定番お菓子がドレスに! 4000個使った作者の愛に「好きを極めた作品、素敵です!」

    パクパク食べられるお菓子なので、包み紙に注目したことはありませんでした。でも、これからは目でもしっかり味わいたいなと思いました。すごい!

    美大生が卒業制作として、あるお菓子の包み紙で作ったドレスが、Twitterで注目を集めています。

    何の商品が使われているか、写真から想像してみてください。

    ヒントは、まわりのパウダーが特徴的で、思わず食べる手が止まらない、ロングセラーお菓子です!

    作品はこちら。しっかりした形で、ヨーロッパの舞踏会で着られていそうな雰囲気です!

    のきょ / Via Twitter: @noky03

    近くで見ると…。このオレンジの包み紙に、見覚えはありませんか?

    のきょ / Via Twitter: @noky03

    正解は「ハッピーターン」です。

    あの小さな包み紙をドレスに仕上げるなんて…。大量のハッピーターンをどう用意したのでしょうか。作品の背景が気になりますね。

    制作者のハッピーターン愛

    制作したのきょさん(@noky03)は、大学でメディア芸術を学び、立体作品やアニメーション、実写映像など、あらゆる表現に取り組んできました。

    服飾系は専攻していませんが、今回のドレスを仕立てた理由をこう説明します。

    「私はハッピーターンが大好きで、味はもちろんのこと、包み紙の『ハッピー王国のヒミツ』を読むことやラッキー包み紙を探すことも楽しみ方の1つだと考えています。

    しかし、一般的には包み紙に目もくれることなく、ゴミとして捨てられることが多い印象を受けます。

    そこで、ドレスという豪華でインパクトのある形にすることによって、少しでも鑑賞者に、包み紙に注目していただけるのではないかと考え、素材として制作いたしました」

    ドレス『幸服』ができるまで

    使用されているのは、約4000個分のハッピーターン!約150袋分の量です。

    のきょさんが食べた分もありますが、たくさんの人に協力してもらって集めたといいます。

    のきょ / Via Twitter: @noky03

    オレンジ色は通常のハッピーターン、赤いリボン部分には期間限定の焼きいも味の包み紙を使用

    制作は「とにかく地道な作業の連続でした」と振り返ります。

    「食べ終わった後の包み紙をそのまま使用できないので、1枚1枚キャンディー包装を広げて洗い、ベタつきを取るのが大変でした。

    また、服飾系の知識は全く持ち合わせていないため、ドレスの形に仕上げることに試行錯誤を繰り返しました」

    ドレスの名前は「幸服」。2020年の4月に作り始め、約9カ月かけて完成させました。

    制作過程の苦労と込められた気持ちを考えると、とても重みを感じる名前です…。

    作品があらゆる人に伝わった

    1月18日に写真をTwitterに投稿すると、「ハッピーターンの袋がこんなハッピーなドレスに…!??色合いもフォルムもとっても素敵です!」「好きを極めた作品、素敵です!」といったコメントが寄せられました。

    「コロナ禍で作品の展示もままならない中、写真という形ではありますが、多くの方に卒業制作を見ていただけて誠に光栄です。

    また、今回の反響によって『ハッピーターン』がお菓子として身近で、知名度が高いと改めて実感いたしました。この先も末永く愛される商品であってほしいと願っております」

    反響は製造会社の亀田製菓さんにも伝わりました。

    ハッピーターンの包み紙4,000枚で作ってくださった世界にたった一つのドレス✨✨ その名も「幸服」だそう🥰 作品を見ているだけで幸せな気分につつまれました🌟 のきょ様(@noky03)ありがとうございました✨ #ハッピーターン https://t.co/qzCvNXKgFZ

    Twitter: @Kameda_JP

    最後に、「『幸服』はハッピーターンの包み紙だからこそ完成出来た作品であり、誠に感謝申し上げます。学生生活の締めくくりに、最大のハッピーをありがとうございました!」と、ハッピーターンや亀田製菓さんへの感謝の気持ちを言葉にしました。