89歳のピザ配達員に、約120万円の高額チップ!きっかけはTikTok

    アメリカでピザ配達員として働く89歳のダーリン・ニューウィーさん。高齢にも関わらず生活のために働く彼を助けるべく、1人の客とTikTokユーザーたちがある行動を起こしました。

    こちらの男性は、米ユタ州に住むダーリン・ニューウィーさん。

    Ski champion Derlin Newey, 84, was at Snowbasin the day it opened in 1940. @standardex @vzimmer @StandardVisuals

    ピザの配達員として働く89歳です。

    Se llamen Derlin Newey, es de Utah y con 89 años se ha visto obligado a currar repartiendo pizzas porque con su pensión no puede pagar las facturas. Qué bonito es el capitalismo.

    「やあ!ピザはいかが?」という明るいあいさつと親切な対応で、ニューウィーさんは多くの客から好かれていました。

    カルロス・バルデズさんも、ニューウィーさんのことが大好きな地元客の1人です。彼はピザを頼む際、必ずニューウィーさんを指名していたそう。

    ある日、バルデズさんは、ニューウィーさんのピザ配達の様子をTikTokに投稿しました。すると動画は拡散され、ニューウィーさんはたちまち人気者に!

    @vendingheads

    What is this guy doing delivering Pizzas? True hustler 🙏 #fyp #delivery #nest #nestdoorbell #amazon #amazonprime #fedex #ups #usps

    ♬ Wii - Mii Channel - Super Guitar Bros

    しかし同時に、「89歳のおじいちゃんが、なぜ働いているの?」というコメントが多く寄せられました。

    それを受け、TikTokで5万人以上のフォロワーを持つカルロスさんがニューウィーさんのために寄付を募ったところ…集まった総額はなんと、1万2000ドル(約126万円)!

    そして迎えたサプライズ当日。その時のニューウィーさんの反応がこちら👇

    お金を受け取ったニューウィーさんは、「感謝しきれない、何と言っていいかわからないよ」と感動している様子でした。

    KSL

    ピザを配達していた理由について、ニューウィーさんは「年金だけでは生活できなかったから」だと明かしました。週に30時間ほど働いていたそうです。

    KSL

    SNSの輪が生んだ心温まるストーリーは地元テレビ局のニュースにも取り上げられ、大きな話題になりました。

    YouTubeでこの動画を見る

    youtube.com

    寄付金を集めたバルデズさんは、今回のサプライズについてこのように話していました。

    「最高のサプライズになりました。彼はお金を必要としていたし、彼の手助けができて良かったです」

    「彼がしてくれたように、私たちは優しさと尊敬の心を持って人に接する必要があります。彼には心を掴まれました」

    ニューウィーさん、お幸せに!

    サムネイル画像/KSL