ヴィクトリアズ・シークレットのディスりに対し、リアーナがとった行動とは?

    彼女は全部見ている。

    世界が注目する、ヴィクトリアズ・シークレットのファッションショー。

    AFP=時事

    そのヴィクトリアズ・シークレットの最高マーケティング責任者であるエド・ラゼックの発言が議論を巻き起こしている。

    Nicholas Hunt

    Vogueのインタビューで、Instagramについて聞かれると、彼はモデルへの批判の嵐が吹き荒れているとコメント。

    「ブランドは多様性のことを考えているかって? もちろんです。私たちがプラスサイズを供給するかって? しますとも」

    しかしショーでプラスサイズやトランスジェンダーのモデルを起用することに関しては、「私たちはそうする必要はないと思っています。 それはショーというのはファンタジーだからです」と語った。

    批判が巻き起こっている現状に対しても、それはヴィクトリアズ・シークレットが「トップ」に君臨しており、「他のファッションブランドがその座を狙っている、ライバルが私たちの粗探しをしている」からだと語った。

    そして、リアーナにも言及した。

    Jp Yim / Getty Images

    リアーナはFentyという自身のブランドを展開しており、その包括性が広く評価されている。

    ラゼックは、「みんながリアーナのショーを話題にしています。ヴィクトリアズ・シークレットがリアーナのショーのようなものを指定たら、私たちは疑いなく、世論に迎合していると非難されたでしょうね」と話した。

    人々は彼のコメントを 不快に思った。するとヴィクトリアズ・シークレットはラゼックの謝罪をTwitterに投稿した。

    Please read this important message from Ed Razek, Chief Marketing Officer, L Brands (parent company of Victoria’s Secret). https://t.co/CW8BztmOaM

    「L.Brands(ヴィクトリアズ・シークレットの親会社)の最高マーケティング責任者、エド・ラゼックからの重要なメッセージをお読みください。

    私のヴィクトリアズ・シークレットのショーのトランスジェンダーのモデル起用に関するコメントは、無神経な印象を与えました。謝罪します。

    誤解のないように説明すると、私たちはショーにトランスジェンダーのモデルを起用したいとは思っています。トランスジェンダーのモデルを起用しようとしたことがありますが、他の多くの人たちと同様に、それは実現しませんでした。しかし、その理由は決してジェンダーの問題ではありませんでした。

    私は、自分が何者か探求しているトランスジェンダーたちの人生を賞賛し、尊敬します。

    エド・ラゼック 最高マーケティング責任者 L.Brands」

    リアーナはこの騒ぎに気付いていただろうか? そう、気付いていたのだ。

    11日に、あるファンがInstagramに、モデルのルイーズ・オライリーがラザックの多様性に対するコメントを非難しているツイートのスクリーンショットを投稿していた。

    オライリーは、Jezebelの「ヴィクトリア・シークレットはプラスサイズやトランスジェンダーの女性にランウェイを歩かせたがらない」と題した記事を、コメント付きでシェアしていた。

    Twitter: @StyleMeCurvy

    「ブランドがディレクターの意見を慎重に採用する必要があることがわかる典型的な例。特に、70歳の過去に生きる老人がディレクターの場合には。神様、リアーナに今年、SavegeXFentyを作らせてくれてありがとう。彼女のブランドには多様性に対する真の注目と愛があります」

    そして、誰がこの投稿を「いいね」したと思う?

    Private Instagram

    badgalriri、つまりリアーナである。

    リアーナはヴィクトリアズ・シークレット・ショーを非難できる、数少ない人物の一人だ。

    NBC

    2019年は、ファンタジーを超えたさらなるランウェイを見たいものだね。

    Covergirl

    この記事は英語から翻訳・編集しました。翻訳:フェリックス清香 / 編集:BuzzFeed Japan