ジャガイモ好き大歓喜! 3ステップで最強レシピが完成して「ひえええ絶対うまい」

    簡単すぎて目からウロコだわ……❗

    外はカリカリ。中は……もちろんホクホク❗

    SNSなどでたびたび話題になる「ホットサンドメーカー」を使った、あるレシピが注目を集めています。

    おなかがペコペコのときに見つけたら「これは……たまらん😋」となるに違いないお料理で……?

    む……!これは……!

    後藤羽矢子さんのTwitterより / Via Twitter: @hayakogoto

    な、なんと、じゃがいもをホットサンドメーカーで焼いて、ポテトガレットをつくっているのです!コレ絶対美味しいやつ……。

    ツイートでは、こんな説明がされています。

    「スライサーで細切りにして、塩少々と粉チーズ混ぜて、バター溶かしたホットサンドメーカーにぎゅっぎゅって詰め込んで焼いてポテトガレット作った」

    後藤羽矢子さんのTwitterより / Via Twitter: @hayakogoto

    投稿したのは、おもに4コマ漫画を描いている後藤羽矢子さん(@hayakogoto)。1.3万回以上リツイートされ、「いいね」が5.7万回を超えるなど、大きな反響を集めています。

    ツイートには「ひえええ絶対うまい」「ホットサンドメーカー欲しくなるよね」「これのさつまいもバージョンやったらスイートポテト風になるんじゃ!」と大きな反響が寄せられています。

    BuzzFeedは投稿者の後藤さんに話を聞きました。

    貝印 KAI 千切り器 SELECT100 日本製 DH3003 貝印(Kai Corporation) https://t.co/yFFMesbxfB @amazonJPより 最近愛しているスライサー。にんじん細切りにしてドレッシングであえればすぐ食べられるし、大根もサラダにできる。

    後藤羽矢子さんのTwitterより / Via Twitter: @hayakogoto

    今回つくったポテトガレットは、ご家族が栽培・収穫したジャガイモを使ってつくられたそう。他にもピーマンやナスなども育てているんだとか。

    数あるジャガイモのお料理の中からガレットをつくった背景には、最近買ったお気に入りの調理グッズの存在がありました。

    「ちょっと前に千切り用のスライサーを購入しました。使うことが楽しくて、ジャガイモでも使用してみたいと思い、ガレットにしました」

    気になる詳しい作り方は?

    多くの人が関心を寄せていたレシピ。後藤さんは詳しい手順を3ステップにわけて説明してくれました。

    1. ジャガイモを千切りにして塩少々と粉チーズを大さじ1ぐらい振って混ぜる。

    2. ホットサンドメーカーの両面にバターを塗りたくり、ポテトを押しつけるように乗せ、片面ずつ中火で1分ほど焼く。

    3. あとは弱火で適当にひっくり返しながら10分ほど焼く。焦げ目をもっとつけたいならもっと長く焼いてもいいです。

    上手につくるポイントはあるのか尋ねてみると、「コツなどいらないほど失敗知らずのレシピだと思います」と前置きし、こうも語りました。

    「焼いてる途中で追いバターするとさらに罪深い味になります。ハーブやスパイスを好みで混ぜてもいいですし、ハムやツナをサンドしてもいいですし、アレンジのしがいがあります」

    料理が苦手な人でもチャレンジできそうですし、アレンジの幅も利きそうですね👀