• animaljp badge

SNSの新スター誕生?盲目のペルシャ猫「モエ」の魅力にハマる人が続出中

劣悪な飼育環境のペットショップから、モエは保護されました。感染症が酷く、両眼球を取り除くことに。今は引き取られ、愛情たっぷりに育てられています。

こちら、盲目のペルシャ猫「モエ」ちゃんです。

現在6歳のモエが生まれたのは、中東のオマーンにあるペットショップ。正式な資格のないブリーダーのもと、劣悪な飼育環境で育ちました。

掃除のため頻繁にペットショップに訪れていた女性が、状況を見かね、モエと他の動物を一時的に保護。弱っていたモエを、病院へ連れて行きました。

Moet the Blind Cat / Via moetblindcat.com

保護当時、モエは1歳。風邪をひいており、放置されていたため症状が悪化していました。感染症が酷く、両眼球を取り除かなければなりませんでした。

手術を受け療養したあと、病院の仲介で、地域の動物保護団体Omani Pawsのメンバーであるエミリー・ショッターさんと、モエは出会いました。

波乱万丈な人生…ならぬ猫生の冒頭でしたが、モエは現在、エミリーさんのもとで幸せに暮らしています。

Moet the Blind Cat / Via moetblindcat.com

デイリー・メールや、イギリス版Yahoo!ニュースなど、様々な媒体がモエについて取り上げました。

「(オマーンには)酷い状態のペットショップが数多くあります。餌や水を最小限しか与えず、動物を狭いケージに閉じ込めて、おもちゃもベッドもなし。世話は一切しません」と、エミリーさんは動物専門のニュースサイトDodoの取材に答えています。

「このような恐ろしい状況から、動物を救出する人も多くいます。しかし、他の動物が代わりに(ペットショップに)連れて来られるだけなんです」

「何がともあれ、モエ(と他の動物)を救ってくれた女性には、感謝しかありません」

モエの公式サイトでは、グッズも販売されています。売り上げは全て、動物保護団体に寄付されるそうです。

ここからは、モエのベストショット(独断)を紹介します。

確かに目は見えないけれど、真っ白な体にピンクの耳・鼻・口がかわいすぎる…!

これです!!

これこれ!!

表情もとっても豊かです。愛されてよかったね!

こんなのもあります。

もっとモエを見たくなったら、各種SNSをチェックしてみてくださいね!