• odekake badge

【松江・出雲・有福温泉】島根旅行で選ばれているクチコミ評価が高い宿4選

日本随一のパワースポット「出雲大社」をはじめとする観光スポットに豊かな自然が育む山海の幸……。旅の魅力がギュッと詰まった島根県には、素晴らしい宿がたくさん。中でもクチコミで高い評価を受けている4宿を厳選してご紹介します。※お出かけの際は十分なご留意と感染対策にご配慮をお願いいたします。

※新型コロナウイルスの影響により、施設・店舗の営業内容が一時的に変更・休止となる場合がございます。最新情報は施設・店舗にご確認いただくとともに、お出かけの際は感染対策にご配慮をお願いします。

Dan Noguchi / BuzzFeed

\紹介するのはここ/

【1】皆美館
【2】天然温泉 大社の湯 お宿 月夜のうさぎ
【3】なにわ一水
【4】旅館ぬしや

【1】文人墨客を虜にした老舗旅館「皆美館」

Dan Noguchi / BuzzFeed

かつて泊まった詩人・島崎藤村は松江の美しさと皆美館のもてなしに心打たれ、3泊の予定を5泊に伸ばしたとか。多くの文人墨客に愛され、以来130年以上続く皆美館は島根・松江が誇る老舗旅館です。クチコミでも「部屋・食事とも素晴らしかった」「行き届いたサービスと美味しい料理で、日頃の疲れをすっかり癒やすことができました」と高評価。

Dan Noguchi / BuzzFeed

館内には至る所にかつて宿泊した著名人たちが残していった作品などが飾られています。1階の「いにしえラウンジ古都里」にもずらり。こちらには棟方志功、司馬遼太郎、岡本太郎などの作品がありました。今回は「宍道湖ビューに癒やされる【大人の休日】プラン」(31680円〜・税込)をご紹介します。

食こそが皆美館の真骨頂。山陰の幸をいただきましょう

Dan Noguchi / BuzzFeed
Dan Noguchi / BuzzFeed

料亭旅館として代々続いてきた皆美館は、言うなれば和のオーベルジュ。つまり食を中心に楽しむお宿です。個室でゆっくりといただく会席は極上の地元食材がふんだんに使われ、古くから松江に伝わる郷土の味も取り入れながら仕立てられたもの。技巧が凝らされた料理の数々は、旅一番の思い出になることでしょう。

ふと横を見やれば自慢のお庭が

Dan Noguchi / BuzzFeed

皆美館は母屋と宍道湖の間にある立派な日本庭園も有名。お食事をいただく「庭園茶寮みなみ」はこちらに面しており、眺めも楽しめます。庭園は樹齢300年以上になるという出雲松を中心とした枯山水式で、庭園内には山口誓子の句碑も飾られています。

静かな湖畔を眺める贅沢なお部屋に感動

Dan Noguchi / BuzzFeed

こちらは、全16室あるうち最上階に位置するレイクビュースイートの「向月」(75平米)。雪見障子越しに宍道湖を眺めながら温泉に浸かれる贅沢なツインルームです。ベッドのマットレスにはシモンズを採用しています。

Dan Noguchi / BuzzFeed

温泉はしんじ湖温泉。地下1250メートル以上から湧き出る天然温泉で、実は湯本は離れたところにありますが、わざわざここまで引いているのだとか。また部屋着は浴衣のほか、綿で出来たサラサラの着心地が気持ちいいオリジナルのパンツスーツも用意。こちらは近隣へ散歩したりすることも想定して作られているしっかりしたものです。

名物の皆美家伝「鯛めし」が朝食を彩ります

Dan Noguchi / BuzzFeed

松江城七代目藩主「松平不昧公」にまつわる文献を参考に初代板前長が考案し、130年間受け継いできた家伝「鯛めし」が朝食の主役。丁寧にとった出汁を掛けると鯛そぼろの旨みが茶碗一杯に広がり、とても滋味深い味わい。朝から手の込んだお料理をいただけばエネルギー満タン。食に文化に贅を尽くした宿泊体験を求めるならぜひ皆美館へ。期待以上のおもてなしで身も心も大満足させてくれますよ。

