2020年5月22日

    食べちゃうのは心苦しいけど……!愛犬をおにぎりにした結果がこちらです。

    玄米、かつお節、海苔の佃煮、レーズンでトイプードルのおにぎりができるってよ!

    DIYを極めているお母さんがなにかしていると思ったら……?

    娘さんがTwitterに投稿した、お母さん作のおにぎりが「リアルすぎる」と話題です。

    それは愛犬をモチーフに作られた、もふもふのおにぎりで……

    愛犬と比べてみると、とてもそっくりですよね。食べるとなると、心苦しそう〜〜!

    のんさんのTwitterより / Via Twitter: @nonnonlalalala

    愛犬の名前はチロルちゃん。1歳半のトイプードルです。

    いったいお母さんはどうしておにぎりを……?BuzzFeedは写真を投稿した、娘ののんさんに話を聞きました。

    のんさんのTwitterより / Via Twitter: @nonnonlalalala

    「母は、子どもたちをびっくりさせようと思って、軽い気持ちで作ったそうです」

    のんさんは、「母が珍しく料理していると思ったら…我が家のアイドルをおむすびに。リアルすぎる。流石、我が母」とツイートし、22万以上のリツイートを集めました(5月21日現在)。

    「母が珍しく料理」というのは、普段の料理はのんさんが担当していることから。

    料理が大好きで「1日3食作りたい!」と家族にお願いして、作っているのだといいます。

    お母さん、久しぶりの料理で、このおにぎり。すごすぎます…!

    本当は胴体まで作る予定だったとのことで……「今度は、全身作る!」と話しているといいます。

    それにしても、リアルすぎるおにぎり。どのように作るのでしょうか。

    のんさんはツイートで「土台は玄米ごはん!鰹節をまぶして、目は海苔の佃煮、鼻はレーズン」だと明かしています。

    また、上手に作るコツを尋ねると……?

    「醤油を使いながら、陰影をつけることと、圧力鍋で炊いたもちもちの玄米を使うことです」

    可愛いすぎて食べる際に頭を抱えそうなこちらのおにぎり。誰が食べたのかというと、お父さんでした。食べた時の反応とは。

    のんさんのTwitterより / Via Twitter: @nonnonlalalala

    「凄い!けれどリアルだから食べづらい…と、少し困っていました」

    過去には愛犬のチロルちゃんをモデルにクッキーを作ったことのある、のんさん。

    お母さんが作ったのはおにぎりですが、のんさんは過去にチロルちゃんがモデルのクッキーを作ったことがあります。

    家族の一員として可愛がっている様子が伝わってきますね🐾

    Contact Reona Hisamatsu at reona.hisamatsu@buzzfeed.com.

    Got a confidential tip? Submit it here