こんなに彩り豊かな食卓、最高すぎん!? 男子大学生の自炊のビフォー&アフターが劇的すぎた

    1ヶ月の食費は2万前後から3万円前後だという彼。見ているだけでお腹が空いてきます。

    男子大学生の料理、とくとご覧あれ!!!

    Twitter上に投稿された2枚の画像が29万以上の「いいね」を集め、話題になっています。

    「男子大学生が約半年間インスタに料理を投稿し続けた結果です」と添えられた画像では、半年前と現在の料理の出来栄えが比べられています。

    料理の腕前の上達ぶりが、一目瞭然なんです。

    こちらが半年前。この時点で十分に美味しそうですが……?

    ひろさんのTwitterより / Via Twitter: @hirosryouri

    現在の写真を見ると、さらに食欲をそそる出来栄えになっています。

    ひろさんのTwitterより / Via Twitter: @hirosryouri

    このクオリティー、レシピ本かよ!?と驚きが隠せません。

    BuzzFeedは関西在住の大学生であるひろさんに話を聞きました。料理を始めたのは10年ほど前だといいます。

    「小学生の頃から少しずつ料理をして、楽しんできました。私自身、ここまで続けていることは料理しかないです」

    普段はInstagramにも料理をアップロードしているということですが、今回、ビフォー&アフターをTwitterに投稿したのはなぜだったのでしょうか?

    「半年間インスタグラムに料理を載せてきて、投稿するたびに試行錯誤をしてきました。半年経って自分でも少しは成長できたかな、と思い、ちょうど良い区切りだと感じたので投稿しました」

    以前から調味料の量を調整するなど、試行錯誤するのが好きだったという、ひろさん。最近は盛り付けに関して「より関心が強くなった」といいます。

    ツイートには「最初からレベチですが半年後はもうヤバいです…」「食器のレパートリー…こうも大事なのか!!勉強になった!!!」など腕前やセンスを褒める声がたくさん寄せられています。

    華やかで素敵な食卓。そのぶんお金もかかるのかな?と思いきや、1ヶ月の食費は2〜3万円前後なのだとか。

    「料理を作るほか、食べることも大好きなので、完食したり、残った場合は次の日などにリメイクしたりして食べています」

    ひろさんにとって、料理の醍醐味とは??

    「料理をするときは、料理だけに没頭でき、無心になれる所や、様々な食材をどのように変化させるかなどと考える点が好きです。そして、何より美味しくできた時が嬉しく、楽しいポイントです」

    「第一に、なにより料理は楽しくて、自炊も無理にせず楽しくする事で、続けられ、料理の幅も広がることを伝えたいです」

    これからも料理を極めていってくださいね。