女将・皆美さんより

「コロナ禍にあっても和のオーベルジュとして最上のおもてなしをご提供できるよう、消毒や換気はもちろん、従業員の体調管理の徹底、ゆとりを持った席の配置、アクリル板の設置など、できうる限りの手を尽くしてお客様をお迎えしております。ご縁が御座いましたらぜひ当館へお越しくださいませ」

宿の情報&予約はこちらから👇

「皆美館」

※Yahoo!トラベルのプランはこちら👈

※一休のプランはこちら👈

住所:島根県松江市末次本町14番地

アクセス:JR松江駅よりバス「松江しんじ湖温泉行」ほか大橋北詰下車徒歩1分

部屋数:16室

アメニティ:タオル・バスタオル、バスローブ、ハミガキセット、シャンプー・リンス、ボディソープ、髭剃り、ボディタオル・ウォッシュタオル、シャワーキャップ、綿棒、コットン、ブラシ、シェービング・フォーム、洗顔料、化粧水、乳液、メイク落としドライヤー、ナイトウェア、浴衣、湯沸しポット、テレビ、衛星放送、金庫、朝刊無料、冷蔵庫、お茶セット(無料)※アメニティーはプランによって異なります。詳細はプラン詳細にてご確認ください。

紹介した部屋のコンセント:8箇所12口

予算:1万4960円(税込)〜

※新型コロナウイルスの影響により、施設・店舗の営業内容が一時的に変更・休止となる場合がございます。最新情報は施設・店舗にご確認いただくとともに、お出かけの際は感染対策にご配慮をお願いします。

【2】出雲大社参拝の拠点に最適「天然温泉 大社の湯 お宿 月夜のうさぎ」

Dan Noguchi / BuzzFeed

島根旅行であれば、出雲大社への参拝を旅のメインに据えている人は多いことでしょう。参道のお土産屋さんや周辺の関連スポットまでくまなく見て回ろうとすると1日掛かり。そんなとき、出雲大社の勢溜の大鳥居から徒歩8分の月夜のうさぎは貴重な存在。女性やカップルに人気となっているお宿です。

Dan Noguchi / BuzzFeed

出雲大社に祀られている大国主命(オオクニヌシノミコト)と縁のあるウサギをモチーフにした、和モダンな全館畳敷き。エントランスや月見台のほか、館内の至る所にウサギが隠れていて、かわいらしいんです。1泊2食付きの一番基本的なプランで1名17700円(税込)〜。その魅力をご紹介します。

浴室が7つ。館内で温泉巡りができちゃいます

Dan Noguchi / BuzzFeed
Dan Noguchi / BuzzFeed

歩き疲れた身体を癒やしてくれるのは何より気持ちの良い温泉。天然温泉・大社の湯をはじめ、全部で9つのお風呂に入ることができます。月夜のうさぎの大浴場(男女)と無料の貸し切り風呂5つ(内1か所調整のため利用不可※取材時)、隣接する系列宿の大浴場(男女)にも入浴が可能。一度も外に出ることなく、館内で温泉巡りができてしまうんです。湯上がりサービスでアイスもいただけちゃいますよ。

お部屋は和洋のツインルーム

Dan Noguchi / BuzzFeed
Dan Noguchi / BuzzFeed

お部屋は和室ですがベッドというのが過ごしやすいですね。嬉しいのが、枕の貸し出しを行っていること。備長炭枕や竹炭枕、ひのき枕など5種類ほどありますので、枕が合わないと寝られないという人でも安心。また、タオル類は最初からすべて湯かごにまとめてくれているので、お風呂へはこれを持っていくだけ。こうしたちょっとした心遣いがクチコミの高さにも繋がっているんでしょうね。「部屋もお風呂も綺麗で1泊ではもったいない!」という声が印象的でした。

食事は広いレストランでバイキングをいただきます

Ryo Ishii / BuzzFeed

月夜のうさぎの食事は楽しいバイキング。普段であれば大皿で提供していますが、現在は最初から小鉢に取り分けてラップをするなど感染対策をした上で運営されています。でも、味は普段通りですから安心してください。メニュー数も60〜70種類と充実しています。(内容は季節によって変わります)

