Updated on 2019年11月5日. Posted on 2019年11月5日

    アンパンマンのカレーを作ったらお父さんは覆面になった。でも大満足。

    カレーの気分じゃない子どもにどうやってご飯を食べさせるか試行錯誤した結果、子どもはアンパンマン、お父さんは覆面カレーになってしまいました。投稿者は「ユニークで塩加減もちょうどよくて最高でした! 何よりアイデアがおもしろい」と話します。

    きょうの夕飯はカレー!でも……。

    カレーを食べたがらない3歳の子どもに、お母さんがなんとか食べさせようと工夫して…。そして、生まれた食事が話題を呼んでいます。

    それがこちら。アンパンマンのカレーを出されたら飛びつきますよね。3歳だもの。

    でも、お父さんのカレーがなんとも絶妙なのです。その名も「覆面カレー」。

    Twitter: @beppumataji

    アンパンマンのほっぺだった部分が切り抜かれて、覆面のようになっています。

    子どもに作ったアンパンマンの残りが、まさか自分のカレーに乗るとは……!

    このカレーを投稿したのは写真家として活動しているというまたじさん。

    嫁がカレー作ってくれた (←息子 父→)

    Twitter: @beppumataji

    現在この投稿は20万件以上のいいねを集めていて、リプ欄では「お父さんのハムのほうが多いから!」「お父さんの方が具が多い」などというコメントが寄せられました。

    「覆面カレーで大満足です」

    どうしてこのカレーが誕生したのでしょうか。BuzzFeed Newsの取材にこのように答えます。

    「目論見た通り、子どもはアンパンマンだ〜と喜んで食べていました。妻は手軽におもしろい物ができたことを自画自賛していました」

    「家族みんなが笑顔になった食卓でした。私は私で素敵な作品をふるまってもらえたので覆面カレーで大満足です」

    家族を笑顔にする、愛と勇気のアンパンマンカレーでした。