今こそオタマトーンの出番でしょ! 明和電機社長の五輪ツイートに「見てみたい」と期待集まる。

    飛沫も飛ばないし、たくさんの人で弾いたらハーモニーが素晴らしそうだし……盲点だった!

    東京オリンピックの開会式、あの楽器がファンファーレを響かせる……かも……???

    開会式のファンファーレ、やらせろ。

    明和電機さんのTwitterより / Via Twitter: @MaywaDenki

    アートユニット明和電機、社長の土佐信道さんが7月20日、自身のTwitterを更新しました。

    いつもの青い作業着姿で、大ヒット商品であるオタマトーンを手にし、「開会式のファンファーレ、やらせろ」とツイートしたのでした。

    東京五輪の開会式でオープニングの楽曲担当だったミュージシャンの小山田圭吾さんが、開幕直前に辞任したことを受け、投稿したものとみられます。

    土佐さんのツイートは、3万1千を超えるリツイートに加え、10万以上もの「いいね」が集まりました。

    「明和電機さん!飛沫も飛ばず完璧!」「世界に羽ばたくオタマトーン!!開会式で見たいわー」「いっぱい並んだら可愛いよね。見てみたい(笑)」など、オタマトーンの優秀さや知名度に、期待を寄せる人からのコメントが寄せられています。

    そもそも明和電機とは?

    YouTubeでこの動画を見る

    CUBEONAIRさんのTwitterより / Via youtube.com

    オタマトーンの解説動画です。

    明和電機は、日本の中小電機メーカーに「擬態」したスタイルで、音楽活動や作品展示、書籍出版などをしている芸術ユニットです。

    なかでも、2009年にプロダクト化された電子楽器のオタマトーンが、スペインのオーディション番組で演奏され、世界中で注目を集めました。

    開会式のファンファーレの演奏、ちょっと期待しちゃいますよね♫👀

    〈サムネイル/時事通信、AFP=時事〉