Dan Noguchi / BuzzFeed
Ryo Ishii / BuzzFeed

天ぷらやステーキなどの料理は目の前で作るアツアツを提供していますし、ご飯や汁物もスタッフの方がその都度よそってくれるんです。ちなみにレストランは100席を優に超える広いスペース。ソーシャルディスタンスもしっかり保たれています。コロナ対策含め、かゆいところに手が届く対応力はさすが。こういった安心して滞在できるお宿は嬉しいですね。

宿泊支配人・小川さんより

「当館では、新型コロナウィルス感染拡大防止のために『安心・安全の為の6 つの取り組み』を実施しております。スタッフの衛生健康管理はもちろん、お客 様には検温や消毒、マスク着用など、ご理解・ご協力を頂いております。最小接遇・最大満足をモットーにスタッフ全員で取り組んでおりますので、安心してお 越しくださいませ」※6つの取り組みの詳細につきましては共立リゾートHPに掲載しております。

宿の情報&予約はこちらから👇

「天然温泉 大社の湯 お宿 月夜のうさぎ」

※Yahoo!トラベルのプランはこちら👈

※一休のプランはこちら👈

住所:島根県出雲市大社町修理免字本郷1443-1

アクセス:JR山陰本線「出雲市駅」下車→路線バス20分→「正門前」下車→徒歩8分

部屋数:100室

アメニティ:タオル・バスタオル、ハミガキセット、シャンプー・リンス、ボディソープ・石鹸、髭剃り、綿棒、コットン、くし・ブラシ、ドライヤー、ナイトウェア、浴衣、湯沸しポット、テレビ、衛星放送、金庫、冷蔵庫、お茶セット(無料)、衣類の消臭スプレー※アメニティーはプランによって異なります。詳細はプラン詳細にてご確認ください。

紹介した部屋のコンセント:5箇所5口/USB2箇所2口

予算:6600円(税込)〜

※新型コロナウイルスの影響により、施設・店舗の営業内容が一時的に変更・休止となる場合がございます。最新情報は施設・店舗にご確認いただくとともに、お出かけの際は感染対策にご配慮をお願いします。

【3】全室レイクビュー。宍道湖の羨望を堪能できる「なにわ一水」

Dan Noguchi / BuzzFeed

松江市の松江しんじ湖温泉にある「なにわ一水」。宍道湖のほとりに建ち、どの部屋からでもその静かな湖畔を一望することができます。このお宿に泊まるなら、客室露天風呂付きのプランが一番のおすすめ。というわけでご紹介するのは「プレミアムしまね和牛づくし会席プラン <水と雲の抄【露天風呂付客室】和洋室>」(3万4100円〜・税込)です。

Dan Noguchi / BuzzFeed

エントランスを入ると、サーモグラフィーによる体温測定があり、コロナ対策をしっかりされていることが伺えます。チェックイン時には消毒用のアルコールスプレーと食事などの際にマスクを保管しておく袋も手渡されます。

部屋に入った瞬間、青い湖面が目に飛び込んできます

Dan Noguchi / BuzzFeed
Dan Noguchi / BuzzFeed

案内されたのは特別フロア「水と雲の抄」にある「雲の6」の和洋室。10畳間とツインのベッドルームを備えています。72平米の広々とした空間は一面がガラス張りで、宍道湖を一望。まるで湖畔に浮いているかのようです。この部屋に泊まった人のクチコミには「滞在中はテラスでお茶やコーヒーを飲み、宍道湖を眺めて過ごしました」とあり、確かにテラスで過ごす時間は格別です。

広々16平米のテラスからはこんな景色を臨めます

Dan Noguchi / BuzzFeed

写真の中心あたりに薄らと見えているのが嫁ヶ島。宍道湖に浮かぶ唯一の島です。部屋に備え付けられた双眼鏡を覗いてみると、周辺に野鳥を見つけることができたり、しじみ漁を見ることも可能。時間や季節によって表情を豊かに変える宍道湖を部屋にいながら体感できるのはなにわ一水の大きな魅力です。

大浴場でも松江しんじ湖温泉に浸かってゆっくり

Dan Noguchi / BuzzFeed

お部屋の露天風呂だけでも十分ですが、大浴場の広いお風呂に足を伸ばして入るのも醍醐味。岩風呂の露天は緑豊かでこちらもおすすめです。

しまね和牛をさまざまな味で食べ比べ!

