アイロンビーズの世界は無限!お母さんクリエイターが作る魅力たっぷりの作品がこちら。

    アイロンビーズを使って何でも再現するお母さんがいます。スイーツや建物、ゲームに出てくるグッズなど、見れば見るほどすごいな〜〜と思うはず。

    アイロンビーズってこんなに可能性を秘めているんだ…!と思わせてくれるお母さんクリエイターがいます。

    毎回精巧なアイロンビーズ作品を作成している秋葉仁♀Lv.31さん。

    1歳と4歳の男の子を育てるお母さんです。空き時間に作っているというビーズ作品への愛を感じる作品をお楽しみあれ!

    「死 DEATH」

    Twitter: @akiba_jin

    完成した「死 DEATH」と共に「失敗した時、うまくいかない時にご利用下さい」とツイート。

    「不二家のいちごタルト」

    Twitter: @akiba_jin

    「円プレートで徐々に円周を継ぎ足していくように作ったので、プレートより若干大きめです。全て組み立てです」

    今回は苺がメインということで、つぶつぶ感を意識した装飾になっているのだといいます。

    「パフェ」

    Twitter: @akiba_jin

    「詰まり過ぎずスカスカ過ぎないように、適度な感じでグラスの向こう側が見えるように気を付けました」

    「3匹のこぶた」

    Twitter: @akiba_jin

    「三匹のこぶたをモチーフに、レンガの家の小物入れとアクセサリーをアイロンビーズで作りました。小物入れの下段中央には、クライマックスの釜に落ちた狼を演出したつもりです」

    こちらの作品は屋根部分が開きます。

    「東京スカイツリー」

    Twitter: @akiba_jin

    「ちょうど5周年の日展望回廊へ行き、最高の景色に感動し作る事を決意。作成時間は20時間、建設費1200円。高さ64㎝ほぼ1/1000スケール、影も美しく見える工夫をし、電飾を入れ夜のグラデーションライトも再現しました」

    「ポケモンGOのギフト」

    Twitter: @akiba_jin

    ポケモンのSwitchソフトの発売記念に作られたこちらの作品。

    「テーマ『つながる』を意識して、初代てのひらピカチュウと撮影。今では息子が遊んでいます。動植物が世代を越えてずっとそこに存在するように、ポケモンもずっと引き継がれますように…」

    「ゼルダの伝説時のオカリナより、ゼルダ姫の装飾品」

    Twitter: @akiba_jin

    ゴム紐がついていることから身につけることができるのです。

    「ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドに登場のガーディアン歩行型」

    Twitter: @akiba_jin

    「作成6時間。歩いている感じを出したかったので、足の長さを少し変えてあります。針金を使い固定し上下に動きます。頭も360度回転可能。接着剤なしです」

    「トミカビッグおかたづけパトカートヨタ86を参考に作った車」

    Twitter: @akiba_jin

    「タイヤを楊枝で固定していますが、殆ど組み立てです」

    「マリオオデッセイのキャッピー」

    Twitter: @akiba_jin

    こちらもゴム紐を使っているため身につけることができます。

    気になる作り方は……?

    実はTwitterで図面から組み立てまで公開しているのです。

    いったい、どんな思いで作品をつくってきたのでしょうか……?秋葉仁♀Lv.31さんへのインタビューはこちらから。