女性が「毎日同じ服」を着てみたら。2カ月間の着回しで気がついたこと

    「毎日違う服を着ること」にモヤモヤを感じている人に、知ってもらいたい!

    「私、ここ2カ月全く同じ服を着続けています。それがかなり大成功なので、知ってほしいです」

    Tirachard / Getty Images

    (イメージ写真)

    Twitterにこの文章を投稿したのは、はづかしい命(@amy_to_me)さんです。

    彼女が実行したのは、「毎日同じワンピースを着る計画」。思いつきそうで、なかなかできなさそうな試みです。

    ツイートは3.8万リツイート、14.5万いいねという大きな反響を呼び(4月14日時点)、「大変興味深いです」「やってみたいけれど、難しそう」などのコメントが寄せられました。

    いったいどんな計画なのでしょうか。BuzzFeed Newsは、話を聞きました。

    毎日同じ服を着てもいいのか?

    「毎日同じワンピースを着る計画」とは、同じワンピースを3着購入し、2カ月間着回すというものです。

    選んだのは、1着約2万円で、自分の体型に合い、カジュアルにも上品に見えるという黒のワンピースです。

    きっかけは、最小限の持ち物で暮らすことを実践する、あるミニマリストの動画を観たことでした。毎日同じ服を着るメリットを聞いて、「毎日違う服を着なければいけない」という社会の"風潮"に疑問を抱いたのです。

    一方で、「Apple(アップル)」創業者である故スティーブ・ジョブズやアメリカのオバマ元大統領は、かつてのインタビューで、同じ服を着回していたと語っています。その習慣を知り、著名人のように自分も実践したいと思い立ちました。

    AFP=時事

    黒のタートルネックにデニム、スニーカーという服装

    とはいえ、当初、そのような習慣は、男性にはできて、女性にはできないと考えていたといいます。

    「男の人には毎日同じような服装の方は多くても、女の人はバリエーションが豊富な方が多いですし、服の種類も男性と比べて多いと思っています」

    「デートなどでも、毎回違う可愛いコーデを求められやすいですし、容姿や服装を重視されやすいと感じています」

    さらに、「服を洗っていないと思われるのではないか」と不安もありました。

    やってみたら、いいことづくし

    それでも、彼女は実践すると、計画は大成功でした。

    多くのメリットを感じたといい、たとえばこんなものをあげてくれました。

    ・選ぶ手間がかからないから、時間が節約できる

    ・毎日がんばってコーデするよりも、私らしくなった

    ・お気に入りの、質の高い服を毎日着ることができる

    ・洗濯や片付け、着ることが楽

    周りの人からは「面白い!」と嬉しい反応が多かったものの、想像していたよりも他人の服装を見ていないとも気づきました。

    そのため、服を洗濯していないと勘違いされるのではないか、という先述の不安も消えました。

    Tirachard / Getty Images

    (イメージ写真)

    大切なのは、自分の気持ちを尊重し、自分に合ったやり方をすることです。

    計画を実践した2カ月間で、黒いワンピースを着たくないと思う日も2日間だけありました。そんな日は、無理して続けようとは考えず、捨てずに保管しておいた違う服を着たといいます。

    これからもこの計画をできる限り続けたいといいます。今回、ポケット付きのワンピースを選ばなかった反省を生かしつつ、今度は夏用のワンピースを3着買おうかと検討中です。

    やってみたいと考えた人に向けて、はづかしい命さんはこう話します。

    「まずは自分が一番好きで、飽きなさそうだと思った服を選べばいいと思います。同じ服を毎日着ている、と後からいくらでも伝えられるので」

    そして、全部同じ服を揃えるのではなく、異なる3着を着回すのもありではないかと提案しています。


    バズフィード・ジャパン ニュースインターン

    Contact Riho Takatsuto at riho.takatsuto@buzzfeed.com.

    Got a confidential tip? Submit it here