Dan Noguchi / BuzzFeed
Dan Noguchi / BuzzFeed

この日いただいたのはブランド牛、しまね和牛をふんだんに使った会席。しまね和牛は脂身と赤身のバランスがよく、ジューシーながら肉の旨みをしっかりと味わえるお肉です。それを、しゃぶしゃぶやステーキだけでなく、ワイン煮込みや時雨煮など多様な調理でいただけるのが魅力。これにはお肉好きな人も大満足すること間違いなしでしょう。細やかな配慮と最高の眺め、美味しい食事が合わさったなにわ一水のおもてなし、ぜひ一度体感してみてください。

社長・勝谷さんより

「当館では、清掃時のオゾン発生器によるお部屋の除菌、全従業員及び業務にて入館する全ての方に対する健康チェック、お料理は蓋のついた食器を中心に使用するなど、様々な染症拡大防止対策を実施いたしております。お客様のご理解とご協力をいただきながら、皆さまに安心してご利用いただける旅館を目指して参ります」

宿の情報&予約はこちらから👇

「なにわ一水」

※Yahoo!トラベルのプランはこちら👈

※一休のプランはこちら👈

住所:島根県松江市千鳥町63

アクセス:松江駅より車で約10分

部屋数:25室

アメニティ:タオル・バスタオル、ハミガキセット、シャンプー・リンス、ボディソープ・石鹸、髭剃り、シャワーキャップ、くし・ブラシ、ドライヤー、浴衣、スリッパ、湯沸しポット、テレビ、金庫、お茶セット(無料)※アメニティーはプランによって異なります。詳細はプラン詳細にてご確認ください。

紹介した部屋のコンセント:11箇所22口

予算:8800円(税込)〜

※新型コロナウイルスの影響により、施設・店舗の営業内容が一時的に変更・休止となる場合がございます。最新情報は施設・店舗にご確認いただくとともに、お出かけの際は感染対策にご配慮をお願いします。

【4】古民家を移築した離れで大人の時間を「旅館ぬしや」

Dan Noguchi / BuzzFeed

1350年以上も前に開湯されたという有福温泉の奥。創業250年を超える旅館ぬしやは野趣溢れる山峡にひっそりと建っており、自然の中で何にもとらわれず、自分だけの時間を過ごせます。クチコミでは「配慮の行き届いたとても良い宿でした」とあり、気持ちが高まります。

木漏れ日が揺れる中庭がお出迎え

Dan Noguchi / BuzzFeed

母屋でチェックインを済ませると、案内されたのは立派な中庭。3000坪もある敷地の中心にある池はなんと自然のものなのだそう。もともとあった池を囲むように古民家を移築しているんですね。池を上から眺められるウッドデッキがあり、そこでコーヒーを飲んでぼうっと過ごすのも気持ちよさそうです。

古民家を移築した離れで非日常のひとときを

Dan Noguchi / BuzzFeed

ぬしやの部屋構成は本館に4室、別館となる離れに5室。今回選んだプランは「【スタンダード】四季を彩る旬の味覚『季節の創作会席』と歴史を纏う『美人の湯』で今宵、寛ぎのひと時を」(21000円〜・税込)。江戸時代から続く醤油屋の母屋を移築した離れの客室「もみじ」が今回の舞台です。

Dan Noguchi / BuzzFeed
Dan Noguchi / BuzzFeed

お部屋は8畳2間の伝統的な和室。緑豊かな自然を借景にした落ち着きある雰囲気が魅力です。沸かし湯の露天風呂に浸かっていると、まるで森の中でお風呂に入ってるよう。ちなみにこのお部屋、2012年に第83期棋聖戦5番勝負第3局の対局会場として使用され、羽生善治九段が新記録を達成したお部屋でもあるんです。

