ビルボードで初めて1位に!マライア・キャリーのあの名曲は、こうやって生まれた!

    クリスマスの定番曲「恋人たちのクリスマス(All I Want For Christmas Is You)」は、マライア・キャリーの激動の子供時代から生まれた。「クリスマスはいつも完璧であって欲しかった」と彼女は語っている。

    クリスマスソングと言えば、マライア・キャリー🎄

    S. Granitz / WireImage

    クリスマスアルバムを3枚リリースし、オリジナルのクリスマスソングを何曲も書き、「クリスマスの女王」として広く知られている。

    「恋人たちのクリスマス(All I Want For Christmas Is You)」は、その中でも一番の大ヒット曲!

    このヒット曲は、マライアの激動の子ども時代から生まれた。

    YouTubeでこの動画を見る

    youtube.com

    マライアは、白人と黒人のバイレイシャルで、子ども時代に人種差別もずいぶんと経験している。家族の問題があったこともほのめかしているが、あまり詳しくは口にしない。

    「クリスマスはいつも完璧であって欲しかったの」マライアは、最近リリースされたAmazon Musicのミニ・ドキュメンタリーでそう話している。

    youtube.com

    「クリスマスがいつも楽しみだった。クリスマスを台なしにする、ものすごく崩壊した家族だったの、ママを除いてね。ママはいつもクリスマスを楽しく過ごせるように頑張ってくれていた。果物とか、買えるものをよく包んでくれたの」

    「だから、『大きくなったら、絶対に台なしになんかさせない、毎年クリスマスを完璧にするんだから』と思っていた」マライアはそう振り返る。

    Kevin Mazur / Getty

    アルバム2枚、EP盤レコード1枚(「マライア・キャリー」「エモーションズ」「MTVアンプラグド」)を出したあとに、クリスマスアルバムをやらないかと持ちかけられたが、あまり気乗りがしなかったそう。

    L. Busacca / WireImage

    「『クリスマスアルバムって言ったら、普通はキャリアが終盤になってからやるものじゃないの?』って思った」マライアはそう話している。

    Ron Galella, Ltd. / Ron Galella Collection via Getty

    当時は、そんなに早い段階で、クリスマスアルバムを出すというのは、異例のことだった。特に、当時のマライアの有望なその後のキャリアを考えれば尚更のことだった。

    それに、クリスマスアルバムをやる場合、昔ながらのクリスマスソングをカバーするのが一般的だった。その方が、視聴者が慣れ親しんでいて、愛着があるからだ。

    Lucy Nicholson / Getty Images

    だが、自身もソングライターであるマライアは、自分でもクリスマスソングを書きたかった。

    Danny Feld / Walt Disney Television via Getty

    リスクを伴うし、もちろん仕事も増える。

    「夢中になった。『お金がない家で育って、でも一番祝祭らしいクリスマスを願った子どもの、あの場所から書こう』と思ったの」

    そこでマライアは、クリスマスの電球や飾りを取り出してきて、録音スタジオを トミー・モトーラ(当時の夫)とのスイート・ホームへと変身させた。

    YouTubeでこの動画を見る

    youtube.com

    ある意味、これが、家庭、そして結婚に、祝祭、幸せ、元気を作り出すマライアのやり方だった。モトーラとは、最終的に離婚に終わったが。

    1994年8月、マライアは、パートナーであるウォルター・アファナシェフと一緒に、雪やプレゼント、靴下、暖炉、ヤドリギなど、クリスマスで大好きなことすべてを書き出して、この曲に盛り込んだ。

    できあがったものは、ポップ、ソウル、R&B、ロック、ゴスペル、ありとあらゆるジャンルを取り入れた曲だった。

    この曲のバックグラウンド・ヴォーカルは、とてもキャッチーだ。だがこの曲には、筋金向けのファン向けに隠された要素がある。アカペラのヴォーカルを抜き出すと、隠れた「ホイッスルボイス」と、もうひとつのメロディーが現れるのだ。

    YouTubeでこの動画を見る

    youtube.com

    マライアがこの曲を最初に歌ったのは1994年のことで、ニューヨークのセント・ジョン・ザ・ディヴァイン大聖堂で行った小さなチャリティーコンサートでのことだった。動画を見ると、観客があまりこの曲を知らないことが分かる。

    当時のこの曲に対する反応は、今とは違っていた。実は、最初にこの曲がヒットしたのは日本で、時折、マライアが日本で春にこの曲を歌うのはそのためだ。

    YouTubeでこの動画を見る

    youtube.com

    1996年3月7日に東京ドームで開催された初来日公演で披露したこの曲が「最高!」だと考える人は多い。

    リリースしてしばらくの間、クリスマスシーズンの全米チャートを賑わしたものの、現在のような勢いはまだなかった。

    instagram.com

    2000年、ビルボードのHot 100では83位に入っただけだ。2000年代半ばは、古い曲はHot 100に入れないというルールがあったため、デジタル販売を牛耳っただけだった。

    ジャーメイン・デュプリジャスティン・ビーバーとのリミックスや、多くのアーティストによるカバーなども出ているが、どれもマライアが歌ったオリジナル曲の順位を超えてはいない。

    2010年代後半、2013年にHot 100で21位を記録してから、クリスマスシーズンの間で順位を上げ始めてきている。2017年には7位に、そして、2018年には3位に達している。

    子どものころの心の傷を癒やしたかった幼い少女から生まれたこの曲を、今年こそは1位にさせたいとファンが集結した。

    アルバム発売から25年、今年初めてビルボードHot 100の1位に👏👏👏

    ✨🎉✨🎉✨マライア、おめでとう✨🎉✨🎉✨

    Frazer Harrison / Getty Images

    Apple MusicSpotifyでももちろん聴けるから、ぜひストリーミングしてね!

    この記事は英語から翻訳・編集しました。 翻訳:五十川勇気 / 編集:BuzzFeed Japan