ポン・ジュノ監督のスピーチを通訳した女性は誰? ネット上に多数のファン

    『パラサイト 半地下の家族』がアカデミー賞4部門に輝きました。授賞式で壇上にあがり、ポン・ジュノ監督のスピーチを通訳した女性に注目が集まっています。

    ポン・ジュノ監督作品『パラサイト 半地下の家族』が、2020年アカデミー賞で作品賞や監督賞など4部門を受賞しました!

    Handout / Getty Images

    非英語映画が作品賞を受賞するのは、アカデミー賞の史上初めての快挙です。

    作品やポン・ジュノ監督に注目が集まる中、ネットで話題になっているのが、監督の隣に立つ通訳の女性。

    Kevin Winter / Getty Images

    この人はだれ?!もっと知りたい!!

    Kevin Winter / Getty Images

    授賞式やテレビ番組でポン・ジュノ監督に付き添っていたこの女性は、シャロン・チェさん(25)。

    ソウルを拠点に通訳者として働きながら、自身も映画製作者を目指しています。昨年5月のカンヌ国際映画祭からポン・ジュノ監督と世界を周りながら、初作品の脚本を書いているそうです。

    監督も、チェさんの脚本が「気になっている」と期待を寄せています。

    作品の詳細は明らかになっていませんが、エンターテイメントニュースサイト「The Wrap」の記者、スティーブ・ポンド氏は「(チェさんは)授賞式のシーズンが終わったら、授賞式にまつわる映画を撮り始めたいと言っている」とツイートしました。

    チェさんは、元々『パラサイト 半地下の家族』とその制作陣の大ファンなんだそう。

    通訳として関われることが「とても嬉しい」と語っています。

    ポン・ジュノ監督も、チェさんに絶大な信頼を寄せているようです。

    アカデミー授賞式のバックステージでは、「彼女にはファンがいるんだ。彼女は完璧だし、僕たちも皆彼女に頼りきりだよ」とインタビューに答えました。

    授賞式の時点で既に多数のファンがいた?!

    The Tonight Show Starring Jimmy Fallon / Via youtube.com

    チェさんに関心が集まったきっかけは、アメリカで人気のトーク番組「ザ・トゥナイト・ショー」への出演です。

    メインゲストが通訳を連れて出演することも大変稀なのですが、チェさんの円滑かつ監督のメッセージを重視した通訳に、「通訳のシャロンに目がいっちゃった」「素晴らしい通訳」など称賛のコメントが番組の公式YouTubeに寄せられました。

    ウィットに富んだポン・ジュノ監督の言葉をスムーズに伝えるチェさん。ツイッターでももちろん話題になっています。

    Congrats, Bong Joon-Ho (and Sharon Choi)! #Oscars

    「ポン・ジュノ(とシャロン・チェ)おめでとう!」

    「最優秀通訳賞 シャロン・チェ」

    I will not rest until Sharon Choi receives an Honorary Oscar #Oscars

    「シャロン・チェが名誉賞をもらわないと満足できない」

    シャロンさんの動画をつくるファンまで!

    「通訳賞はシャロン・チェに」

    2020年ゴールデングローブ賞を受賞した『フェアウェル』のルル・ワン監督も、ポン・ジュノ監督とチェさんを祝福しました。

    DIRECTOR BONG!!!!!! SHARON CHOI!!!!!! Yes, I am screaming.

    「ポン監督!!!!!! シャロン・チェ!!!!!! 叫んでる」

    チェさんの作品も楽しみですね!😍

    UPDATE

    シャロン・チェさんの名前の表記が間違っていたため修正しました。