温泉は古くから知られる「美人の湯」

Dan Noguchi / BuzzFeed
Dan Noguchi / BuzzFeed

少なくとも1350年以上前から滾々と湧き出ている有福温泉は、古来より透き通るような美しい白肌をつくる「美人の湯」として知られています。無色無臭の単純アルカリ泉で、少しとろみのある質感。優しく全身を包んでくれます。大浴場の建物は江戸時代から続く造り酒屋の酒蔵を移築したもの。どっしりと立派な梁が見事です。また、2つの貸し切り露天風呂もあり、こちらは空いていればいつでも利用可能です。

厳選した旬の食材を盛り込んだ季節の創作会席

Dan Noguchi / BuzzFeed

こちらは食事の会場となる食事処「やまてらし」。ここも江戸時代の古民家を移築したものですが、他の建物とは違って壁がないため解放感たっぷり。席と席の距離も離れているので、この時期は安心ですね。

Dan Noguchi / BuzzFeed
Dan Noguchi / BuzzFeed

魚介類は県内随一の水揚げを誇り、山陰浜田港ブランドとして有名な浜田港から。地物の有機野菜など旬な食材と組み合わせ、さまざまな味が楽しめます。地酒も豊富に揃えてあり、ついつい杯が進んでしまいます。プランにもよりますが、のどぐろ会席やしまね牛をメインにした会席などコースは多彩。時期が変われば食材も変わり、また窓から見える自然の風景も変わります。季節の移ろいを全身で感じられる旅館ぬしや、リピートしたくなるのも納得のお宿です。

女将・小笹さんより

「スタッフ一同、ご来館いただける皆様に感謝し、できる限りのコロナ対策でお迎えいたします。気心の知れた皆様と楽しいひと時をお過ごしいただけましたら幸いです。お食事は部屋食、松花堂はお膳プランは行っておらず、レストランやまてらしにて、ソーシャルディスタンスを考慮した配置、ご提供時間でご案内しております。ぜひ良質な湯と旬の味覚をぜひご堪能くださいませ」

宿の情報&予約はこちらから👇

「旅館ぬしや」

※Yahoo!トラベルのプランはこちら👈

※一休のプランはこちら👈

住所:島根県江津市有福温泉町955

アクセス:中国自動車道→千代田JCT→浜田自動車道→浜田JCT→山陰江津道路→浜田東ICから7km約15分または江津西ICから5km約10分

部屋数:9室

アメニティ:タオル・バスタオル、ハミガキセット、シャンプー・リンス、ボディソープ・石鹸、髭剃り、ボディタオル・スポンジ、シャワーキャップ、綿棒、コットン、くし・ブラシ、ドライヤー、浴衣、スリッパ、DVDプレイヤー、湯沸しポット、テレビ、衛星放送、金庫、冷蔵庫、お茶セット(無料)、洗顔料、化粧水、乳液、メイク落とし、※アメニティーはプランによって異なります。詳細はプラン詳細にてご確認ください。

紹介した部屋のコンセント:5箇所10口

予算:1万9850円(税込)〜

※新型コロナウイルスの影響により、施設・店舗の営業内容が一時的に変更・休止となる場合がございます。最新情報は施設・店舗にご確認いただくとともに、お出かけの際は感染対策にご配慮をお願いします。

※記事内の商品・サービス情報は記事公開日時点のものになります。価格・サービス内容等の情報は変更になっている可能性がございます。ご了承ください。

※本記事はBuzzFeed Japan株式会社とYahoo! JAPANが共同で企画したものです。記事内の商材・施設・サービス選定や評価はBuzzFeed Japan株式会社の判断にもとづいています。

※記事内で使用している商材・施設・サービス等の画像は、施設・店舗様から画像・商材・サービスを購入、またはお借りしたうえで使用、撮影しています。

参考記事 👉【丁寧に解説】Go To トラベルキャンペーンとは?旅行会社の特典も比較