放置するだけで1品完成!鶏むね肉をしっとりさせる方法に「とても勉強になりました」

    パサパサな鶏むね肉をブスブスめった刺しにすると、しっとりして美味しいんだって。安い肉にこの技を実践してほしい。

    大食いタレントのギャル曽根さんが自身のYouTubeチャンネル「ご飯は残さず食べましょう」に鶏むね肉を使った3つのアレンジレシピを投稿したところ、95万回以上再生され、話題になっています。

    紹介したレシピには「とても勉強になりました」「食べるだけじゃなくて料理にひと工夫あって尊敬」「どこの家にもある調味料と食材でパパッとつくれるレシピって本当にありがたい」と大きな反響が寄せられています。

    それでは、さっそく見ていきましょう〜🐔

    この記事では1つ目のレシピの「鶏チャーシュー」のつくり方を紹介していきます!

    まずはお水200mlを計って、お鍋に入れます。

    醤油も100mlを計ってお鍋へ。

    同じように清酒100mlも投入。

    みりん100mlも入れます!

    砂糖大さじ2も入れちゃいます!

    オイスターソース大さじ1も。

    鶏ガラスープのもとも、小さじ半分ほどを入れます。

    すべての調味料を入れ終えたら火をつけて沸かしていきます。

    ここで味見をして、甘かったり、濃かったりする場合には醤油やお水などを足して調整してください。

    そして最後にしょうが半分をスライスして入れます。

    よく洗って、皮ごと使っていきます。

    もしご家庭にネギの青い部分(アタマのところ)などがある場合には、一緒に煮込んでもOK!

    引き続き沸かしていきます。

    続いて鶏むね肉の処理へ。

    おもむろにフォークを手に持ち、「とにかく味を染み込ませるため。あとは火を通しすぎないことが大事で、味を中まで浸透させるためにフォークでブスブスと刺していきます」と話すギャル曽根さん。

    鶏むね肉といえば、パサパサになりすぎてしまい、苦手な方も多くいる部位。

    でも、ギャル曽根さんの技を使えば「柔らかくなり、味も染み込む」といい、いつもより美味しく食べられそうです。

    これくらい沸騰してきたら、鶏肉の入れ時です!

    ジャボン!とつけダレに浸かるくらいのところに入れます。

    グツグツさせつつ、鶏肉を投入してから1分以内に両面をひっくり返します。

    ひっくり返すことで、周りに火を通すことができるのです。

    これが終わったら火を切って…?

    フタをして放置するだけ!!!

    はや〜〜〜〜〜〜〜〜……。簡単すぎん???時短料理にもほどがあるって…。

    放置するだけで出来上がるチャーシュー、この世の奇跡かな???

    ギャル曽根さんによると、「鶏はゆっくりじっくり火を通していくことでしっとり美味しい鶏肉になる」と話し、こう続けます。

    「高温でいきなり火をいれちゃうとギュッと身がしまって硬くなってしまうので粗熱が取れるくらいまで、冷めるまでこのまま放おっておいて予熱調理です」

    冷めるまで、絶対にフタは開けちゃダメ!ですよ!

    ちょっと待って。紹介するレシピ、全部超簡単じゃん!

    YouTubeでこの動画を見る

    ギャル曽根公式チャンネル「ごはんは残さず食べましょう」さんのYouTubeより / Via youtube.com

    動画では、サラダチキンと甘辛揚げのレシピも紹介しています。

    筆者は自分の知っている鶏むね肉とは違った印象(美味しそう)のお料理に、圧倒されました。つくり方ひとつでこんなに変わるのか…。

    技アリなむね肉レシピでした。