• sustainablejp badge
Updated on 2019年9月2日. Posted on 2019年7月30日

あなたが知らない間に世界中の海で起きている悲しいこと。

日々の忙しさに翻弄されていた。気付いたら世界がこんなことになっていたなんてーー。

7月31日はビーチの日。思わず青く、澄んだ海を想像してしまいますが……

Nurphoto / Getty Images

実は世界中のビーチで、ある問題が起きているんです。

それが、プラスチックゴミ。

環境省によると、プラスチックゴミには生態系を含む海洋環境への影響があり、最近ではサイズが5mm以下のマイクロプラスチックも問題になっています。

日本政府としてもプラスチックゴミは「海洋の生態系や、人の健康にも影響を及ぼしかねない」との立場です。

BuzzFeed Newsでは、その実態を改めて、写真で振り返ります。

香港で撮られたもの。海にプラスチックゴミがたくさん流れています。(2014年)

Stefan Irvine / Getty Images

インドネシア、バリのビーチに流れ着いた大量のビニールを含む可燃ゴミ。(2018年)

Nurphoto / Getty Images

ブラジル、リオデジャネイロ。オリンピックを直前に控え、開発が進む中で海の汚染も進みました。(2015年)

AFP=時事

インドネシアにて。ゴミの上に佇む白鷺。(2018年)

Barcroft Media / Getty Images

セネガルにて。プラスチックゴミや死んだ魚、タイヤなどが流れ着いていた。(2019年)

AFP=時事

インドネシア、スマトラ島にて。浅瀬に大量のゴミが浸かっていることがわかる。(2019年)

AFP=時事

エクアドルのガラパゴス諸島にて。海岸で回収された緑茶のパッケージ。(2019年)

AFP=時事

イタリアでのこと。海に浮かぶペットボトル。(2011年)

Giorgio Cosulich / Getty Images

一人ひとりが少しずつ、ゴミを気にかけて生活できたら……

こうした現実は、変わっていくかもしれません。

Contact Reona Hisamatsu at reona.hisamatsu@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here