本物の動物の代わりに「3Dホログラム」 新しいサーカスがすごい!

    動物虐待に反対するため、ホログラムで動物の立体映像を映し出すサーカスが世界で初めて行われた。ホログラムの導入によって演出の幅も広がりそうだ。

    ドイツのサーカス団「サーカス・ロンカリ(Circus Roncalli)」の新演目が注目を集めている。

    #holographic #circustheaterroncalli #holograohicanimals #tierfrei #vegan #auchvegan #moderntimes @CircusRoncalli

    昔ながらのサーカスといえば、ゾウやライオンなどの動物が円形のステージに登場して芸を披露する、というイメージだ。1976年から続くサーカス・ロンカリも、動物を調教してショーを行ってきた。

    しかし近年、サーカス業界に対し「動物虐待」を行っているという批判の目が向けられている。

    国際動物愛護団体PETAをはじめとする様々な団体が抗議活動を行っており、現在オーストラリアやイタリアなど26ヵ国で野生動物のサーカス出演が禁止されている。

    サーカス業界の内側からも反動物虐待の声を上げるため、サーカス・ロンカリは本物の動物の代わりに3Dホログラムを用いた演出を始めた。

    ステージをホログラムの馬が駆け巡る。

    Optoma EMEA / Via youtube.com

    ホログラムならステージを水槽に変えることもできる。

    Optoma EMEA / Via youtube.com

    動物を調教する必要もない。

    Optoma EMEA / Via youtube.com

    サーカス・ロンカリに感謝の声が寄せられた。

    Well this is incredible 😭😍 @CircusRoncalli thank you so much for your compassion and ingenuity ♥️🐘🦁🎪 #holograms #animalrights #AnimalCruelty #vegan https://t.co/aT5knoBVWD

    「素晴らしい!思いやって工夫してくれてありがとう」

    ホログラムの使い道は他にもたくさんありそうだ。

    @SarahMac227 @41Strange @CircusRoncalli They could do holograms of stuff like unicorns. IMAGINE!

    「これならユニコーンも出せるね!」

    サムネイル画像:Optoma EMEA / https://www.youtube.com/watch?v=q3KbgGJux4E&feature=youtu.be