「すごいわかる」意図的にぶつかってくる“ぶつかりおじさん”を描いた2枚の漫画、共感集まる

    「あれは暴力で、誰の身にも降りかかり得るものだ」

    アヤさん(@alpaquerque)さんが、意図的にぶつかってくる男性「ぶつかりおじさん」による被害を描いた漫画をTwitterに投稿したところ、2千回以上リツイートされ、4千回を超える「いいね」が集まりました。

    リプライ欄では「この『びっくりして怒りそびれる』すごいわかる。後からめっちゃ腹立ってくるの」など共感の声が寄せられています。
    (*この記事には、過去のトラウマや性的被害を思い起こす描写や文言が含まれます。閲覧の際にはご注意ください)

    アヤさんのTwitterより / Via Twitter: @alpaquerque
    アヤさんのTwitterより / Via Twitter: @alpaquerque

    BuzzFeed Newsは、漫画を描いたアヤさんに話を聞きました。

    見知らぬ男性に意図的にぶつかられたのは2年ほど前。ただ、あの時のショックを綴ろうと思っても、思うように筆が進みませんでした。

    それでも、漫画を描こうと決めました。

    「あれは暴力で、誰の身にも降りかかり得るものだ」

    Twitterでは、「#ぶつかりおじさん」「#わざとぶつかる人」のハッシュタグで多くの体験談が報告されています。このように同様の被害に遭った経験のある人が多くいる。だから、漫画にして、もっと声を上げなくてはと考えたのです。

    「文字でツイートしてもよかったんですが、自分の場合は、文字よりも漫画という視覚的な表現を使った方が、あの時の状況や感情を追体験してもらいやすいのでは…と考えました」

    被害に遭い、さまざまな考えが頭に浮かぶようになりました。

    「自分の体格と見た目の威圧感なんて当てにならないな…」「小柄な女性はどれだけこういう暴力に晒されてるんだろう」「妊婦さんやお年寄り相手だったら重い怪我や命に関わることもあるだろうな」...。

    そうやって考えれば考えるほど、すっかり気が滅入ってしまったと振り返ります。

    被害を見かけたら「被害者に寄り添う心を持って」

    被害に遭えば、たとえ身体的な傷が残らなかったとしても、精神的な傷が残ってしまいかねません。

    アヤさんは、「『こいつは加害してもいい』と選別されたような目線や空気感が一瞬で伝わり、とにかく嫌な気持ちになりました」と当時の気持ちを語ってくれました。

    「この暴力は、誰しも被害に遭う可能性があります。性別に関わらず、女性だけでなく男性も被害に遭ったという話をいくつも見ました。また、私の体験からもわかるように、見た目や体格は、必ずしもあなたを守ることはできません」

    「『自分ならやり返してやるけどね!』なんて思っていても、実際に想定外の暴力に晒されて、その通り行動できる人は稀です。きっとショックを受け、傷つくでしょう。無理に覆い隠そうとしないでください。あなたの傷だけでなく、相手の暴力と罪から目を逸らし、帳消しにしてしまいます」

    外出中、漫画に描かれるお兄さんのように、現場を目撃することもあるかもしれません。知人から被害の相談を受けるかもしれません。

    だから、アヤさんは「どうか被害者に寄り添う心を持っていてほしい」と願います。

    「許されない暴力だという認識が広がれば広がるほど、加害者からすればこういう臆病で卑劣な暴力を行うことは難しくなるはずです」

    Contact Reona Hisamatsu at reona.hisamatsu@buzzfeed.com.

    Got a confidential tip? Submit it here