この状況を乗り越える。ある大学生が考えた試みで、25の団体が日本を応援

    全国各地の大学の応援団が連帯し、新型コロナウイルスの感染拡大で大きな影響が及んでいる日本を元気付けようと、エールを送りました。感染防止に気を配りながら。

    新型コロナウイルスの感染拡大で影響を受けている人々にエールを送ろうと、大学生たちが立ち上がりました。「全国大学応援団」です。

    全国の25大学の応援団が連帯し、それぞれが応援動画を一斉にTwitterに投稿したのです。

    応援団といえば、大勢が整列して大声で、というのが一般的ですが、各団体は感染対策にも配慮しています。個々のメンバーが在宅で応援する姿をつなぎ合わせたり、以前撮影された応援の映像と、今の団員が語るメッセージを組み合わせたりするといった工夫をしています。

    京都大学応援団 / Via Twitter: @KyotounivCp

    「敵同士」だけど思いは同じ

    企画を立ち上げたのは、京都大学4年生で、大学の応援団に所属する森谷勇志さんです。

    新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、政府から外出の自粛要請が出され、各地の大学の授業開始が延期されるなど影響が広がっています。この状況で気持ちが沈んでしまっている人を「応援」で元気付けたいと考えたのです。

    そこで、森谷さんは3月29日、「日本を応援したい」と企画の趣旨をつながりのある各大学の応援団に伝えました。

    すると、賛同した団体がさらに他団体に声をかける形で、少しずつ連帯の輪が広がっていきました。

    立命館大学応援団 / Via Twitter: @r_ouendan

    コロナが問題となる以前の2020年1月5日に撮影された写真です

    賛同してくれたのは、最終的に計25団体にものぼり、動画の撮影や企画の広報に協力してくれる人も集まり、関係者は数百人規模になったといいます。

    そして、4月8日、企画のために作成したTwitterアカウント「全国大学応援団(@2020ouendan)が、「我々のように日本全体で一致団結しこの状況を乗り越えていきましょう」などとメッセージをツイートしました。そして、その投稿にリプライを飛ばす方法で、各団体が続々と応援動画を投稿しました。

    森谷さんは、企画にかけた思いをBuzzFeed Newsに語ります。

    「どんなにピンチで全員が諦めてしまうような状況でも、決して諦めることなく応援を続け、少しでも状況を好転させようとするのが我々です」

    「普段は敵同士ですが、日本を応援したいという気持ちで、全国の大学応援団が一つに集まりました」

    公開された応援動画の数々

    各大学の応援動画を一部紹介します。

    駒澤大学は、“コンバットマーチ”を合わせてみた。

    @2020ouendan 【#頑張ろう日本】 現在、世界中で混乱が続き 制限された日々を余儀なくされていますが 日本の為、大切な人の為、何よりも自分の為に頑張っている皆様へ お馴染みコンバットマーチに乗せて エールを送らせて頂きます💪 さあ一緒に大きな声で! \頑張ろう!/ \にっぽん!🇯🇵/ #全国大学応援団

    駒澤大学体育会應援指導部ブルーペガサス / Via Twitter: @BPkomazawa

    西南学院大学は、応援団長の休日の過ごし方も。

    @2020ouendan 西南学院大学応援指導部応援団です。日本全国が西南学院大学応援指導部応援団です。日本全国が苦しい状況にある中、応援を発信させて頂けるこの場に感謝申し上げます。大切なものを守るために、焦ることなく一つずつ。共に越え、共に進みましょう。 #頑張ろう日本

    西南学院大学 応援指導部 応援団 / Via Twitter: @SW_dandan

    同志社大学は、演奏に言葉を乗せて…!

    @2020ouendan 同志社大學應援團です。 現在、日本は危機的状況に晒されております。 一刻も早い新型コロナウイルス感染症の収束、皆様の健康を心よりお祈りし、応援動画を公開させていただきます。 #頑張ろう日本

    同志社大學應援團 / Via Twitter: @ducpHonbu

    専修大学は、24人合わせてメッセージが完成!

    @2020ouendan 専修大學全學應援團です!📣 現在、世界中で混乱が続き、私達も活動が出来ず、皆さんも、制限された日々を送っていると思います。日本の為、大切な人の為、何よりも自分の為に頑張っている皆様へ専修大學全學應援團から応援のムービーを贈らせていただきます! 🇯🇵🎞🇯🇵 #頑張ろう日本 #全国大学応援団

    青山学院大学は、団長が一人で登場し、アルコール消毒をしたうえで、手洗いうがいを呼びかけるエール!

    @2020ouendan 【青山学院大学応援団】 現在、世界は目に見えない不安に怯えざるを得ない状況にあります。 しかし、ここには目には見えないけれど確かに皆様のパワーになる「応援」が存在します。 こんなときこそ、私たち日本の応援団が先頭に立ってこの困難を乗り越えられるよう応援していきます。 #頑張ろう日本

    青山學院大學應援團 / Via Twitter: @agu_ouendan

    多くの団体が感染対策に気を配り、趣向を凝らした動画を公開しています。

    自宅で撮影した動画をつなぎ合わせてメッセージにしたものや、以前撮影された応援動画に思いを乗せたものがありました。

    森谷さんは言います。

    「我々の応援で、これからどうなってしまうのか分からず不安を感じたり、様々なことに対して苛立ちを覚えたり、自粛疲れをしてしまったりと負の感情が高まってしまっている方に対して、その気持ちを取り払うことが出来ると信じています」

    他団体の動画は、「全国大学応援団」の投稿のリプライ欄から見ることができます。

    企画に参加した団体は、以下の通り。

    • 京都大学応援団
    • 一橋大学体育会應援部
    • 東北工業大學應援團
    • 大阪大学応援団
    • 大阪府立大学応援団
    • 熊本大学体育会応援団
    • 同志社大學應援團
    • 岡山大学応援団総部應援團
    • 近畿大学応援部
    • 大阪市立大学応援団
    • 関西大学応援団
    • 駒澤大学應援指導部ブルーペガサス
    • 立命館大学応援団
    • 西南学院大学応援指導部応援団
    • 関西学院大学応援団総部
    • 神戸大学応援団総部
    • 九州大学応援団
    • 東海大学応援団
    • 追手門学院大学応援団
    • 國學院大學全學應援團
    • 専修大學全學應援團
    • 青山学院大学応援団
    • 筑波大学応援部 WINS
    • 明治大学応援団
    • 立教大学体育会応援団