back to top

「この子たちの未来は…」内戦で苦しむ子どもたちの姿

「この子たちの未来はどうなるのでしょうか」


内戦勃発から約1000日が経ったイエメンは「悲惨な状態に陥っている」と、ある英国人救援活動家はBuzzFeed Newsに語った。

27歳のエズメ・コンウェイは、10カ月ほど前から、内戦で疲弊したイエメンを何度も訪れ、現在も続く戦闘が市民に与えている破壊的な影響を目の当たりにしてきた。

2015年に始まったイエメン内戦は、イランが支援する民兵組織フーシ派と、サウジアラビアが支援する連合軍が闘う代理戦争へと発展し、膠着状態が続いている。死者8600人、負傷者4万9000人、家を追われた人は300万人と推定されている。

サウジアラビアは先ごろ、2カ月間の国境封鎖を強行。多数の一般市民の生命線となる食糧などの救援物資が届かなくなる事態が起こっている。内戦前でさえ、食糧の90%を輸入に頼っていたイエメンにとっては大打撃だ。

イエメンでは、2800万人の人口の半分以上(1700万人)が食糧不足に陥っている。また、推定100万人以上がコレラに罹患したとされる。これは過去に例がないほどの大流行で、これまでに数千人が亡くなった。

救援活動家のコンウェイは、世界食糧計画(WFP)と共に活動しており、封鎖の間は首都サヌアを拠点としていた。一般市民は今や「絶望的な状況にある」と彼女は語る。

「食糧不足で深刻な栄養失調に陥り、死にそうな子どもたちを見てきました。心が張り裂けそうな光景です」

「イエメンの家庭での食事は、近頃はパンだけです。買えるものがそれしかないからです。イエメンのごく貧しい地域で、2組の家族と会いました。父親は私にこう言っていました。『子どもたちが学校から帰ってきて寝てしまったら、起こさないこともあります。食べさせるものがないのがわかっていますから』」

コンウェイが訪ねたいくつかの病院では、医者たちも、不安定な情勢のために賃金がもらえず腹を空かせていた。彼女は、病院での子どもたちの状態に衝撃を受けたという。

「子どもたちは、栄養失調で髪の毛がありません」とコンウェイは説明する。「頭と体の釣り合いが取れていません。発育不全のため、頭と体が同じように成長していないのです。そんな状況を見ると、辛くて仕方がありません」

コンウェイは、多くの食糧配給地点も訪ねた。そこでは、国際的な援助団体が、列をなす人々に、小麦粉50kgのような食糧パッケージを配っている。

ある女性は、父、兄、義兄たちが相次いで殺されて以来、18人の拡大家族の面倒を見ていた。そしてコンウェイに、このパッケージで、家族みんなが1カ月食いつながなければならない、と語った。「50kgの小麦粉でパンを焼くとして、18人の大家族がそのパンで1カ月生き延びるわけです。普通なら6人分の量です。でも彼女は、それで3倍の人数を養わなければなりません」

その女性はこう尋ねたという。「どうして、誰も私たちのことを心配してくれないのでしょうか。私たちは人間です。犬じゃありません。国際社会は、私たちより動物のことを心配しているように思えます」

その女性は癌も患っていたが、治療を受けられずにいた。2017年11月、3週間ぶりにサヌアに医療用品が空輸された。なくてはならないワクチンを運んできたのだ。しかし、癌のようにもっと深刻な状況を抱える人々が、治療されずにいることは多い。

「誰かが、あなたの目を見て泣きながら、『私はガンなの。でも治療は受けられない。きっと死ぬのよ』と言ったら、心が引き裂かれる思いでしょう。あの人たちに選択肢はありません」

コンウェイは、食糧配給地点で出会った子どもたちの様子に心打たれたという。「子どもたちは、置かれた状況の中で精いっぱい生きています。そんな環境でも、遊んで、普段と同じように生活を続けているのです。でも母親たちの顔を見れば、これが普通ではないこと、彼らが怖がっていることがわかります」

BuzzFeed Newsは2017年11月、封鎖によって国内に閉じ込められたイエメンの人々と連絡を取った。彼らは、自分たちの住まいは監獄になったと話した。カウカブ・アハメドは、インスタントメッセンジャー「WhatsApp」を通して次のように述べた。「みんな、この封鎖のあとには死があると感じている――ゆっくりとした死ではない。すぐにやってくるだろう。イエメン人はシリア人とは違う。シリア人は国境を越えて逃げることができるのだ」

夏以降蔓延しているコレラにより、2000人以上の人が亡くなったと見られる。その4分の1が子どもだ。深刻な食糧不足は、栄養失調になった子どもたちが、病気に感染しやすくなることを意味する。免疫システムが弱くなりすぎると、どんな感染症をも退けることができなくなる。コレラは言うまでもない。

コンウェイは言う。「この子たちの未来はどうなるのでしょうか。私にはわかりません」

Yemen Has Been Cut Off From The World. This Is What Yemenis Need You To Know.

この記事は英語から翻訳されました。翻訳:浅野美抄子/ガリレオ、編集:BuzzFeed Japan

広告
広告