「食べるのに躊躇する」青すぎて混乱する食べ物たち、そのお味は?

    異次元の食べ物のようですが、実はこれ、地球で食べられるんです……。

    この世には知らない世界が、まだまだある…。青色の食べ物にこんなに驚かされる日が来るなんて……。

    𝕂𝕪𝕠𝕠𝕠𝕔𝕙𝕒𝕟𝕘さん(@kyooochang)さんがTwitterで「こんな活用方法は初めて……」な食べ物を紹介したところ1万8千回以上リツイートされ、6万1千回を超える「いいね」が集まりました。

    写真には、青色の食用色素(フードカラー)で染めたさまざまな食べ物が写っていました。

    リプライ欄では「これは食べるのに躊躇するw」「知らない世界を覗いた気持ちになってる」など、見慣れない食品に驚く人が続出しています。

    「ウィルトンのロイヤルブルーを使うと青色一号じゃ満足できない体になるのでオススメです」とのツイート。

    𓃠࿆𝕂𝕪𝕠𝕠𝕠𝕔𝕙𝕒𝕟𝕘✿さんのTwitterより / Via Twitter: @kyooochang

    日本の食用色素は粉末状になっているのに対し、ウィルトン社のものはジェルのようになっています。

    …………調べてみると、ウィルトン社はアメリカの会社でした。

    アメリカンな雰囲気が感じられる食用色素ですね。

    なんの変哲もないはずのたこやきだって、ウィルトン社のロイヤルブルーを使えば地球のように。

    𓃠࿆𝕂𝕪𝕠𝕠𝕠𝕔𝕙𝕒𝕟𝕘✿さんのTwitterより / Via Twitter: @kyooochang

    おでんだって、見たことのない非日常的な食べ物に変身します。

    𓃠࿆𝕂𝕪𝕠𝕠𝕠𝕔𝕙𝕒𝕟𝕘✿さんのTwitterより / Via Twitter: @kyooochang

    BuzzFeedは投稿者の𝕂𝕪𝕠𝕠𝕠𝕔𝕙𝕒𝕟𝕘さんに話を聞きました。

    長い年月を費やして青色の食べ物をつくりだしていても、食べるときには「脳が混乱」するそう。でも……?