの経験をもとに作った、水に流された写真の洗浄マニュアルです。 こちらからpdfのダウンロードもできます。 https://t.co/s3oSa0ZlZl

赤々舎という出版社から出た本に掲載されたものですが、出版社からもマニュアルを作ってくれたデザイナーさんからも、いろんなとこで共有していいよと言ってもらっているものです。 基本は 水で洗う→乾かす というシンプル手順です。 写真の表面がバクテリアに食われる前に洗うときれいになります。

BuzzFeed JapanNews

Ryosuke Kambaに連絡する メールアドレス:ryosuke.kamba@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.