Sponsored

めんどくさがり屋のアウトドア好きに試してほしい「パンレシピ」3選

こんなに手軽に楽しめちゃう!

キャンプやBBQ、最近流行ってますよね。そんなアウトドアに欠かせないのが、外で作って食べるご飯。

作る過程も楽しいし、青空の下でわいわい食べるご飯は美味しさもひとしお。ただ、憧れはあるけれど、なんだかとってもめんどくさそう……。

でも実は、"パン"を使えば簡単に楽しいアウトドア飯が作れちゃうんです。はさんだり、ひたしたりするだけで、難しい調理は一切不要。

この記事では、めんどくさがり屋にぴったりな「パンを使ったアウトドアレシピ」を3つご紹介します!

用意したのはPascoの「超熟」シリーズとホットプレート、それから必要最低限の食材と調理器具だけ。

コンビニやスーパー、どこでも手に入る「超熟」シリーズ。余計なものが一切入っていないシンプルな味が、いろいろな食材の味を引き立ててくれます。

「せーのっ!」

タープを立てて、キャンプ気分を盛り上げます。それでは、クッキングスタート!🍳🍞


まずは、漬け込み肉を使ったBBQホットサンド。やっぱり、アウトドアに肉料理は欠かせないですよね!🍖

1.ジップつき保存袋に肉、漬け込みダレを入れてよく揉み込む。

2.ホットプレートの片側にバターを入れて火にかけ、パンを入れる。もう片側に肉を並べ入れ、それぞれ焼く。

3.焼けたパンの上にマヨネーズを塗り、レタス、トマト、焼いた肉をのせ、もう1枚のパンではさむ。

これで完成。あとは豪快にかぶりつくだけ! 漬け込んだ肉の旨味がギュッと凝縮されていて、とってもジューシー。これはビールがほしくなる!🍻


つづいては、彩り豊かで、パーティー感あふれるチーズフォンデュ。具材をひと口大にカットすれば、子どもも一緒に楽しめそうな一品です☀️

1.カマンベールチーズの表面に丸く切り込みを入れ、アルミホイルで包む。

2.ホットプレートにオリーブオイルを引いて、イングリッシュマフィンと具材を並べ入れる。空いたスペースにカマンベールチーズを置いて温める。

3.あとは、具材に塩、コショウを振ったら完成!チーズが溶けたら具材を絡めていただきます。


最後はオニオングラタンスープ。アウトドアをしていると、朝や夕方は急に冷え込みがち。そんなときに、からだを芯から温めてくれる一杯です。

1.玉ねぎをスライスする。

2.鍋にサラダ油を引いて火にかけ、玉ねぎを炒める。しんなりしたら、水・コンソメを入れて煮る。

3.ピザ用チーズをのせて、塩・コショウを振ります。ガスバーナーで表面を炙ったら完成!

オニオンスープの旨味がたっぷり染み込んだフォカッチャ。一口食べれば、お腹も心も満たされます😌


そして、あっという間に3品完成。ぜんぶ並べると、こんなににぎやか!🙌🏻

やっぱり、外で作って食べるご飯って楽しい! そして、思っていたよりもずっと簡単。これなら、思い立ったときにふらっとできちゃいます。

思い立ったが吉日。Pascoの「超熟」を持って、あなたもふらりと「アウトドアごパン」を楽しんでみませんか?

食パン、イングリッシュマフィン、フォカッチャ...…Pascoの「超熟」シリーズは、お手頃で持ち運びも楽ちんだからアウトドアでも大活躍! シンプルなこむぎの味が、食材の味をより一層引き立ててくれます。この春のアクティビティには、ぜひ、Pascoの「超熟」シリーズを!

今なら記事でも大活躍したセンゴクアラジン「ポータブルガスホットプレート プチパン」などが当たる「パンを楽しむ 春のプレゼント」キャンペーンも実施中!


レシピ監修:重盛 さき子 撮影:木村心保 デザイン:Emi Tulett / BuzzFeed