あべし!!40年ぶりに見た思い出の写真。ケンシロウの手編みセーターが圧勝だった!

    作品、北斗の拳だけじゃないって……?お母さんすごすぎない…?

    40年ほど前、ある少年が着ていたセーター、実は……?

    ボギー(@BoGGGeY)さんが幼き日の写真をTwitterに投稿したところ約1万回リツイートされ、4万3千回を超える「いいね」が集まりました。

    その写真に写っていたのは、「北斗の拳」をモチーフとして編まれている、お母さん作のセーターでした。

    リプライ欄では「愛しかなくて泣いてる」「ヤッベ。このセーター超欲しい!笑」「パッと見、KENZOとのコラボセーターに見えなくもない」など、プロ顔負けレベルの技術の高さに、驚いたり、褒めたりする人からのコメントが寄せられています。

    セーターには、ケンシロウの顔や「KEN」「北斗の拳」の文字が。凄さがひと目でわかる仕上がりです…!

    ボギーさんのTwitterより / Via Twitter: @BoGGGeY

    手編みだからこそできる細やかさなのかもしれません。とにかくお母さん、すごく器用なのは間違いありません……。

    BuzzFeedは投稿者のボギーさんに話を聞きました。

    ボギーさんのTwitterより / Via Twitter: @BoGGGeY

    背面には「OMAE WA MO SHINDEIRU!(お前はもう死んでいる!)」の文字が。

    ボギーさんは、福岡を拠点に音楽家として活動しています。

    もともと今回のツイートがバズるとは思わず、なんの気なしに投稿したそうです。

    「実家に帰ったときに古いアルバムを眺めていました。すると、母の手編みセーターを着ている写真がありました。当時は当たり前のように着ていたけど、いま改めて見るとすごいセーターだなあと思いツイートしました」

    ボギーさんが小学生の頃、お母さんの趣味は編み物でした。ちなみに、なんでも手編みで作っていたそうです。

    そのうちに、ボギーさんや弟さんの好きな漫画のキャラクターを編み込んでくれるように。

    母の手編みセーター。ドラえもん、怪物くんのフランケンはよく着ていたので覚えてたけど、イカ天、たまの知久さんが描いた絵まで編み込んだセーターの存在はすっかり忘れてました。わははは!そういえばあったわー。

    ボギーさんのTwitterより / Via Twitter: @BoGGGeY

    「最初はドラえもんとかハットリくん、パーマン、怪物くんのフランケンとかでした。だんだんとデザインも凝るようになってきて、キン肉マン、ハイスクール奇面組、北斗の拳なんかまで編み込むようになっていきました」

    「基本的には自分(ボギーさん)を喜ばせようと思って、好きな漫画のキャラクターを編んでくれてたんだと思います」

    「北斗の拳のセーターを、自分がリクエストしたのかどうか思い出せません。デザインや背中のロゴは、完全に母のセンスです」

    ……時は経ち、小学校高学年になってからは、親子のセーターブームは終わりました。

    「お母さんの手編みセーターを着て学校行くことが恥ずかしくなり、母自身の手編みセーターブームも終わりました」

    「あのまま編み続けてたら、もっと複雑なデザインに挑戦していったかもしれません」

    ちなみに、お母さんの性格を尋ねると……?「マメで凝り性」だと教えてくれました。

    「編み物だけじゃなく、雑誌の切り抜きスクラップや息子のライブレポートファイルなど、なんでも始めるとトコトンやるタイプです」

    ボギーさん提供写真 / Via bogggey.blog.jp
    ボギーさん提供写真 / Via bogggey.blog.jp
    ボギーさん提供写真 / Via bogggey.blog.jp

    多くの人から届いたコメントに、過去の記憶を交え、喜びを語ります。

    「このセーターを初めて学校に着て行った日は、クラス中がどよめいたのをはっきり覚えています。まさか40年近い時を経て母のセーターがこれほどバズるとは思いませんでした」

    ボギーさんは『ヨコチンレーベル』という自身のレーベルで音楽活動をしています。気になる方は覗いてみてくださいね。